SIM入門

使っていれば旅行もできる? マイルが貯まるお得なMVNO

Pocket

 スマホ業界と航空業界は、比較的似た点が多いと言われています。どちらも、会社を表すときに「キャリア」という言葉が使われ、サービスを重視した大手キャリアと、低コストに特化した格安キャリアの2つに分かれている点も同じです。

P_20150607_161905_HDR

 

 また、ユーザーを囲い込む手法として、スマホであればポイント、航空会社であればマイレージが採用されています。MVNOのことを、「スマホのLCC」と呼ぶこともあるほどです。海外では、エアアジアと同じグループの「Tune Talk」というMVNOがあり、フライトの予約と同時に、SIMカードを購入することも可能になっています。

P7160024
エアアジアと連携する「Tune Talk」

 

余った容量がANAのマイルになるSo-netの「MILEAGE SIM」

 日本では、マイルを軸に航空会社とMVNOが連携する動きを見せ始めました。中でもおもしろいのが、So-netの「MILEAGE SIM」。ANAのマイレージと連携しているのが特徴ですが、単に契約していればマイルが貯まっていくというわけではありません。

1
ANAのマイルが貯まる「MILEAGE SIM」

 

 このサービスが珍しいのは、余った容量がマイルに変換されるところ。具体的には、300MBごとに10マイル貯まる仕組みになっています。もし3GB程度余れば、月に100マイル貯まる計算。年間で、1200マイルもつくことになります。また、毎月、基本マイルとして20マイル貯まるほか、入会時のボーナスも250マイルあります。毎月3GB程度余らせると、最初の1年間は、1690マイルももらえるというわけです。

2016042501-01
余った容量が300MBごとにマイルになる

 

 もちろん、1690マイルでは、海外はおろか、国内への特典航空券も取れません。ただ、1690マイルあれば、海外に行った際のマイルと足せば、東京―大阪の片道である5000マイルには達しやすいでしょう。ANAカードなど、マイルの貯まるクレジットカードと併用するというのも手です。ANAの場合、現金代わりに使える「スカイコイン」に1マイルから変換できたり、1000マイルで1000円分の各種クーポンがもらえたりと、使い道も多彩です。So-netのMILEAGE SIMも、マイラーにとっては注目のサービスと言えるでしょう。

 プランは、月3.5GBと7GBの2コースで、それぞれに「データ専用プラン」「SMS付プラン」「音声機能付プラン」があります。データ専用プランは3.5GBで1100円、7GBで2100円。SMS付は140円増し、音声通話付は700円増しとなっています。MVNOの相場から見ると、最安ではありませんが、かけ離れているというわけでもありません。これでマイルが貯まるのであれば、ユーザーにとってお得感があるはずです。

  データ専用プラン SMS付プラン 音声機能付プラン
3.5GBコース 1100円 1240円 1800円
7GBコース 2100円 2240円 2800円

 

IIJもマイルが貯まるSIMを発売中

 実はマイルが貯まるSIMは、So-netだけのサービスというわけではありません。IIJも同様に、ANAのマイルが貯まるサービスを提供しています。

 こちらは、「ANAマイレージモール」経由でIIJのSIMカードを契約した場合の特典。ANAマイレージモールとは、さまざまなイーコマースサイトを紹介するポータルで、ここを経由して買い物をすると、金額に応じたマイルがもらえます。この仕組みを、通信の契約に応用したのが、IIJの取り組みというわけです。

2016042502
「ANAマイレージモール」を経由した申し込みが対象

 

 So-netとは異なり、つくマイルは料金プランによって一律です。「ミニマムスタートプラン」だと毎月9マイル、「ライトスタートプラン」だと毎月15マイル、「ファミリーシェアプラン」だと毎月25マイル。また、新規契約時にも200マイルもらえますが、今ならこれがキャンペーンで500マイルにアップしています。

  マイル数
契約時 200(500)
ミニマムスタートプラン 9
ライトスタートプラン 15
シェアプラン 25

 

「JALマイルフォン」の復活はあるか?

 このように、So-netとIIJの2社が、ANAと連携するサービスを打ち出してきました。一方で、残念ながら、もう1つの大手航空会社であるJALと直接連携したMVNOは、まだありません。

 かつてKDDIのMVNOが「SELECT MOBILE」というプラットフォームを使い、JALのマイルが貯まる「JALマイルフォン」というサービスを手がけていましたが、当時は「格安スマホ」や「格安SIM」という言葉すらありませんでした。あまりに登場が早すぎたために、普及する前にサービスも終了しており、そのMVNOも今はもうありません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
「JALマイルフォン」は「SELECT MOBILE」のしくみを使っていた

 

 ただ、最近の市場動向を見ていると、やはりスマホと航空サービスの相性は、悪くない印象を受けます。今後、どこかのMVNOが、JALのマイルが貯まるサービスを打ち出してきても、不思議ではないでしょう。

Pocket