SIM道場スペシャル

「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」が間もなく登場! 格安SIMで使うとどうなる?

Pocket

 もはや毎年の”恒例行事”になりつつある、新しいiPhoneが発表されました。

 発売は9月25日。ラインナップは、4.7インチの「iPhone 6s」と、5.5インチの「iPhone 6s Plus」という2つで構成されています。

 早速、その特徴とともに、MVNOで利用した際のトータルコストを見ていきましょう。

iPhone6splus

 

感圧式を併用した「3D Touch」に対応し、CPUやカメラなど中身も一新

 形こそ、従来の「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」とほぼ同じですが、2つの機種とも、中身は一新されています。

iPhone6s

 もっとも特徴的な機能が、「3D Touch」と呼ばれる機能でしょう。

 これは、従来からあった静電容量方式のタッチパネルに、感圧式を加えたもの。タッチした場所だけでなく、どの程度の力で押されたかという圧力も検知できるようになり、ユーザーインターフェイスに広がりが生まれました。

 例えば、アイコンを押し込むとメニューが表示されるといったように、今までより、多彩な操作が可能になっています。

 ただし、これだけと本当に押し込んだのかどうかが、使っている側には分かりません。3D Touchのポイントは、Apple Watchにも採用された「Taptic Engine」を搭載しているところで、グイっと押し込むと、しっかりフィードバックが返ってくるようになっています。これによって、ユーザー側にもきちんと押し込んでいることが伝わるというわけです。

capture_556_10092015_033109

発表会の様子はアップルの動画から引用

 

 もちろん、ベースとなる基本性能も進化しています。チップセットには「A9」を採用。カメラも1200万画素に上がり、4K動画の撮影にも対応しました。

capture_1198_10092015_035233

発表会の様子はアップルの動画から引用

capture_1181_10092015_035159

発表会の様子はアップルの動画から引用

 

 このiPhone 6s、6 Plusは、早速、日本では3キャリアが取り扱いを表明しており、現在、予約の受付中です。

 それと同時に、アップル自身もSIMフリー版の販売を開始します。MVNOの回線を使っている人は、これを手に入れるのがいいでしょう。

 では、2年間の利用でいくらかかるのか。早速、その中身を計算してみました。

 

3GBプランの利用で2年間の総額は約13万5000円から

 MVNOは非常に多くの会社があるため、ここで簡略化して、IIJmioを使ったと仮定します。

 音声通話の利用も考え、「みおふぉん」の契約をしたと想定してみましょう。

 この場合、月額料金は月3GBまで利用できる「ミニマムスタートプラン」で1600円。消費税を含めると、1728円になります。24カ月換算で、4万1472円です。

 ここにiPhone 6sの本体代金が乗ってきます。

 もっとも価格の安いiPhone 6sの16GB版を選択した場合の金額は、8万6800円。税込みで、9万3744円になります。

 2つを合計すると、2年間のトータルコストは、13万5216円ということになります。

2015091601 

 もちろん、ここには通話料金が含まれていません。

 みおふぉんには、ドコモ、au、ソフトバンクのような通話定額がないため、通話料の量に応じて料金はこのトータルコストより高くなります。

 通話料は、標準で30秒20円。プレフィックスサービスを使う「みおふぉんダイヤル」を利用した場合は、30秒10円になります。

IMG_3450

 

 つまり、電話が少なければ少ないほど、料金は安くなるというわけです。

 ここでは仮に、1日1分、みおふぉんダイヤルで電話したと仮定してみましょう。その場合の料金は、2年間(730日)で1万4600円。税込みだと、1万5768円になります。

 先ほどのトータルコストに通話料を加えると、合計金額は15万984円です。
2015091602 

 端末価格は9万円を超えていて割高に見えるかもしれませんが、月々のランニングコストが安いため、トータルコストは比較的低く抑えられることが分かるはずです。

 端末価格が高いという人は、アップルストアで利用できるローンを組むのも手です。

 iPhone 6sの16GB版なら、Webでのシミュレーション通りにいけば、24回払いで月々4100円(1回目のみ4403円)の支払いになります。

 毎月の通信料と合わせても、5700円から。大手キャリアの通信料程度の価格で、iPhoneを利用できます。

loan

 

キャリア版を買った場合の月々の料金は?

 では、キャリア版と比べ、SIMフリーiPhoneとMVNOの組み合わせはいくらぐらい安くなるのでしょうか。

 MVNOとは違い、大手キャリアから端末を買うと、毎月の通信費に対しての割引が発生します。例年の傾向では、iPhoneシリーズはこの割引がやや多めになっています。

 そのため、通信費の割引を端末の割引と見なしたときの”実質価格”は、非常にリーズナブルになります。

 

 条件をそろえるため、ここでも同じiPhone 6sの16GB版を買い、各社の新料金プランに加入した上で、3GBのデータパッケージを選択したとします。

 また、各種補償サービスや、コンテンツサービスには加入しない前提で計算しています。従来からのキャリアを使い続けたことを想定して、契約条件は機種変更にしています。一時的なキャンペーンや条件が複雑になる下取りは、考慮に入れていません。

 その際の、それぞれのキャリアの通信料は、以下のようになります。料金は、すべて税込みです。

2015091603
 月々の料金は、どのキャリアも9000円前後になります。

 MNPなどのキャンペーンを駆使すればもっと料金は下げることはできますが、この金額がベースにあると考えれば理解しやすいでしょう。

 2年間でのトータルコストは、これに24をかけたものになり、ドコモが22万320円、auが21万2424円、ソフトバンクが21万5640円。MVNOと比較すると、6万円以上差が出てきます。

2015091604

 この差が大きいと思うか小さいと思うかは、人によるかもしれません。

 2年間で6万円程度なら、設定などのサポートもきっちりしていて、トラブル解決も簡単な大手キャリアがいいという人もいるでしょう。

 また、各社ともiPhoneに対しては13カ月のデータ増量キャンペーンを実施しているため、ドコモとソフトバンクは3GBの利用に追加のデータを購入する必要がなくなり、事実上、トータルコストから1万4040円下がる計算になります(auの場合、データパックを1つ下の2GBに落としたときは、月756円、13カ月で9828円安くなります)。

条件次第では大手キャリアとの差はさらに埋まる

 今回のシミュレーションでは、通話定額を契約しているため、通話をすればするほど、その差はさらに埋まっていきます。

 逆に通話が少なければ、auとソフトバンクでは、月額料金が安く、1回5分までの通話が無料になる「スーパーカケホ」や「スマ放題ライト」も選択できます(ただし、au、ソフトバンクともに2GBのデータパックは選択不可になります)。

 さらに、仮にMVNOに移るとすると、MNPの転出費用や新規契約の際の事務手数料がかかり、転出元が更新月でない場合は、さらに契約解除料も発生します。

 MNPで大手キャリアに移ると、何らかの特典を受けられるため、MNP同士で比較すると、MVNOとの差は思ったほど大きなものにならない可能性も十分あります。

campaign

 

 一方で、上記のキャンペーンまで含めて考えると、一体いくらになるのかがなかなか分かりません。普段からケータイの料金に関心がある人以外は、理解不能と言ってもいいでしょう。

 そのくらい、今の大手キャリアの料金プランやキャンペーンは、複雑怪奇です。

 そのため、通話はあまりせず、複雑なキャンペーンを考慮せず、シンプルにランニングコストを落としたいというなら、MVNOを選択するのもありです。

 iPhoneの場合、AppleCareのような補償サービスはメーカーがきちんと用意しており、なおかつサポート拠点も充実しています。こうしたことを熟知していて、キャリアに頼る必要はないと考えられる人なら、MVNOにする価値は十分ありそうです。

 

 このように、iPhoneは大手キャリアも販売に力を入れており、割引額も大きくなりがち。

 結果として、大手キャリアとMVNOの差が、あまりつかないこともあります。

 シンプルな料金体系で、1円でも安く運用したいというならMVNOもありですが、費用を抑えたいなら、より安価なAndroidのミッドレンジモデルを組み合わせるという選択肢も、視野に入れた方がいいかもしれません。

 端末の価格レンジが広く、料金プランもシンプルで安価。こうした自分にとっての“必要十分”が分かった上で使う人にこそ、MVNOはオススメできます。

Pocket