SIM×デバイス指南

旅行のお供に最適な光学3倍ズーム搭載の「ZenFone Zoom」

Pocket

 ASUSから発売中のZenFone Zoomは、スマホのカメラ機能としては珍しい「光学ズーム」を搭載したモデル。
 ディスプレーは5.5インチ(1080×1920ドット)で本体カラーはホワイトとブラックが用意されている。これまでZenFoneシリーズは、背面パネルのカラーが違っていてもフロントのベゼルは黒で同じというケースが多かったが、今回のホワイトモデルはフロントのベゼルが白、ブラックモデルは黒となっている。

01

 本体サイズは約78.84(W)×5〜11.95(D)×158.9(H)mmとやや厚みがあり、重量も約185gなので、持ってみると意外とずっしり感じる。この厚みはカメラレンズ周辺の機構のためで、ASUSによると3倍ズーム機能をもったスマホとしては最薄のモデルだという。

02

03
04

 ZenFone Zoomには、ストレージ容量と背面カバーの素材の違いで全4モデルラインアップ。背面カバーに本革を採用したプレミアムレザーはストレージ容量が128GBと64GB。プラスチック素材のスタンダードは64GBと32GBとなっている。CPUは128GBモデルがZ3590 (2.5GHz、クアッドコア)で、それ以外のモデルはZ3580 (2.3GHz、クアッドコア)を搭載。メモリーは全モデル4GBとなっている。
 レビュー用に借りたモデルはプレミアムレザー。本革ということで高級感があるだけなく、滑りにくいのでしっかりとスマホをグリップして撮影でき、望遠時のピンぼけを防げるのがポイント。

 カメラはメインカメラが1300万画素、インカメラは500万画素で、前述のとおりメインカメラは光学式の3倍ズームに対応しており。またズームコントロールのため、カメラアプリ起動時には音量ボタンがズームボタンとなり、倍率がコントロール可能。
 さらに本体右側面にはシャッターボタンと動画の録画スタートボタンを装備。デジカメと同じ感覚で撮影ができる。

05a

05b

 撮影時はカメラアプリの起動がやや遅く、シャッターを押してからシャッター音が鳴るタイミングがややズレるのが気になるが、それ以外のカメラ機能自体はしっかりしている。特に光学ズームの効果はさすが。旅行中などで、建物などを遠景で撮るときに重宝する。

06a

06b

 さらにレーザーオートフォーカスも採用しており。フォーカススピードは0.03秒と高速。暗い場所でも即座にピントを合わせることができる。
 またZenFoneシリーズとしては初めてストラップホールを装備している。カメラとしてすぐに撮れるように、スマホは首からぶら下げておきたいというユーザーにオススメだ。

07
08

 本体の背面パネルは取り外し可能だが、バッテリーの交換はできない。SIMスロット(microサイズ)とmicroSDカードスロットへは、背面パネルを外してアクセスする。

09

 ZenFone Zoomは対応するLTEバンドが豊富なのも特徴のひとつ。FDD-LTEは1/2/3/5/7/8/9/18/19/28に対応。さらにTDD-LTEも38/39/40/41と4つのバンドが利用可能。TDD-LTEは中国などで採用されており、海外で現地のプリペイドSIMを挿して使うときに、通信スペックを十分引き出せる。

 実際筆者も、ZenFone Zoomを海外旅行に持ち出して使ってみたが、かなり旅行向けのスマホということを実感。カメラ機能はセンサーサイズこそ小さいため、本格的なレンズ交換式のデジカメにはおよばないが、スマホだけで遠景の細部まで撮影できるのは◎。また、マクロ撮影も最短5cmと短いので、料理の写真などもグッとスマホを近づけたアングルで撮影できる。

10

 さらにドライブ中のカーナビとしても利用したが、5.5インチと大型なので画面が見やすくわかりやすい。もちろん海外のプリペイドSIMを挿して現地のLTE通信を利用したので、カーナビアプリの画面表示などもスムーズ。慣れない海外でのドライブもラクラクとこなせた。
 基本スペックも充実しており、最上位モデルは6万8800円とSIMフリースマホとしてはやや高めだが、スタンダードの32GBモデルなら4万9800円となっている。カメラ機能自体にはモデル差はないので、懐具合に合わせてチョイス可能。カメラ機能にポイントを置いてSIMフリー端末を探しているなら、候補にオススメできるモデルだ。
 
Pocket