SIM道場スペシャル

格安SIMでも始まった「通話定額」って本当にお得なの?

Pocket

2015-11-17te00

定額プランの方がお得?

ってちょっと心揺れている方も居るかもしれません。ついに格安SIM業界にも通話定額プランの波が押し寄せてきました。

現状ではもしもシークスNifMoが通話定額プランをスタート。これまでキャリアの専売特許だった「話し放題」まで食い込んできたのです。

2015-11-17te01

格安SIMの利用者のイメージ像を掴むと、通話は殆どしない、もしくはLINEやFaceTimeなどのデータ通話で済ませてしまって、スマホの主な用途はインターネット端末。というユーザーが多いのが現状であると思います。そのため、

「通話定額なんて要らないよ!」

ってなりますよね。しかし、こういったキャリア対抗の通話プランの商品が並び始めるということは、我々が思っている異常に通話に対するニーズがあるのかもしれません。

そこで、これら2社の通話定額はどんなプランなのか? そして定額になる仕組みは? という所をチェックしてみましょう。

格安SIMの通話定額の仕組みをチェック!ーNifMoー

2015-11-17te02

それぞれの通話定額のしくみをチェックしてみましょう。まずはNifMoから。プランの内容としては、

「1,300円で国内かけ放題サービスを付与できる」

というプランになります。データ通信+音声通話プランで最も安い3GBプランが1,600円なので、合計2,900円。キャリアの通話定額料金が月額2,700円程度なので、同じくらいの負担で国内通話かけ放題+3GBデータ通信が利用できることになります。
(「国内+海外かけ放題」プランもあり、こちらは月額2,700円プラスで合計4,300円です)

こう見ると確かにお得ですが、お得になる仕組みはどこにあるのでしょうか? NifMoは新設に「安さの理由」としてちゃんと仕組みを公開しています。

2015-11-17te03

これを見る限り、NifMoの通話定額はIP電話を利用しているようです。つまり、厳密には音声発信ではなく、データ通信ということになるわけですね。他のIP電話と違う所は、独自の電話番号を付与されるのではなく、既存の電話番号でIP電話を利用できるというところ。

2015-11-17te04

IP電話の弱点でもある、発番号通知が完璧ではない点や、通話にデータ通信消費が発生する点(目安は1.5MB/3分)、110、119などの緊急発信ができない点など、デメリットもちゃんと説明されている点は好感が持てます。

■NifMoの通話定額まとめ:
・IP電話を利用
・月額1,300円から
・最低維持費は月額2,900円(3Gプラン)
・国内固定電話・携帯電話へかけ放題
・発番号通知は完璧ではない(一部非通知)

格安SIMの通話定額の仕組みをチェック!ーもしもシークスー

2015-11-17te05

もしもシークスは、実は完全なかけ放題ではありません。「基本コース」「あんしんコース」「まんぞくコース」といった3種類のコースがあり、無料通話できる時間と回数がそれぞれ異なっています。簡単に説明すると、

「時間制限、回数制限がある定額通話込みのプラン」

です。たとえば基本コースでは、月額料金1,980円で通話1回3分以内、月30回までが定額。さらにデータ通信1GBが含まれています。コースが変わると、通話分数と回数、データ通信量が増えていくというプランとなります。詳しくは下記のとおり

・基本コース(1GB):月額料金1,980円で通話1回3分以内、月30回まで
・あんしんコース(7GB):月額料金2,980円で通話1回5分以内、月30回まで
・まんぞくコース(7GB):月額料金3,980円で通話1回10分以内、月300回まで

「◯◯分まで定額」と聞くと、かつてのウィルコムを思い出します。『そろそろ時間だから切ってかけ直すね』なんて、当時の仲よかった女子と長電話を楽しんだ、甘酸っぱい記憶が蘇ってきて、枕に顔を埋めて足をバタバタしたい衝動に駆られます。

話が逸れましたが、完全な通話定額ではなく時間・回数制なので注意が必要です。また、このプランを利用するためには専用の通話アプリから発信する必要があるとのこと。

2015-11-17te06

もしもシークスのサポートに訪ねてみたところ、発信先番号の前に特定の番号を付けることで安くなるという、プレフィックス方式での交換型であるとのこと。分数制限、回数制限があるため、価格はNifMoに比べると高めという印象をうけますが、データ通信を圧迫せず、通信速度が遅い状況でも安定して通話できるというのもメリットですね。

ビジネスで利用するなら、まんぞくコースで7GBのデータ通信と、10分✕300回の定額通話が、月額3,980円。意外とアリな選択肢ではないでしょうか。 
 

■もしもシークスの通話定額まとめ:
・プレフィックス式を利用
・通話時間・発信回数に制限がある
・最低維持費は月額1,980円(1Gプラン)
・国内固定電話・携帯電話への通話が条件付きで定額

格安SIMの定額通話プランはお得なの?

それぞれのしくみが理解できたところで、最初の質問に戻りましょう。これらの定額プラン、通常の音声通話と比べたら話にならない程お得になるのは間違いありません。

2015-11-17te07

しかし、現在通話を安く済ませるしくみはいくつもあります。例えばIP電話「050 Plus」では月額300円かかりますが、その分通話料は国内固定電話で3分8円、携帯電話へは1分17円とかなり安めです。

もしもシークスはかなり通話条件が特殊なため、一例としてNifMoと比較してみましょう。

NifMoの音声通話定額プラン、月額1,300円分の通話を行なうには、固定電話宛てだと374分。携帯電話宛てだと59分通話できる計算になります。つまり、通話定額の恩恵を受けられる人は、毎月これ以上に通話する人。ということになります。

NifMoは完全ではないにせよ音声通話の番号そのまま利用できるという利点がある(050Plusは050IP電話番号を新規発行)ので、単純比較はできませんけどね。

2015-11-17te08

既存の番号をそのまま使いたい! というのであればプレフィックス式の「楽天でんわ」も優秀です。キャリア旧プランの半額である10円/30秒(1分で20円)という価格設定となり、NifMoの音声通話定額プラン月額1,300円分の通話を行なうとなると、65分通話ができます。

通話定額プランは確かにたくさん話す人にはお得になります。ただし! 現状ではその他にも安く通話できるしくみは多々あるんです。そのため、毎月自分がどれだけ通話するのか? といった所をちゃんと知っておくことが重要です。ただ、

「キャリアには通話定額があるのに、格安SIMには無いしなぁ……」

と通話定額をひとつの判断材料として、格安SIMへの移行に抵抗感があるユーザーが居るのも事実。そういったユーザーにバッターボックスに立ってもらうための商品としては、すごく良いものなのではないでしょうか。

 

ちなみに……ですが、そういったところを狙ってピンポイントにストレートを投げてきたのが、BIGLOBEです。格安SIMサービスに+650円で最大60分の通話が付いてくる「BIGLOBE電話通話パック」というものをスタートしています。

2015-11-17te09

そういえば昔の携帯電話って「◯◯分の無料通話」とか付いてたなぁ……(注:今もありますけどね)。

とかプラン詳細を見てちょっとしたノスタルジーを感じましたが、それと同種のプランです。長年携帯電話を使っていたユーザーには、慣れ親しんだ「最大◯◯分通話可能!」を加える事でわかりやすく、安心感も与えるという…。

うまいなぁ、BIGLOBE!!

Pocket