SIM速報

500MBまでは完全無料の「0 SIM」を使ってみた!

Pocket

 雑誌「デジモノステーション」の付録として先行配布されて話題を呼んだSo-netの「0 SIM」が、ついに本サービスをスタートさせました。

 その名のとおり、0 SIMの特徴は、500MBまでお金が一切かからない点にあります。本サービスに合わせて、音声通話対応のSIMや、SMS対応のSIMも発売されました。こちらについては毎月基本料がかかるものの、データ通信部分に関しては0円になります。

 この0SIMを、筆者も早速取り寄せ、実際に使ってみました。

DSC_3745

0 SIMの特徴をおさらい

 改めて0 SIMの特徴を振り返ってみましょう。最大の特徴は500MBまで0円というところにあります。500MBからは料金がかかりますが、きちんと上限は設けられています。

 500MBから2GBまでは、100MBごとに100円がかかります。つまり、600MBなら100円、700MBなら200円、2GBなら1600円になるというわけです。

 料金は1600円で上限になり、5GBまで利用することが可能です。5GBを超えると、通信速度に制限がかかり、解除には追加のチャージが必要なります。

b

 

 追加チャージの料金は、100MBで500円、500MBで2100円、1GBで3800円。SMS対応SIMは150円、音声通話対応SIMは700円が、毎月追加でかかります。SMSの送信や、通話を行うと、送信料や通話料も別途かかります。さすがにここまでは0円にはならないので、使い過ぎには注意しましょう。

0SIMの注意点は?

 500MBまでは一切お金がかからない夢のような料金プランを実現した0 SIMですが、注意点もあります。その1つが、チャージ料金の高さ。1GBで3800円は、他社のSIMと比べると、割高です。MVNOに回線を貸し出すドコモですら、1GBあたり1000円でチャージできることを考えると、この料金がいかに高いかが分かるはずです。

 そうなると、あまりデータ通信をしない機器や、データ通信を使うときと使わないときの差が大きな機器に挿しておくのが得策と言えますが、3カ月データ通信がないと自動的に解約になってしまいます。この点も、気をつけたいポイントと言えます。

 また、500MBまでは一切料金がかかりませんが、2GBという単位で他社と比べても、1600円というのは少々割高。一般的なMVNOの相場は、3GBで900円のため、2GBを超えてしまったときは、なるべく5GBまで近づけた方がおトクと言えます。

0 SIMを実際に使ってみた! 

 そんな0 SIMを、実際に契約してみました。申し込みは簡単で、So-netのWebから行います。ここでクレジットカードを登録し、自宅まで発送してもらえば、準備は完了です。アクティベーションを済ませた状態のSIMが届き、端末に挿してAPNを設定すれば、すぐに使い始めることができます。

 端末に挿してからおよそ2日後に、開通のメールも届きました。

c

 

 APNは、APNの値が「so-net.jp」、ユーザー名とパスワードがそれぞれ「nuro」になります。ここまでの設定は、他のMVNOのSIMを使うときと同じなので、特に戸惑うことはないでしょう。

 APNの作成が終わり、設定を行ったらすぐに通信もつながりました。

1

 

 0円ということで、通信が殺到して速度が出ないということはないでしょうか? 試してみた限りでは、そこまで速度が遅くなるということはありませんでした。

 朝10時台に速度を測定したところ、27.79Mbpsとまずまずのスピードが出ていました。試しに、ドコモと直接契約している回線でも速度を測ってみましたが、こちらは35.13Mbps。速いことは確かに速いのですが、大きな差があるとも言えません。

2

 MVNOの鬼門とも言える12時台は、やはり速度の低下が見られました。こちらは、ドコモが40.58Mbps出ている場所で、2.52Mbpsしか速度が出ていません。

 とは言え、まったく通信ができないというわけではなく、Webを見ているときに「ちょっと遅いかな」と感じる程度でした。

 これでもまだ500MBに達していないため、料金は0円。タダでこれだけ使えれば、十分と言えるかもしれません。

3

 

 ただし、上に掲載したのは、あくまである1日の速度の話です。0 SIMは、その特性上、月初や逆に月末に通信が集中することも考えられます。0円で使うだけ使って、あとは通信を控えるという使い方がお得になるからです。逆に、とりあえずSIMを挿しておき、容量が余ったら月末に集中して使うということもありそうです。

とりあえず、2月上旬〜中旬にかけ、数日使った範囲では極端に遅いと感じることはありませんでしたが、 速度に関してはもう少し継続して調査してみる必要がありそうです。

500MBを超えないような設定も

 2〜3GB程度使うと割高になってしまう0 SIMですが、設定を工夫して、500MB未満に通信量を抑えれば、かなりお得になります。

 その意味で、この料金プランは、2台目として持つタブレットなどに向いたものと言えるでしょう。

 この0 SIMをお得に使うには、通信量を小まめに把握しておくことが重要になります。Androidであれば、設定は簡単。「設定」アプリ内から、「データ使用量」
などの項目を開き、「警告」や「上限」を設定しておけばOKです。

4

 

 ここで上限を500MBにしておけば、毎月、料金がかからないことになります。

 ただし、これはあくまで端末側で計測したデータ量で、誤差もあります。あまりギリギリに設定しておくと、実は数MBだけ超えていたということもあるため、余裕を持って470〜480MB程度にしておくとよいでしょう。400MBを超えた際には、So-netからメールが届くため、これも参考になります。

 

 一方で、iPhoneやiPadなど、iOSの場合には注意が必要です。iOSにも通信量を計測する機能はありますが、月ごとにリセットされず、累計の数字しか表示できません。

 手動でリセットすることは可能なため、月が変わった瞬間に、やっておくことをオススメします。

5

 

 また、Wi-Fiの接続状態が悪いときに自動でモバイルデータ通信を行う「Wi-Fiアシスト」のような機能は、オフにしておいた方が安心です。Androidにも似た機能を備えた端末があるため、利用する際には注意してください。

Pocket