SIM×デバイス指南

6インチの大画面と高機能なカメラがポイントの「ZenFone 2 Laser (ZE601KL)」

Pocket

 ASUSから発売されている「ZenFoneシリーズ」のなかで、もっとも大きなディスプレーサイズのモデルが今回紹介する「ZenFone 2 Laser (ZE601KL)」です。
01
 本体デザインは先に発売されている5インチモデルの「ZenFone 2 Laser (ZE500KL)」とほぼ同じ。背面は丸みを帯びたフォルムで、手になじみやすいのが共通したポイント。また音量ボタンは本体背面に、電源ボタンは本体上部に配置されているのも同じです。
02
 一番の違いは、やはりディスプレーサイズ。6インチで、タブレットとスマートフォンのあいだに位置する「ファブレット」と呼ばれるジャンルとなります。ディスプレーの大型化にともない解像度も1080×1920ドットのフルHDとなっており、ピクセル密度は367ppi。5インチモデルの「ZenFone 2 Laser (ZE500KL)」は720×1280ドットで294ppiなので、ディスプレーが大きくなっただけでなく、より高精細になっているのも特徴です。
03
 そのため、ウェブの閲覧などではドット感がなくテキスト表示などが滑らか。さらにスピーカーを背面に2つ配置したデュアルスピーカーシステムを採用。各スピーカーには5つのマグネットスピーカーを登載しているので、低音から高音までキッチリと再現できます。音圧も最大約97.4dBと大きく、単体での再生でも迫力は十分。残念ながらスピーカーは本体下部の左右に配置してあるので、効果的なステレオ感が得られるのは縦位置のみ。縦位置でプレイするゲームにはピッタリです。
04
 本体サイズは約84(W)×3.9〜10.55(D)×164.5(H)mm/約190g。片手で持ってみるとホールドはできるものの、親指だけで画面全体を操作するのは厳しい大きさです。上下左右のベゼルを極力薄くして、画面占有率は72%と6インチモデルとしてはスリムですが、基本的には片手でホールドしてもう片方の手で操作するか、両手でホールドして操作することになります。
041
 このあたりはサイズとのトレードオフなので、大きな画面で視認性などを重要視する場合は6インチモデル。コンパクトで操作性を重視するなら5インチモデルを選んだほうが良さそうです。ただし、ホームボタンを2回押すと画面が縮小表示される機能もあるので、6インチモデルでも片手で操作できる工夫はなされています。
05
 製品名に「Laser」とあるように、カメラ機能にはレーザーオートフォーカスを登載。 暗い場所でも被写体を素早くキャッチして、キッチリとピントを合わせることができます。
 さらに「デュアルカラーLEDフラッシュ」も5インチモデルから引き続き登載。2つのLEDフラッシュの発光具合を自動で調整することで、オートで撮影しても色かぶりなどを防いだ写真に仕上がります。
06
 カメラの解像度はメインが1300万画素、フロントカメラが500万画素。どちらも広角f2.0のレンズを採用しています。またフロントカメラは広角85°と広めの画角となっているので、背景といっしょに自分も撮影するようなシーンも問題なしです。
07
 ASUSのZenFoneシリーズではおなじみの、「美人エフェクト」や「自分撮りパノラマ」といった各種撮影機能にも対応。夜景モードや逆光などに使う「HDR」も利用できるので、どんなシーンでもミスの少ない作品が撮れます。
 そのほか、CPUは Snapdragon S616を採用。動作クロックは非公開ですが、8コア仕様のCPUなので高パフォーマンスが期待できます。またメモリーは3GBでストレージ容量は32GB。microSDカードスロットも用意されており、最大128GBまでのmicroSDXCカードが利用できます。
08
 SIMスロットはデュアル仕様で、どちらもLTEに対応。ただし両方のスロットを同時に利用した場合、3GとLTEはどちらか片方でしか利用できず、もう片方は2Gとなります。そのため、日本ではデュアルSIMスロットの恩恵はあまり受けられませんが、海外旅行などで現地のプリペイドSIMを使うときなどに重宝します。
081
 対応するLTEのバンドも、2100(1)/1900(2)/1800(3)/850(5)/800(6)/900(8)/1700(9)/800(19)/700(28)/2600(38)/1900(39)/2300(40)/2600(41)と日本で発売されているSIMフリーAndroid端末としては豊富。国内外でフルに活用できる仕様になっています。
09
 バッテリーサイズは3000mAh。最近のスマホとしては珍しく、バッテリーを取り外して交換できるタイプです。別売のとして予備のバッテリーと充電機セットになった「ASUS ZENFONE2 BATTERY CHARGER」(直販価格4298円)もあるので、長時間使いたいけど重たいモバイルバッテリーは持ち歩きたくないという人にもオススメです。
 価格は直販サイトで4万5144円。いわゆる格安スマホとくらべると高めの価格ですが、スペックやカメラ機能もハイエンドモデルに近く、長期でも安心して使えるスマホです。
Pocket