SIM×デバイス指南

ファーウェイMate 20 Xは7.2インチの巨大画面を持つハイスペック機

Pocket

日本に続々と新モデルを投入しているファーウェイですが、海外を見るとまだ日本未上陸の製品が多数存在します。ハイエンドモデルの「Mate 20」シリーズの大画面モデルである「Mate 20 X」もまだ日本では発売されていません。スマートフォンとは思えぬ巨大なディスプレイを搭載したMate 20 Xは、今のスマートフォンの画面ですら満足できないという人に勧められる製品です。

なお海外端末の利用は各国の法律に基づいて行ってください。

ファーウェイ Mate 20 Xの主なスペック

【Mate 20 X】

・CPU:Kirin 980

・メモリ:6GB

・ストレージ:128GB

・画面サイズ:7.2インチ、2244×1080ピクセル

・リアカメラ:4000万+2000万+800万画素

・インカメラ:2400万画素

・バッテリー:5000mAh

・本体サイズ:174.6×85.4×8.2mm、232g

・OS:Android 9.0 / EMUI 9

・通信方式:4G/3G/2G(周波数は販売国による)

スマートフォンを超えた巨大なファブレット

タブレットと変わらぬ大きさ、7.2インチのディスプレイを搭載

ファーウェイMate 20 Xの最大の特徴は7.2インチの巨大ディスプレイ。もはやタブレットを超える大きさで映画鑑賞などをするときも迫力ある映像を楽しむことができます。とはいえディスプレイのアスペクト比は18.7:9と縦にワイドサイズなので、横幅は約85ミリと片手でもぎりぎり持てる大きさです。232グラムと重量級の重さですが、ディスプレイサイズが大きいためにむしろ体感的にはそれほどの重みは感じられません。

トリプルカメラとフラッシュをスクエアな位置に配置

背面には指紋認証センサーとクワッドカメラが並びます。Mate 20シリーズと同じで、カメラとフラッシュを正方形の形に配置する独特のデザインを採用、一目でMate 20シリーズと判別できる外観です。Midnight Blueの背面は細かいハッチングをかけた仕上げで、独特のつやを抑えた表面は光のあて具合で微妙に色が変わります。毎日使っていても飽きの来ないデザインと言えます。

7.2インチの大きさを感じさせない本体サイズ

大画面スマートフォンと言えば2013年に発売されたソニーの「Xperia Z」が今でも根強いファンからの支持を受けています。Mate 20 XはそのXperia Zより縦横どちらも幅は薄いのです。さすがに厚みはZ Ultraの6.5ミリには勝てませんが、スーツの内ポケットに入れるのはもちろんのこと、かばんの中に入れても邪魔にはならない大きさです。なお防水はIP53対応なので、水しぶきが軽く当たる程度は大丈夫。ディスプレイはゴリラガラスに覆われています。

ペンやゲームパッドなど便利なアクセサリはぜひ揃えたい

Mate 20 Xは本体をより活用できる便利なアクセサリが用意されています。それはゲームパッドとスタイラスペンです。ディスプレイサイズが7.2インチもあり、ハイスペックなCPU「Kirin 980」を採用しているのでゲームプレイも捗りますが、ゲームパッドを装着すればさらに快適にゲームが操作できます。そしてスタイラスペン「M-Pen」を使ってMate 20 Xを電子ノートのように使うこともできるのです。

ゲームパッドはサードパーティー製ですがMate 20 X及び他のMate 20シリーズで利用可能な専用モデル。本体の左側に装着して十字ボタンやコントロールボタンを追加できます。接続はBluetooth。長時間のゲームプレイ時は指先の疲れも低減できます。

ゲームパッドとM-Penが別売される

M-Penは4096段階の筆圧にも対応した高精度なスタイラスペン。内蔵電池で動作します。本物のペンとほぼ同じ長さ、太さなので持ちやすく、7.2インチの画面を紙のメモのようにして手書き入力ができます。ペンクリップもあるのでポケットなどにつけておけば、メモを書きたくなった時にすぐにMate 20 Xをメモ帳代わりにできるわけです。

なおペン先はやや硬めなので、紙に書くというよりもガラスの板の上に書く、といった書き味。このあたりがもう少し本物の紙の書き味に近づけば、サムスンのGalaxy Noteシリーズの好敵手になりそうです。

ペンで自由に手書き可能。ペン先はやや硬め
Huawei Mate 20 X (EVR-L29) 6GB RAM / 128GB – Blue ブルー LTE Dual SIM SIMフリー [並行輸入品]
Pocket

山根康宏
香港在住の携帯電話研究家。1年の大半を海外取材にあて渡航先では現地のスマホやSIMを必ず買うほどのマニア。メジャーからマイナーまであらゆるスマホを追いかけている。