SIM入門

シニアでも安心! これからの格安スマホは「かんたん操作」がトレンドに?

Pocket

2014-12-22zf00

 

SIMフリースマホの低価格化が止まりません。

いや正確には、各社共エントリークラスのラインナップが充実してきたと言えるでしょう。国内ではXperiaやAQUOS、ARROWSなど、海外ではGoogleの「Nexus 6」や、Huaweiの「Asend Mate 7」など、キュンキュンの高速CPUにメモリ山盛り、ディスプレイも大き目! という高スペックなスマホがよく話題に上ります。
一方で、そこそこスペックで日常用途には十分。という「程よく」と詰め込んだ機種も海外から次々と国内に入ってきています。

それらは格安スマホとして、MVNOの格安SIMとセットになったプランで多く見かけます。需要は大きく分けて2種類。
ひとつは「その道に詳しい、コストパーフォーマンス重視派」へ。
そしてもうひとつは、「スマホは気になっているけど、自分が使いこなせるか…」という不安を抱いているユーザーへ。

格安スマホってちょっと玄人向けなところがありますが、実はシニア層への需要も高いんです。そう…、お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんもスマホに興味津々だったんです。そこにいち早く気づき、イオンブランドでの販売をスタートしたイオンスマホの功績はやはり偉大です。

そんなユーザーニーズを汲み取り、最近のエントリークラスのスマホには「簡単に使えるインターフェースを備える」という新たなトレンドが生まれました。

「簡単モード」でシニア層のハートを狙い撃ち

2014-12-22zf01

シニア層でも使いやすく、ライトユーザーが戸惑わないためには?
その答えは、UI(ユーザーインターフェース)を分けるという方法でした。
ASUS製のエントリーモデル「Zenfone 5」(トップ画像)では、「簡単モード」というホーム画面に切り替えられます。このモードに切り替えることで、ホーム画面には利用頻度の高いアプリのみ表示され、スマホをよりシンプルに使えるようになります。

2014-12-22zf02

「連絡先」アプリなどもフォントが大きく見やすくなり、アプリリストもフィーチャーフォンライクな、縦スクロールのリスト表示化に変化します。これなら初めてスマホに触れるというシニア層でも、安心して利用できるのではないでしょうか。

なお、現在Zenfone 5をセット端末にしているMVNO事業者は以下のとおり(2014年12月末)。

・楽天「楽天モバイル」(8GBモデル)
http://mobile.rakuten.co.jp

・nifty「NifMo」(16GBモデル)
http://nifmo.nifty.com

・hi-ho「hi-ho LTE typeD」(16GBモデル)
http://home.hi-ho.ne.jp/hihomobile/lte/d/

 

Zenfone 5はASUSのオンラインショップでも購入することができるので、すでに格安SIMがあるという人はこちらを選んでもいいでしょう。この場合の価格はは2万8,944円(16GBモデル)から。なお、2015年1月31日までの間にASUSオンラインショップで購入すると、IIJmioの音声通話パックが付いてくるというキャンペーンも展開していますよ。

2014-12-22zf03

簡単なインターフェースに切り替えられるのはZenfone 5だけではありません。先日Huaweiから発売された、同じくエントリークラスのスマホ「Ascend G620S」も、簡単で使いやすい「SIMPLE UI」へ切り替えられます。

このAscend G620Sは2万円代前半という、コストパーフォーマンスが光ります。現在のところこの端末をセット販売しているサービスはごくわずかですが、今後さまざまなMVNO事業者から、SIMとセットで販売されるのではないでしょうか。

 

何でもできる。ではなく、あえて機能を絞って、シンプルに。これもまたユーザーを見据えた進化です。今後はどのメーカーも、これまでスマホを使っていなかった層へのアプローチとして、シンプルで簡単なインターフェースを搭載してくることでしょう。

使えるか不安。でもスマホには興味がある。

もし両親や身内の方がモヤっと悩んでいたら、安く使えて画面も簡単。そんなMVNOの格安スマホという選択肢を提示してみてはいかがでしょうか。

ただし、格安スマホはキャリアと違って窓口でのサポートが期待できません。導入の際はちょっとだけ、あなたのガイドが必要になることを覚悟しておいた方が良いでしょう。検討を祈ります!

【Zenfone 5】
http://www.asus.com/jp/Phones/ZenFone_5_A500KL/

【Ascend G620S】
http://consumer.huawei.com/jp/mobile-phones/features/g620s-jp.htm

Pocket