SIM×デバイス指南

実はすごく安く手に入る「隠れSIMフリー」のモバイルルーター

Pocket

2014-12-03ru00

中古でもいいなら2,000円台から。

最近のMVNO SIMは、ほぼdocomoのMVNO(「mineo」だけはauの回線を使っています)。そのため基本的にはSIMフリー端末かdocomoの端末が必要となります。これはスマホでもモバイルルーターでも同じですが、モバイルルーターにはちょっとした抜け道があるんです。

それが過去にイー・モバイル(現Y!mobile)から発売された、一部のモバイルルーター。販売はイー・モバイルですが、なんとSIMで使うことができる「隠れSIMフリー」なルーターなんです。でも当然非公式。

 

最新機やdocomo中古と比べてどのくらい安いのか?

最近はモバイルルーターも豊富です。また、市場には中古品も多く、わざわざ隠れSIMフリーを探さずともdocomoのモバイルルーターも多く見かけられます。そんな中でなぜわざわざイー・モバイルを? と思いますよね。

タイトルにもありますが、その理由は『安さ』です。我が家では両親がiPadを持ってお出かけする用として、モバイルルーターを用意したかったんです。でも、そんな極稀にしか使わない物に、高額出費はノーサンキュー。とは言え、モバイルルーターって意外と高いんです。

2014-12-03ru02

「AtermMR03LN」はNECのSIMフリーのモバイルルーター。新品だとこんなお値段。両親がたまに使うためだけに、この出費は辛いものがあります。ごめん無理。

2014-12-03ru032014-12-03ru04

だったらdocomoの昔のヤツをヤフオクで……。と思って調べてみたら、初期型の「L-09C」でもこんな感じ。程度によりけりですが6,000円〜7,000円といったところでしょうか。まだ高い。

ではGL01Pは? というと、

2014-12-03ru05

こんな感じとなっています。およそ2,000円〜3,000円ですね! たまに使えて外でiPadできればいい。という程度だったらこれで十分でしょう!

激安GL01Pで本当にSIMフリーで使えるのか?

2014-12-03ru06

さて、当然ながら購入した状態では当然ながら利用できません。挿入するMVNO SIMに合わせてプロファイルを書き換える必要があります。Wi-Fiで端末と接続後、管理ページにログイン。MVNO SIMのAPN情報を追加します。

2014-12-03ru07

GL01Pは通常サイズのSIMカード。しかし手持ちはmicroSIMカードだったので、SIMカードサイズ変換トレイを利用してSIMをセットしました。なお、変換トレイを利用する際のコツとして、薄めの両面テープでトレイとSIMカードを接着しておくと、中で引っかかって取り外せなくなった! ということを防げます。

2014-12-03ru08

そして電源を入れると点灯するIIJmioの文字。わずか2,000円でSIMフリーのモバイルルーターゲットです。

安い!でも内包している2つの弱点

1.LTEは、ほぼ利用不可!

今まで「イー・モバイルのヤツ」ということを解説してきましたが、気をつけなければいけない点があります。それは「LTEはほぼ使えない」というところ。

GL01PはLTE対応のモバイルルーターですが、初期イー・モバイルのバンドである1.7Ghz帯しか接続できないのです。docomoの1.7Ghz帯は非常に狭く、都市部(東名阪)にエリアに限られているため、LTE時代まっただ中の昨今でも、基本は下りも上りも数Mbpsの3G接続が主力となるでしょう。また3Gと言っても800MhzのFOMAプラスエリアには対応していないので、その点にも注意が必要です。

我が家の場合はたまにしか使わないですし、旅行先でiPadできればいいくらいなので、その辺りは割り切って購入しました。

2.完全SIMフリーモデルが手に入るとは限らない

これが厄介なんです。GL01Pをはじめとする初期イー・モバイルのモバイルルーターにはいくつかSIMフリー動作するものがあります。現在報告されている物は、下のとおり。

    • GL01P
    • GL02P
    • GL04P
    • GL06P

注意点としてこれら隠れSIMフリーな端末たちも、イー・モバイルで販売されたものではなく、プロバイダ経由で販売された端末では、SIMフリーでない場合もあるようです。ご注意ください。中古で購入する場合は、前オーナーがMVNO SIMで利用していたか? を確認しておいた方が間違いないでしょう。

イー・モバイルのモバイルルーターをdocomoのSIMで使うという、この裏ワザ。3Gが主力だったり購入時に博打要素があるなど、やや上級者向けのテクニックとなります。

しかし、Wi-Fiタブレットやゲーム機を外で使いたい! という場合。もしくはテザリングでメインスマホのバッテリーを消耗させたくない! という場合には高いコストパフォーマンスを発揮してくれるのではないでしょうか。

でも、最初にも言いましたが非公式な使い方なのでご留意を。

Pocket