SIM速報

期待のVAIOスマホがついに発表!XperiaM2、Zenfone5と比較した結果・・・

Pocket

 昨年12月に日本通信とVAIO株式会社の協業が発表されて以来、詳細発表が期待されてきたVAIOスマホ。
途中「箱だけ」発表されていろんな意味で業界を震撼させてきましたが、とうとう本日「本体」の詳細が発表されました。

vaio_fur-20150312

 スペックについては事前にリークされていたものとほぼ変わりなく、いわゆるミッドレンジ端末となっています。
デザインはXperiaのそれとは大きく異なり、全体に丸みを帯びたデザイン。この辺りは好みもあるでしょうが、本体正面と背面に配された「VAIO」ロゴが旧来のVAIOフリークにはたまらない感じです。

スペック比較

 早速ライバルとなるミッドレンジ端末の中でも人気の高いZenfone5と、すでに約1年落ちとなってしまっていますが、現在入手できるミッドレンジXperiaであるXperia M2とスペックを比較してみました。

image

 

 比較してみた率直な感想は価格が高いということ。これでは世界のライバルと戦うのは厳しいと思います。
近日日本市場にも投入されるであろうZenfone2は最高位モデルでも約35,000円。スペック的な価値からするとVAIO Phoneの48,000円はかなり割高です。(購入時は別途初期手数料3,000円が必要)

日本通信のプランは?

 日本通信はVAIO Phoneで利用できるプランとして「高速定額プラン」と「ライトプラン」の2種類を用意しています。
 高速通信プランは通信速度も通信量も無制限で1,980円/月、ライトプランは速度無制限、通信量1GB/月で980円/月となっています。
どちらも音声通話付きプランとのことですので、他者と比べてもかなりお得なプランとなっています。

実効速度が上がってる!

 かねてより回線品質・実効速度についてはあまり評判がよろしくなかった日本通信ですが、今回の発表を受けて再度回線速度を計ってみたところ、驚きの結果が。
都内某所のいわゆるオフィス街で午前11時ころと午後2時ころそれぞれ数回ずつ計測しましたが、下りが概ね15Mbps〜23Mbps、上りが15Mbps~20Mbpsとかなり快適。
私が過去に計測した時はこんなに早かったことがなかったので、今回の発表に先駆けてかなりの設備増強を行ったと思われます。

まとめ

 一言でいうと「VAIOであることにどれだけの価値を感じるか」だと思います。
機能的な面だけで言えば、もっと安くて同じくらいもしくは高性能な機種はあります。
Xperiaも日本のSIMフリー市場への参入を匂わせていますし、そのほかの海外勢もかなりのペースで新機種を投入してきています。
 そんな厳しい環境の中、VAIOブランドで新規参入してきたVAIO株式会社とそれを支える日本通信。個人的には応援していきたいと思います。

 

日本通信VAIO Phoneページhttp://www.bmobile.ne.jp/vaio/index.html

Pocket

狭間しむを
携帯電話会社の中の人。 新しい物・ガジェットとアウトドア好き。 最近のブームは登山と格安スマホ。 好きな言葉は「SIMフリー」。 「さしかえたっていいじゃないか。しむふりーだもの。」しむを