SIM速報

ビッグローブとイオンスマホが11月から通信容量大幅アップ!

Pocket

profile

  ビッグローブは2014年11月1日から、「BIGLOBE LTE・3G」の月間通信容量が、お値段据え置きで各コース増量すると発表しました。
 また、これを受けて「BIGLOBE LTE・3G」サービスを利用している「イオンスマホ」も同様に増量となります。

「ライトSプラン」なら1,505円で月間通信容量が2.5倍の5GBに

 「ビッグローブ」のサービス改訂から見ていきましょう。

141023-a

 月額900円(税別)の“エントリープラン”は1GBから2GBに、月額1,505円(税別)の“ライトSプラン”は2GBから5GBに、さらに月間通信容量が最大の“スタンダードプラン”では7GBから10GBとそれぞれ大幅に拡大されます。
 また、直近72時間の通信量が、エントリープランでは360MB以上、ライトSプランでは600MB、ライトM/スタンダードプランでは1GB以上で通信速度制限がかかる場合があると発表されています。

 この中でオトクに感じるのは“ライトSプラン“ですね。お値段そのままで2.5倍アップの5GBは魅力です。

「イオンスマホ」はセット端末などサービスは変わらず容量が2.5倍に

 「イオンスマホ」の場合、LTEに対応した「ALCATEL ONETOUCH」IDOL 2 S端末利用者は、月間通信量が現状の2GBから5GBにアップされます。
 現在利用者は、基本料金など変わらずそのままで通信量が2GB → 5GBに引き上げられます。

いおすま

「イオンスマホ」は通信量個別サービスがありませんので、端末代金と合わせて、月間通信量5GBで2,980円(税別)という判りやすい値段設定になっています。

各社出揃ったサービス容量アップ。今後はどうなる?

 10月に入ってから、IIJmio、OCNモバイルONE、b-mobileなど、各社通信量のアップを発表してきました。今回のビッグローブの発表もこれに追従する形となりました。
 中には「ぷららLTE」のように通信速度を3MBに落とす代わりに月間通信量を無制限という、他社と差別化を図るサービスを始めるところも出てきています。

 今後も、容量アップ合戦が繰り広げられるのか、または通信量無制限を行なうサービスが増えてくるのか、格安SIMユーザーとしてはとても気になるところです。
 ぜひとも各社しのぎをけずってもらって、さらなる通信量アップを期待したいですね!

Pocket