SIM道場スペシャル

もともと格安な料金がもっと割安に! 今話題の「光コラボ」をチェック

Pocket

ケータイと固定回線をセットで契約すると割引を受けられる、「セット割」が注目を集めています。もともとはauが「auスマートバリュー」として展開していたサービスですが、新たにNTTグループも参入。「ドコモ光」がその代表例で、ドコモとしては光回線の販売に事業を広げたことになります。

光回線の販売やセット割を始めるのは、ドコモだけではありません。元々プロバイダ事業を行っていた各社も、光回線の販売を近い時期に開始します。モバイルと光回線のセット割引を始めるMVNOも現れました。

各社が光回線の販売を開始できたのは、NTT東西が「光コラボレーションモデル」を開始したためです。今回は、この光コラボを活用した、お得なMVNOのサービスを紹介していきます。

P1280035

 

そもそも光コラボレーションモデルって何?

NTT東西が回線を卸売りする、固定通信版のMVNO

光コラボレーションモデルとは、もともとNTT東日本、NTT西日本がサービスを行っていた光回線を、卸売する仕組みのことです。

従来は、ユーザーが直接NTT東西と契約してサービスを受けていました。ただし、回線だけではインターネットに接続できません。インターネットとNTT東西の間をつなぐ役割を担っていたのが、プロバイダになります。今までは、固定回線とプロバイダを別々に契約しなければ、インターネットにつなぐことができなかったのです。

これに対し、光コラボでは、NTT東西が各事業者に回線を卸売します。卸売された光回線は、買った事業者が独自のブランドをつけ、ユーザーに再販することができます。

 

そのため、ユーザーからは、様々な事業者が光回線を提供しているように見えるわけです。

プロバイダが光コラボを利用してサービスを行えば、今まで別々だった提供元が一本化されるメリットもあります。ユーザーは、回線とプロバイダを別々に契約する必要がなくなり、手間が1つ減ることにもつながります。
20150210-1
また、プロバイダ以外でも、光回線を自社のサービスに生かせる事業者が、続々と参入してくることが予想されています。

既存のユーザーが利用する「転用」の仕組みも

とは言え、NTT東西のフレッツ光は1700万回線を突破しており、すでに利用中のユーザーは非常に多くなっています。モバイルとは異なり、一家に1回線ずつ引かれることが一般的なため、実際の利用者数はこの何倍にもなるはずです。

こうした既存のフレッツ光ユーザーが、新たに始まったサービスに乗り換えたいときに使えるのが「転用」と呼ばれる仕組みです。

転用とは、サービス提供元をNTT東西から光回線の卸を受けた事業者に切り替えること。新たに、物理的なケーブルを引き直す必要なく、事業者を変更できるのがメリットです。

実際には切り替え工事があるものの、サービス提供元の名義だけを変更するのに近い仕組みと言えます。

20150210-2
光回線だけでなく、それに付随する「ひかり電話」などのサービスも転用することが可能です。転用を使えば、特に複雑な手続きは必要なく、光コラボの事業者に乗り換えられるというわけです。料金が安くなるなどのメリットがあれば、使わない手はないでしょう。

ただ、現時点では一度転用してしまうと、再転用ができなくなっています。つまり、モバイルのMNPのように、グルグルと自分に合った事業者を回ることはできません。一度転用したあとの契約変更は、いったん解約する必要が出てくる点には注意しましょう。

MVNOとの「セット割」に要注目

家族セットで3回線1万円ポッキリなU-mobileや、600円引きのIIJmioは要注目

光コラボを活用すれば、MVNOも光回線の事業者になれます。モバイルでドコモなどから回線を借り、サービスを行っているのに近いことが、固定回線でもできるというわけです。

固定とモバイルをワンストップで提供できれば、新たなサービスの展開や解約の抑止にもつながるため、MVNO各社も続々と光コラボに参入しています。

中でも注目したいのが、U-mobileを提供するU-NEXT。U-NEXTは、2月1日から「U-NEXT光コラボレーション」を開始し、それに合わせてU-mobileとのセット割を行っています。

セット割の名称は、「スーパーファミリーバリュー」と「U-NEXT光&スマホコラボレーション」です。

前者のスーパーファミリーバリューは、光回線とLTE使い放題プランをセットで契約すると、お得になるサービス。モバイル3回線と光回線のセットで、ちょうど1万円という分かりやすく、かつリーズナブルな価格が魅力です。

スーパーファミリーバリューのモバイルは、2回線から5回線まで適用され、1回線増えるごとに2000円かかる仕組みです。逆に、モバイルが2回線でよければ、8000円で契約することができます。

P1280041

 

とは言え、家族の中でU-mobileを使っているユーザーが1人だけということもあるでしょう。

その際には、U-NEXT光&スマホコラボレーションが適用されます。光回線がマンションタイプで、LTE使い放題プランを選んだ場合、料金は5160円。個別に契約するより、500円安くなります。

また、1回線の場合は、モバイル側がLTE使い放題プラン以外でも割引が適用されます。3GBプランだと200円、1GBプランだと100円、2段階制のダブルフィックスプランだと50円から100円の割引を受けられるのが特徴です。

zu1

  セット割引の価格的にインパクトが大きいのが、IIJmio。3月2日にIIJが光コラボを活用して始める「IIJmioひかり」とセットで契約すると、「mio割」が適用され固定回線から600円の割引を受けることができます。

zu2

 

こちらは、家族で複数回線契約しても割引額が変わらないのがデメリットと言えますが、逆に1回線での割引率は非常に高くなっており、気軽に利用できます。

たとえば、月2GBの「ミニマムスタートプラン」であれば、実質、月額料金は300円になります。固定回線から引かれるため、モバイル側の料金は900円のままですが、IIJmioユーザーなら光回線を乗り換えるメリットは高いと言えるでしょう。

OCNは最大5回線まで200円引き、ビッグローブやニフティも

MVNOでトップシェアを誇るNTTコミュニケーションズのプロバイダであるOCNも、光コラボに参入して、「OCN光」を開始しました。

これまで、OCNはプロバイダとMVNOの「OCNモバイルONE」をセットで契約すると200円割引になるサービスを提供していましたが、この対象をモバイル5回線に拡大。最大1000円の割引を受けられるようになりました。

 

同様に、プロバイダとしてサービスを行っているMVNOは、ほとんどが光コラボを使ったセット割に踏み切っています。

ほかにも、たとえばビッグローブが「ビッグローブ光」を始め、モバイルサービスとセットだと200円の割引を受けられます。こちらは、もともとプロバイダとモバイルのセットで200円割引を受けられたため、それを継続したと考えればよさそうです。

このように、ドコモ、au、ソフトバンクだけでなく、光コラボを活用した割引サービスは、MVNOにも広がりつつあります。

元々格安だった料金が、さらにお得になるチャンス。これを機に、モバイルだけでなく、固定の回線を見直してみるのもいいかもしれません。

Pocket