SIM×デバイス指南

日本初のSIMフリーWindowsPhone「MADOSMA」をチェック

Pocket

3万円台前半とコストパフォーマンス抜群

 6月18日、マウスコンピューターからWindowsPhone8.1を採用したスマートフォン「MADOSMA Q501(以下MADOSMA)」が発売されました。Windows PhoneをOS登載の端末は、auから発売された東芝の「IS12T」以来4年ぶり、SIMフリー端末としては日本初の登場となります。

01

 MADSMAは、5インチ(720×1280ドット)のディスプレーを登載。CPUにはミッドレンジ用のSnapdragon410シリーズとなる、MSM8916(クアッドコア / 1.2GHz)を採用しています。メインメモリーは1GB、ストレージ容量は8GBですが、SDXC対応のmicro SDスロットを登載しているので、最大64GBのmicroSDカードが利用できます。また、バッテリーは2300mAhで、連続通話時間は約9時間となっています。

02

 通信機能は、4G/LTEの対応バンドがBand1(2100MHz)、Band3(1800MHz)、Band19(800MHz)/の4つ。3G/W-CDMAは、Band1 (2100MHz)、Band8(900MHz)、Band19(800MHz、Band6を含む)に対応。ドコモ系MVNOの格安SIMで運用するには問題なしの対応バンドです。

03

04

 microSDカードとSIMスロットは、背面カバーを取り外してアクセスする仕様。SIMのサイズはmicroSIMとなっています。価格は3万3800円前後と大手キャリアのハイエンドモデルと比較して約半額。同価格帯のSIMフリーAndroidスマホと比べても遜色のないスペックです。

05

 電源ボタンは本体右側面、音量ボタンは本体左側面に配置されています。またイヤホンジャックとmicroUSB端子は本体上部に、本体下部は通話用のマイクのみとなっています。ちなみにWindowsPhone8.1でスクリーンショットを撮影する場合は、電源ボタンと音量アップボタンを同時に押せばオーケーです。

06

操作はサクサク

 Windows Phone8.1では、「Windows」や「戻る」といった操作用のボタンをディスプレー内にソフトウェアキーとして表示可能だが、MADSMAではセンサー式の物理キーを採用。物理キーのほうが画面を大きく使え、操作もしやすい。

07

 画面のスクロールやアプリの切り替えなどはもたつきがなく、サクサクと動作。iPhoneやAndroidと操作方法がじゃっかん違うため使い始めは戸惑うが、慣れれば問題のないレベルです。

08

 カメラはメインが800万画素でインカメラは200万画素。OSオリジナルカメラアプリには、バースト機能が搭載されており連続撮影が可能。動きの速い被写体などで利用すれば、複数枚撮影したなかからベストショット選べるようになっています。

09

 ただし最新スマホでは撮影できる「タイムラプス」や「超スローモーション」といった機能には非対応。美顔モードといったフィルターもないため、サードパーティーアプリの充実に期待がかかります。

 また格安SIMでは必須となるAPNなどの設定は、OSから行います。この辺りはAndroidと同じ感覚で設定可能。「IIJmio」や「NifMo」、「U-mobile」などいくつかの格安SIMは、あらかじめ設定が用意されているので、対応する格安SIMならメニューから選ぶだけなので設定は簡単です。

10

オフィス系ファイルが編集可能

 MADSMAには標準で「Office Mobile」を登載。ワード、Excel、PowerPointとビジネスで必須ともいえる3つのファイルがスマホ上で編集可能です。PC版のOfficeとも相性が良く、レイアウトなどがPC版で作成したものがほとんど引き継がれるので編集しやすいのがポイント。

11

 また、マイクロソフトが運営しているクラウドサービスの「OneDrive」との連携もバッチリ。PCで使用しているアカウントをMADSMAでも利用すれば、PCとスマホで同じOneDriveのストレージがシームレスに活用できます。

12

 もちろんGoogleアカウントも登録できるので、これまでGmailやGoogleカレンダーを使っていた人も、そのままアカウントを引き継いで利用できます。そのほかTwitterやFacebook、LINEといったSNS用の公式アプリも用意されています。メールやSNSでのメッセージングに関しては、ほかのOSから移動してきても問題なく利用できます。

今後のアップデートにも期待

 メールやSNSなどスマホが得意とする機能や、マイクロソフトのアプリやサービスとの連携などは申し分なしの「MADOSMA」。価格帯から考えるとスマホとしての機能は十分ですが、現状ではサードパーティーのアプリの充実度が低いため、今すぐiPhoneやAndroidスマホから置き換えてメイン端末として使うにはやや厳しい状況です。

13

 とはいえ、今後はWindows 10 Mobileへのアップデートも検討されているのもポイント。Windows 10 Mobileになると、キーボードや外部ディスプレーなどと組み合わせて、よりPCライクな使い方も可能になります。今後も見据えて、最新のWindowsPhoneを触ってみたいというユーザーにはオススメの端末です。

Pocket