SIM道場スペシャル

格安スマホ利用者の満足度調査が発表に(2015年5月・MMD研究所調べ)

Pocket

201505221

総合評価では全体で61.2%が「満足」と回答

「2015年5月格安スマホ利用者の満足度調査」がMMD研究所から発表になりました。
今回の調査内容は、利用者の多いMVNO5社が提供しているSIMを、スマートフォンで利用している合計1,250人(各250人)へ調査したとのことです。

調査対象のMVNO5社は以下のとおり。
・NTTコミュニケーションズ(OCNモバイルONE)
・インターネットイニシアティブ(IIJ mio)
・ビッグローブ(BIGLOBE LTE 3G)
・フュージョンコミュニケーションズ(楽天モバイル)
・日本通信(b-mobile)

結果として、格安スマホの満足度について質問したところ、総合評価で全体で61.2%が「満足」と回答。
格安スマホの購入時期のアンケートでは、2015年1月〜3月が21.8%と最も多く、次いで2014年10月〜12月が21.4%、2014年7月〜9月が12.8%という結果でした。

サービス別ではIIJ mio利用者の満足度が最も高く70.8%

その他、各サービスごとに、月額料金、音声通話品質、通信速度、データ容量、サポート・アフターケアサービスの充実度など計12項目の満足度について調査実施。

IIJ mioが、「初期費用」「月額料金」「音声通話品質」「通信の途切れにくさ」「通信速度」「データ容量」の6項目でもっとも満足度が高く、サービス別満足度では70.8%でトップでした。
b-mobile利用者では、「オプションサービスの充実度」「サポート・アフターケアサービスの充実度」「問い合わせ窓口/コールセンターの対応」「キャンペーンサービス」の4項目で最も満足度が高い結果。
BIGLOBE LTE 3G利用者では、「会員ページ/マイページの使いやすさ」「キャンペーンサービス」の2項目で最も満足度が高い結果。
OCNモバイルONE利用者では、「購入のしやすさ」の項目で最も満足度が高い結果、となりました。

ユーザーが重視している点は「月額料金の安さ」「通信速度の速さ」「現在の電話番号が引き継げること」に

今回の調査では、全体的に格安スマホの満足度は高いという結果になりました。
今年に入ってから、購入したユーザーが一番多いとのことで、格安SIM、MVNOの認知度が上がってきたといえるでしょう。
また、「今後、格安スマホを購入する際に重視する点」では『月額料金の安さ』が70%以上となっており、やはり価格の安さが一番の魅力となっていました。

今回の調査結果、格安スマホの利用者の声として購入、乗り換えの参考として役立ててみてはいかがでしょうか?

★掲載ホームページ(MMD研究所)
20155月格安スマホ利用者の満足度調査

Pocket