SIM×デバイス指南

外でゲームやろうぜ! PS4リモートプレイは格安SIMでも快適か?

Pocket

160425ps00

どこでもゲームできるってステキ。

先日、配布されたシステム・ソフトウェア「バージョン3.50」によって、PS4はWindowsやMacでリモートプレイを楽しめるようになりました。これにより、ネットワーク環境さえあれば、PCでPS4を遊べるようになったのです。

リビングのテレビが家族に占領されていたとしても、自室のPCからゲームできる。コンシューマーゲームはテレビの前で遊ぶものという概念をついに乗り越えたのです。

そしてこのリモートプレイの素晴らしいところは、外出先からのプレイにも対応しているという点。接続リクエストを送るにはWi-Fi接続が必要となりますが、インターネットを介してのPS4リモート起動、プレイを許可している点にあります。

160425ps01

リモートプレイをプレイするための通信速度としては、最低でも上り下りと5Mbps以上が推奨されていますが、これは最近のLTEであればクリアできる速度です。つまり…、アウトドアでモバイルルーターやiPhoneやAndroidのテザリングを使って自宅のPS4を起動してゲームをする。といった遊び方ができるのです。理論上は。

そこで、格安SIMのテザリングでPS4をリモートプレイできるのか?を試してみました。

ワイヤレスゲートの使い放題SIMでPS4をリモートプレイ

リモートで映像と音声をやりとりしているため、それなりに通信量は激しいはずです。そこで、気兼ねなく遊べるようにまずは使い放題系のSIMで試してみました。

利用したSIMは先日レビューしたワイヤレスゲートの「WIRELESS GATE SIM Fon PREMIUM Wi-Fi」です。1,680円という使い放題系にしては控えめな価格が魅力となっています。ただし、速度は上り下りともに3Mbpsに制限されている商品であり、リモートプレイが求めるスペックには到達できていませんが、果たして…。

160425ps02

通信速度不足により接続拒否。快適に遊べるレベルではないため、ゲーム画面すら出してくれませんでした。通信速度をチェックしてみたところ、下り3.36Mbps、上り4.08Mbps。カタログスペック上の理論値は超えているものの、リモートプレイには力不足なのでしょう。

IIJmioでPS4をリモートプレイ

引き続きIIJmio(BICSIM)でのリモートプレイを試みましたが…こちらも接続拒否。何度か試したところ、画面が表示されたこともありましたが、数秒で「接続速度が十分でないため…」とシャットダウンされてしまいました。接続速度は下り16Mbps、上りで23Mbpsと条件は軽くクリアーしているのですが…はて。

160425ps03

ひょっとして…Wi-Fiの速度がボルトネックとなっているのでは? と、USBテザリングに切り替えてみたところ、なんとかPS4の画面が表示されました。

品質は「360p」、フレームレートは「標準」と最軽量の設定での接続でしたが、プレイはあまり安定せず接続が途切れることもあります。しかし、一応「MVNOの格安SIMでも外出先でPS4を遊べる!」を実証できました。

リモートプレイ30分の通信量は?

接続する・切れる・再接続するを繰り返していたため、正確な値ではありませんが、リモートプレイ時の通信量も確認してみました。最軽量設定での30分あたりの通信量は360MBほどで、10分あたりに換算すると120MB前後。YouTube動画を見ているのとほぼ同じ通信量だと考えると、リモートプレイは優秀です。

160425ps05

検証の結果、どこでも快適に…。とはならないことが判明しましたが、回線とテザリングのコンディションがよければなんとかプレイできるかも? という可能性があるという事実。そしてUSBテザリングの優位性が発覚したのは大きな収穫です。派手なアクションゲームなどは不向きですが、RPGでちょっとしたアイテム管理。日課のクエストをこなすといった用途であればチャレンジしてみても良いかもしれませんね。

またリモートプレイに限らず、安定して通信したい場合はUSBでのテザリングを利用しましょう!

Pocket