SIM速報

iPhoneがあればレンタルWi-Fiは不要?eSIM機能で海外の通信契約も楽に!

Pocket

 iPhone XS、XS Max、XRが対応した注目の新機能の1つが、「eSIM」です。日本のキャリアは未対応のため、登場するシーンはあまり多くありませんが、海外キャリアの中には、すでにサービスを始めているところもあります。特に、海外渡航時にはそのままローミングできることもあり、格安SIMのユーザーがわざわざレンタルWi-Fiを借りる手間も省けます。ここでは、その使い方や料金を掘り下げいきます。

1

そもそもeSIMとは何か? 格安SIMユーザーには待望

 話題のスマホとも呼ばれるiPhoneが対応したことで、にわかに注目をあつめているeSIMですが、これはソフトウェアで書き換え可能な組み込み型のSIMカードのことを指します。この定義を満たすSIMカードはほかにもありますが、eSIMは世界各国の携帯電話事業者が加盟する業界団体のGSMAで標準化されているのがポイント。事業者間で合意が取れた規格に則っているため、独自型のSIMカードよりも、対応できるキャリアが多くなります。

 新iPhoneに対応したeSIMも、GSMA標準のもの。アップルは、iPhone発表時にeSIMに対応するキャリアの名前を発表しましたが、業界標準で規格自体もオープンになっているため、端末発売後には、リストになかったキャリアも、続々と対応を開始しています。どこか1社に閉じた規格でないことのメリットが、十分発揮されているといえるでしょう。

2
iPhoneのeSIMはGSMAの標準に準拠しているという

 eSIMは、本体に内蔵されているため、ユーザーが何か特別な機材を用意する必要もありません。特定のキャリアと契約し、設定情報を本体に書き込むことができれば、すぐに利用できるようになります。iPhoneでは、この設定をQRコードで行います。キャリアから発行されたQRコードを、カメラで読み込み、SIMカードの挙動を設定していくだけで簡単にeSIMを有効にすることができます。

3
QRコードをカメラで読み取るだけで設定できる

 また、eSIMの書き込みにはアプリ開発者向けのAPIも用意されているようで、これを利用したアプリから直接、契約や料金プランの選択、eSIMへの書き込みを行えることもあります。後述する、GigSkyもこのアプリ方式で、QRコードを読み込む方式と比べると、アプリをダウンロードする手間がかかる半面、いったんアプリをダウンロードしてしまえば、あとはワンストップで作業が完了するため、ユーザーにとって分かりやすい方式といえます。

4
アプリからワンストップで設定できるようにしているキャリアも

 iPhoneの場合、eSIMはSIMカードスロットに挿したSIMとは、別のSIMとして扱われます。つまり、eSIMを有効にした時点で、DSDS(デュアルSIM/デュアルスタンバイ)の端末になるというわけです。国内キャリアがeSIMに対応していないため、利用できるシーンは限られてきますが、海外渡航時にあらかじめ現地キャリアのeSIMを登録しておき、現地に着いたら普段の電話番号で電話の待受けをしつつ、データ通信のみeSIM側で行うといった使い方が可能になります。

 特に、格安SIMの場合、データ通信の国際ローミングに対応している会社がほぼありません。そのため、海外でデータ通信をしたいときは、別途ローミング専用のSIMカードを自分で調達するか、空港などで海外用のWi-Fiルーターをレンタルしなければなりません。費用がかかるのはもちろんですが、準備の手間もばかにならないため、eSIMでこれをある程度解消できるのは、大きなメリットと言えるでしょう。iPhoneのeSIM対応は、格安SIMユーザーにとって、待望ともいえるのです。

アプリで簡単に利用できるローミング専用サービスのGigSky

 海外出張が多いこともあり、筆者もさっそく、このeSIMを使ってみました。まず試したのが、GigSky。同社は、ローミング専用のキャリアで、世界各国でデータ通信を利用できるサービスを提供しています。eSIMのサービスインに合わせ、直接iPhoneにeSIMの情報を書き込めるアプリも登場しました。アプリは日本のアカウントでApp Storeからダウンロードできるため、複雑な設定は不要です。

 手順は次のとおり。まずアプリをダウンロードし、アカウントを作成。その後、料金プランを選択します。今回、筆者は中国出張でこのサービスを使ったので、プランは「Asia Pacific」の「中国+その他の国」を選択。丸2日弱という短期滞在なこともあったので、500MBで1800円のプランを選択しました。

5
500MBで1800円のプランを契約した

 なお、上記のスクリーンショットにあるとおり、このプランの料金は、容量と日数で決まります。1日プランは300MBで1200円。15日プランは500MB、1GB、2GBと3種類の容量から選択でき、料金はそれぞれ1800円、2400円、3600円。30日プランは5GBの容量で、6000円の料金がかかります。1週間ぐらいの旅行の場合は、15日で2GBか、30日で5GBのプランを選ぶといいでしょう。

 GigSkyにはあらかじめ登録しておいたクレジットカードで支払いを行いますが、今回に関しては、招待コードの発行でたまっていたGigSkyクレジットがあったので、それを選択。支払いが終わると、自動的にeSIMにSIMカードの情報が書き込まれます。あとは、画面の手順に従いながら、eSIMを有効にしていくだけでOK。iPhoneでは、初回設定時に「デフォルト回線」を決める画面が表示されますが、ここでは「“副回線”をモバイルデータ通信にのみ使用」を選択しました。

6
クレジットカードのほか、GigSkyのクレジットでも支払える

7
GigSkyのeSIMを有効化する手順が表示される。あとは画面に従っていくだけでOK

8
標準では「主回線」「副回線」になっているが、管理しやすいよう、キャリア名などにラベルを変更することもできる

 この設定をすると、音声通話をメインのSIMカードで待ち受けしつつ、データ通信をGigSkyで行うことが可能になります。設定が終わると、iPhoneのアンテナピクトが2つに分かれ、それぞれに電波の強さが表示されます。実際にデータ通信してみましたが、LTEにきちんとつながっていたこともあり、レスポンスは上々。海外ローミングのため、中国本土のグレートファイアウォールで規制されているTwitterやFacebookなどのサービスも利用でき、満足度は高いと感じました。

9
デフォルト回線を選択。今回は、データ通信のみGigSkyで行うようにした

10
設定が終わると、iPhoneのアンテナバーが2段に分かれ、デュアルSIMになった

 ただし、データ通信の料金がやや割高なことも事実。中国向けのレンタルWi-Fiだと、1日1000円前後かかるため、それらと比べても、同額かやや安い程度。逆に、10日ぐらいで5GBしっかり使うというのであれば、1日あたりの料金が600円程度になるため、お得感があるかもしれません。いずれにせよ、手間はほとんどかからないため、この点でも格安SIMユーザーが使うメリットは大きいといえます。

 注意したいのは、eSIMの書き込みにもインターネット回線が必要になること。契約やeSIMの書き込みは現地に着いたあとでもできますが、空港に着いた直後だと、別のデータ回線が必要になります。Wi-Fiがあればいいのですが、中国だと、GigSkyのサービス自体がブロックされている恐れもあります。現地到着後、すぐに使いたい場合は、あらかじめ、日本でeSIMを有効にしておくといいでしょう。

 また、GigSkyはローミングサービスになるため、「設定」の「モバイル通信」で「データローミング」をオンにしておく必要があります。

香港キャリアの「3」なら料金はもっと割安に

 もっと料金を抑えたいというときにオススメできそうなのが、香港の3というキャリアのeSIMです。eSIMの開通には香港の電話番号を入力する必要がありますが、EメールアドレスにQRコードが届く仕組みのため、適当な番号を入力するだけで契約ができます。こちらは、アプリがなく、QRコードを直接iPhoneに読み取らせる方式です。

 注意したいのは、QRコードの送付先。iPhoneで受信してもいいのですが、受け取ったQRコードをiPhoneのカメラで読み取らなければならないため、紙などにいったん出力する必要があります。QRコードはPCやタブレットの画面に表示しても読み込めるため、iPhone以外に送るようにしておくといいでしょう。

11
香港の3もeSIMをローミング用サービスとして提供している

 3のeSIMは、このサイトから契約することができます。香港では、英語も公用語の1つに設定されているため、画面上の「English」で言語を切り替えておくといいでしょう。初回契約時には、「BUY NOW」と書かれたボタンをクリックします。

 すると、料金プランや契約内容が書かれた画面が表示されます。初回契約時には、「10-Day Pass」と呼ばれる、10日間有効のプランが選択されます。データ容量については特に記載がありませんが、規約を読むと、1日あたり500MBで、速度が低速化するようです。これは、公平利用のためのルール。同じように、P2Pを使ったファイル共有アプリなども、制限がかかるようです。

 料金は138香港ドル。2018年12月3日時点のレートで日本円に換算すると約2000円。10日間ピッタリ使ったとすると、1日200円と激安。Wi-Fiルーターをレンタルするよりも、料金を大幅に節約できます。1週間程度の旅行や出張であれば、かなりオススメな選択肢といえるでしょう。

12
10日のローミングパックが、わずか138香港ドルで利用できる

 ローミング対象となる国や地域も、中国、マカオ、台湾、日本、韓国、シンガポール、マレーシア、タイ、フィリピン、ベトナムとアジアを網羅しているのはもちろん、アメリカ、カナダ、イギリス、イタリア、スウェーデン、デンマーク、オーストリア、フランスと、欧米でも利用が可能です。欧州はやや少なめで、ドイツやスペインのようなメジャーな国がないのは残念ですが、日本人の渡航が多いアメリカが対象になっているのはうれしいポイントといえます。

 この料金が書かれた画面で利用規格を確認して「Next」ボタンを押すと、電話番号とEメールアドレスを記載する画面が現れます。先に述べたように、電話番号は適当なものを入力。Eメールアドレスを入力し、認証のためのアルファベットを売ったら「Get One Time Password」ボタンをクリックしましょう。これでワンタイムパスワードが、入力したメールアドレスに送られてきます。

13
香港の電話番号の入力を求められたが、ダミーの番号で通った

 あとは手順に従い、クレジットカードで支払いを済ませてしまえばOK。メールでQRコードが送られてくるので、これをiPhone側のカメラで読み込みます。iPhoneでは「設定」アプリを開き、「モバイル通信」にある「モバイル通信プランを追加」をタップ。QRコードを読み取る画面が表示されるため、送られてきたものを読み込みます。ここから先はGigSkyと手順は同じ。3のSIMカードを副回線として設定し、データ通信はこちらでするようにすれば、準備は完了です。

14
QRコードがメールで届いた

15
届いたQRコードを、iPhoneのカメラで読み込む

16
データ通信に3を選択すれば、設定は完了

 筆者も試しに、アメリカ・ハワイで通信してみましたが、LTEにつながり、WEBの表示はスムーズ。1日500MBということもあり、途中でデータ容量が足りなくなることはありませんでした。英語で契約を進めなければならないなど、日本人にとってハードルがないわけではありませんが、料金を大幅に節約できるだけに、覚えておいて損はないでしょう。

Pocket