SIM道場スペシャル

キャリアのiPhone 6sはSIMフリー化できる? 発売前だけど各キャリアの対応を聞いてみた

Pocket

2015-09-14ips00

結構、キーになる話題です。

iPhone 6sがいよいよ登場します。国内ではアップルストアにてSIMフリー版が、そして当然docomo、au、SoftBankの3キャリアからも登場。例によって「iPhoneどこで買うよ?」という、恒例の頭を悩ませる時期です。しかし、今回はこれらの問題に加えて、もう1点新たな風が吹き込んできました。それが総務省によって定められた「原則SIMロック解除」というルールです。

SIMロック解除に関するガイドライン

各キャリアは2015年5月以降に自らが販売する端末ついて、原則としてSIMロックに応じるものとする。

総務省による『SIMロック解除に関するガイドライン』改正案を要約するとこうなります。(くわしくはこちら

3キャリア共、これが「原則」適用されることになります。

つまり、途中からSIMフリーの自由を手に入れる。という選択肢もできるわけです。例えば、従来できなかったauで買ったけど、途中でSIMロック解除してdocomoのMVNOを使う。といったことも可能。また、次のiPhoneが出たら下取りに出さずにSIMロック解除して解約。MVNOで使い続けるなんてこともOKです。

これまでMVNOの無いSoftBankのiPhoneなどは、解約後持っておいてもただの厚いiPod Touchでしたが、SIMロック解除によって「原則」自由度がさらに広がることになります。やったね!☆

SIMロック解除に関するガイドライン(改正案)
http://www.soumu.go.jp/main_content/000330408.pdf

各キャリアのサポートセンターにSIMロック解除の是非を聞いてみた

2015-09-14ips01

さて、では本題です。これまでなんども「原則」を付けてきましたが、SIMロック解除には若干の懸念点もあります。それがこの「原則」というところ。総務省のガイドラインによりますと、

1.事業者は、原則として自らが販売した全ての端末についてSIMロック解除に応じるものとする。
2.ただし、SIMロック解除を行わないことが公正な競争又は利用者の利便の確保に大きな支障とはならないと考えられるものについてはこの限りでない。

以上、ガイドラインからSIMロックの是非についての項目の一部抜粋です。注視するべきは2番目の項目です。

「公正な競争又は利用者の利便の確保に大きな支障とはならないと考えられるものについてはこの限りでない。」

この一文があるために、「原則」となっているわけです。利用者にメリットが生じないような場合はSIMロック解除に応じなくてもいい。というわけですね。

さて、ではiPhone 6sについて、3キャリアの対応はどうなっているのでしょうか。2015年9月14日段階での対応をサポートセンターに訪ねてみました。回答を要約しますと以下のようになります。

2015-09-14ips02

Q1.iPhone 6s/6s PlusはSIMロック解除できる?
docomo:できる。
au:できる。
SB:現段階では未定ですが、おそらく大丈夫。

Q2.SIMロック解除の条件は?
docomo:購入後6ヶ月(※特例アリ)。
au:180日。
SB:おそらく他の例と同じく180日。

※すでにdocomoユーザーで既存のAndroidなどを過去にSIMロック解除しており、そこから6ヶ月経っていれば即日解除対応。

Q3.SIMロック解除の料金は?
3キャリア:店舗なら3000円。オンラインで自分でやるなら無料。

 

docomoでは明確にiPhone 6s/6s Plusへの対応を聴くことができましたが、auとSoftBankではまだマニュアルが作成されていないらしく、サポートセンターの対応もかなり手探り状態。話が二転三転しましたが、最終的にはこうなりました。

SoftBankのみ、まだ正式発表が無いのでSIMロック解除対応に関しての対応は確約できないというところ。ただし、他キャリアの対応と利用者の利便性が向上することは明らかであるため、この「原則」に収まるのではないかと期待しています。

docomo(SIMロック解除の手続き)
https://www.nttdocomo.co.jp/support/procedure/simcard/unlock_dcm/
au(SIMロック解除のご利用手続きについて)
https://cs.kddi.com/support/simcard/
SoftBank(ソフトバンクの携帯電話を他社で利用する / SIMロック解除)
http://www.softbank.jp/mobile/support/usim/unlock_procedure/

 

SIMロック解除のもう1つの懸念。他キャリアの電波をつかめる?

さて、iPhone 6s/6s Plusも「原則」SIMロック解除対応になるというのがわかったところで、もう1点。国内で販売されるiPhoneのモデルです。せっかくSIMロック解除したのに、他キャリアの電波を拾えなければ使えません。これに関しても調べてみました。

今回生産されているiPhoneは6sと6s Plus共に2つのモデルがあります。モデルによって対応バンドが異なりますが、Appleによると国内AppleStore、国内3キャリアで販売されるiPhone 6sが「A1688」、iPhone 6s Plusが「A1687」であるとのこと。

2015-09-14ips03

つまり、どのキャリアのiPhoneを買っても、SIMロック解除すれば同じものとなるので、対応エリア面では問題ないようです。ただし、どのキャリアもSIMロック解除したとしても、他キャリアのSIM利用に関してはサポート対象外。としています。まぁ、こちらに関しては当然と言えば当然ですね。

というわけで、iPhone 6s/6s Plusは「おそらく」どこで買っても最終的には同じSIMロックフリー端末として利用できる事となります。冒頭でも述べましたが、新たな選択肢として、

「とりあえずキャリアで買っておいて、任意なタイミングでSIMフリー化する」

という運用も視野に入れてみてはいかがでしょうか。価格や運用費、損益分岐点に関しては更にカオスなことになりますけど……ね。

Pocket