格安SIM比較

au回線を利用したMVNO第2弾!UQモバイルが来るぞ!!

Pocket

現在販売されている格安SIMは、ケイオプティコムのmineoとワイモバイル以外すべてdocomo回線を利用しています。
前々からauやソフトバンク回線を利用したMVNOの拡大は期待されていましたが、とうとうUQモバイルの詳細が発表されました。
オンラインと家電量販店などで販売され、発売日は12月18日とのこと。
main_visual02

運営しているのはKDDIの子会社

UQモバイルを運営しているのはKVE(KDDIバリューイネイブラー)とOVE(沖縄バリューイネイブラー)の2社で、どちらもKDDIと沖縄セルラーの子会社です。
つまりKDDIが自ら始めたMVNOで、回線はもちろんau回線。mineoに続いてau回線を利用する2社目のMVNOとなります。

プランは2×2の4種類

用意されているプランは通話あり/なしと、データ通信高速2GB/低速無制限の各2種類の組み合わせで実質4種類です。

 

料金

音声通話

通信量

最大通信速度

データ高速+音声通話

1,680円

2GB

150Mbps

データ無制限+音声通話

2,680円

無制限

300Kbps

データ高速

980円

×

2GB

150Mbps

データ無制限

1,980円

×

無制限

300Kbps

高速通信プランは2GBまでは最大150Mbps、超過後は200Kbpsで、無制限のプランは300Kbpsですが通信量は無制限です。
ただし、直近3日間で1GBを超える通信を行った場合は無制限プランも規制対象になる場合があるらしいです。
また、高速プランで2GB以上の通信を利用できるいわゆる「容量追加」サービスは当面提供されないとのこと。

スマホも同時購入可能!

UQモバイルはスマホとの同時購入プランも用意されています。
対象機種は京セラ製のKC01とLG製のG3Beatの2機種が選べて、分割での購入も可能。
それぞれのスペックは下記の通り。

京セラ製 KC01
kc_01_black_img1

販売価格:29,760円(1,240円×24回分割も可)

image

LG製G3Beat

image

販売価格:34,800円(1,450円×24回分割も可)

image

京セラのKC01は画像が入手できませんでした・・・・・・。
立ち位置としては京セラが廉価版、LGのG3Beatがフラッグシップですね。
G3Beatは先に販売されているG3のサイズ縮小版で、スペックは同等とのことです。

例のあれは・・・・・・?

iPhone6発売直後に話題になった、mineoでiOS8端末通信できない問題。
検証しようと思ったのですが、今回UQモバイルから発売されるのはmicroSIMのみで、iPhone5以降で採用されているnanoSIMは販売されないとのこと。
事実上iPhone5以降への対応はされないようです。
ただ、やっぱりiOSへの対応状況は気になりますので、UQモバイルSIMを入手次第、iOS8のiPhone4Sにて検証することにします。

まとめ

●au回線を利用できる2社目のMVNO、UQモバイルが12月18日に発売
●プランは4種で使い放題プランもあり
●端末セットもあり
●iOS8対応は今のところ不明

てなかんじです。auの中古端末は全体的にお安いことが多いので、中古端末狙いの方にとってはいい選択肢かもしれません。

Pocket

狭間しむを
携帯電話会社の中の人。 新しい物・ガジェットとアウトドア好き。 最近のブームは登山と格安スマホ。 好きな言葉は「SIMフリー」。 「さしかえたっていいじゃないか。しむふりーだもの。」しむを