SIM×デバイス指南

コヴィアから9,900円でデュアルSIM対応の「FLEAZ F4s」発表

Pocket

FLEAZ F4s

コヴィアから1万円を切る9,900円で「FLEAZ F4s」を2014年12月10日に発売すると発表がありました。
4.0インチ小型サイズながら、クアッドコアプロセッサ 1.2GHzを搭載、そしてデュアルSIM対応という「FLEAZ F4s」。
エントリーモデルとして、サブマシンとして魅力的なこの端末。さっそく詳細を見ていきましょう。

W-CDMA×2のデュアルSIMに対応!

「FLEAZ F4s」の大きな特徴として、デュアルSIM対応が挙げられます。
標準SIMサイズ用スロットとmicroSIMサイズ用スロットを搭載し、このどちらの回線もW-CDMA規格に対応。
デュアルSIM対応端末は、いままでにも存在していましたが「FLEAZ F4s」では、2枚のSIMで同時待ち受けが可能になっています。
本体に同時に2種類のSIMをセットすることで、例えば、今使っているキャリアのSIMカードと、格安のデータ専用SIMを同時に使用することができます。フューチャーフォンユーザーでも、電話番号そのままでスマートフォンに乗り換えることができるわけです。
もちろん、片方に音声付格安データSIM、もう一方に格安データ通信SIMという使い方や、両方のスロットにデータ用の格安SIMを2枚挿しして容量や速度など利用シーンで2つのSIMを切り替えたり、というようなこともできます。

2つのSIMの切り替えには、FLEAZ専用のSIMスケジューラーアプリを使うことで、アイコンをタップすることで切り替える「マニュアル」、指定したタイマー時間で切り替える「オート」、曜日と時間を指定して切り替える「スケジュール」の3つのモードから、切り替えタイミングを設定できるとのこと。

通信方式は3G W-CDMA (2100/800MHz)、GSM(850/900/1800/1900MHz)ですので、FOMAエリアとFOMAプラスエリアにも対応。
LTEには非対応というところは要注意です。

準天頂衛星(QZSS)の「みちびき」に対応

デュアルSIM以外の注目点として、
・日本のGPSにあたる準天頂衛星システム“QZSS(みちびき)”に対応。実証実験段階ながら現在のGPSよりも高精度な衛星測位が可能に。
・Wi-Fi テザリング機能、Bluetoothテザリング機能 搭載。
・バッテリー取り外し可能。バッテリーパックのみの単体販売も。

メモリが512MB、ストレージが4GB、メインカメラ200万画素は、他の最新端末と比べるとちょっと物足りませんが、9900円という価格を考えれば充分といえますね。
年末年始にスマホデビューを考えてる人には、注目の一台になりそうです。

詳細スペックは下記の表をご確認ください。

FLEAZ F4sspec

Covia公式サイトはこちら:http://www.fleaz-mobile.com/f4s/index.html

Pocket