SIM入門

Chromeを使ってデータ通信量を半分に節約する!

Pocket

 毎月の通信費を安く抑えられる格安SIMですが、高速で使用できる通信量は低価格のコースだと毎月1GB〜2GBと少なめ。もちろん高速での通信量をオーバーしても、200kbpsなどの制限された速度で通信でき、さらに高速データ通信のチャージも可能です。

 とはいえ、せっかく格安で運用している回線なのだから、追加料金を払うのはもったいない。そこで、データ通信量の節約テクが有効となります。

 今回のオススメは、ウェブブラウザーの『Chrome』を使ったテク。Chromeにはデータ圧縮機能が搭載されているので、機能をオンにするだけで、50%前後ものデータ通信量を削減できます。

 まずは下記のリンクからChromeをインストールします。

Chrome/iOS版

Chrome/Android版

データ圧縮機能を使ってみよう!

●iOSでの設定方法

1、画面右上のボタンからメニューを呼び出して、「設定」をタップ。

no title

2,「帯域幅」→「データ使用量を節約」と進む。

no title

no title

3,「データ使用量を節約」をオンにすれば準備完了。

no title

●Androidでの設定方法

1、画面右上のボタンからメニューを呼び出して、「設定」をタップ。

no title

2、「データ使用量を節約」をタップ。

no title

3、「データ使用量を節約」をオンにすればオーケー。

no title

1ヵ月で約54%も通信量を節約!!

 設定はこれだけとカンタンです。設定すると、どれくらい圧縮して通信しているかがグラフで表示されますが、私の場合、1ヵ月間で約54%ものデータ削減に成功しています。

 このデータ圧縮機能は、Googleの専用プロキシサーバーを経由してデータのやりとりを行なっています。つまりGoogleがスマホやタブレット用にちょうどいいサイズに変換したデータだけをダウンロードして表示しているわけです。

 データサイズが小さくなれば、そのぶん読み込み時間も早くなるのでサクサクと表示できるのもポイント。圧縮されたデータと言っても、画像などはほとんど気が付かないレベルなので、閲覧には問題なしです。

 スマホやタブレットで使うウェブブラウザーを『Chrome』に切り替えるだけなので、ウェブブラウザーでPCサイトをチェックする機会の多いユーザーにはオススメのテクですよ。

no title

Pocket