SIM入門

解約が高額になる場合も? 最低利用期間やMNP転出手数料には要注意

Pocket

 携帯電話は2年間の契約をするのが一般的ですが、格安SIMと呼ばれるMVNOは、必ずしもその限りではありません。データ通信専用SIMには縛りがないことが多いですし、音声通話対応SIMの場合も2年契約ではなく、「最低利用期間」だけが定められていることが多いのが現状です。

 その違いがどこにあるのかを、改めてまとめてみました。また、解約時の注意点も合わせて紹介していきます。

自動更新はされず、一定期間後には無料で解約可能

 大手通信キャリアの「2年契約」は、2年間の継続契約を約束することで、基本使用料が下がる仕組みになっています。「おいおい、基本料はずっと変わってないよ」とお思いかもしれませんが、実は各社とも2年契約をしないときの料金も別途用意しています。

 ドコモであれば、「カケホーダイ」の2年契約なしの料金は、スマホやタブレットで4200円。2年契約時の2700円よりも、1500円ほど高くなります。普通に買うと当たり前のように2年契約がつけられてしまいますが、実は縛りのないプランも用意されているのです。

 この2年契約は、自動更新されてしまいます。2年間の間に1カ月だけ、更新月が設けられており、その間に2年契約を外したり、解約したりすれば、契約解除料を払う必要はなくなります。その期間を過ぎると、また2年間の継続契約が発生してしまうのです。
2016020201
 

 これに対して、MVNOでは、契約形態が大きく異なります。

 まずはデータ通信専用SIMに関して。音声通話の利用できない、データ通信専用のSIMカードの場合、基本的には継続契約期間はありません。つまり、いつ解約しても、料金はかからないというわけです。

 これなら、使いたい時に契約して、使わなくなったら解約するということも、気軽にできます(超短期間での解約ができないところもありますが)。

 

 ただし、これはあくまでデータ通信専用のSIMカードでの話。MVNOでも、音声通話対応の場合は、期間契約があるのが一般的で、短期解約などには契約解除料などの違約金が発生します。

 これは、短期間でのMNPを防止するためという意味合いがあります。かつては継続契約のない音声通話対応SIMもありましたが、キャッシュバックを目当てでこれを踏み台にする人が出てしまい、このような縛りが設けられることになりました。

 とは言え、目的が短期でのMNPの防止にあるため、大手キャリアの2年契約とは、形態が異なります。MVNOで一般的なのは、「最低利用期間」。つまり、少なくとも、これくらいは使ってくださいねという期間になるため、それが過ぎれば、いつでも自由に解約することが可能になります。

 キャリアの2年契約との違いは、以下の図で説明すれば分かりやすいでしょう。
2016020202

 期間は、会社によって異なります。12カ月に設定しているところもあれば、6カ月のところもあり、この期間もMVNOを選ぶ基準の1つと言えそうです。

 また、利用期間の経過とともに、違約金が減っていく会社もあります。IIJmioがこの方式を採用しており、12カ月目には1000円になる仕組みです。

 主なMVNOの最低利用期間を以下にまとめてみたので、参考にしてみてください。

  最低利用期間 違約金
OCNモバイルONE 6カ月 8000円
IIJmio 12カ月 1000円〜1万2000円
U-mobile 6カ月または12カ月 3500円〜9500円
BIGLOBE SIM 12カ月 8000円
b-mobile 5カ月 8000円
楽天モバイル 12カ月 9800円
ぷららLTE 6カ月 8000円

 

MNPの手数料だけが高額な場合もあるので要注意

 中には最低利用期間がないMVNOもあります。こうした会社なら、自由にMNPできると思ったら大間違い。別のところでしっかり縛りがかかっています。

 その1社である、FREETELの契約形態を見てみましょう。

 同社のホームページでは、「2年しばりナシ」とうたわれており、実際に音声契約でも継続契約は必要ありません。つまり、いつ解約しても、余計なお金は一切かからないということです。

3 

 

 ただし、同じ電話番号を別の会社で使おうとすると、高いMNP転出手数料がかかります。

 以下のように、FREETELのWEBにも掲載されていますが、MNPの予約番号手数料が1カ月目は1万5000円、2カ月は1万4000円かかり、13カ月目以降も常に2000円かかることになります。

 解約金は設けられていませんが、短期間で他社に移る際のペナルティはあるというわけです。

4

 

 ケイ・オプティコムのmineoも同様で、最低利用期間はありませんが、契約から12カ月間は、1万1500円の転出手数料がかかり、13カ月目からこれが2000円になります。

 1万5000円や1万1500円という金額は、大手キャリアのMNP手数料と解約金を合算した金額に近く、実態としては縛りが全くないわけではありません

 この点を、勘違いしないように注意しておきましょう。

 

 FREETELの場合、MNP手数料が月を追って減っていくので、ある程度使っていれば2000円しかかかりませんが、中には、これが変動しない会社もあります。

 たとえば、ワイヤレスゲートも、FREETELと同様、2年契約がないことをうたっていますが、MNPの転出手数料に1万1000円がかかります。

5

 

 FREETELと違
い、この金額が減ることもないため、一度番号を移してしまうと、非常に他社に移りづらいMVNOと言えるでしょう。

 金額はMVNOによってまちまち。あとから気づいて損をしないためにも、契約前に、継続利用年数や、MNOの転出手数料は調べておくといいでしょう。

Pocket