SIM×デバイス指南

超期待の新製品!Nexus6がついに発表されたぞ!!

Pocket

N6-hero-1600

 先月のiPhone6、今月のXperia/Galaxyに続いてSIM道場的大注目デバイス、Nexus6が日本時間の10月16日未明についに発表されました。
Nexusシリーズといえば、android OSのフラッグシップ機として常に最新のOSが提供され、またいち早くキャリアモデルからの脱却を図り、全世界に向けてSIMフリー版を売り出したことでも有名です。

 今でこそ家電量販店などでもSIMフリー端末が買えるようになっていますが、ほんの一年前、Googleの公式オンラインストア(Google Play)でだれでも気軽にSIMフリーの高性能スマホが買えるようになったことは大きな一歩でした。

 というわけでSIMフリー市場のパイオニアともいえるNexusシリーズの新商品、Nexus6について、超簡単に特徴をお伝えします!

Nexus6はざっくりいうとこんな商品

6インチのめっちゃきれいなディスプレイ

 iPhone6が4.7インチ、iPhone6 Plusが5.5インチなので大きいと話題のiPhone6 Plusよりさらに0.5インチ大きい画面です。
私個人は現在iPhone6 PlusとNexus5を使っていまして、大きいことはいいことだと思っているクチですが、正直6インチにはドキドキです。どうなんだろう。

3機種ver
とりあえずNexus5・iPhon6 Plus・知人のXperia Z Ultra(6.4インチ)と。
Nexus6はiPhone6 PlusとXperia Z Ultraの間のサイズです。

これがうれしい!ちょっとの充電で結構使える。

 個人的にはこれがかなり嬉しい機能なんですが、15分の充電で最長6時間使用でき、フル充電すると24時間以上連続使用可能とのこと。
Nexus5も、それより前の機種に比べれば電池の心配は少ないですが、やっぱりモバイルバッテリーは手放せていない現状。Nexus6はさらに安心して使えそうです。

結構いい感じのカメラ

iPhone6が800万画素、最新のXperia Z3が2070万画素に対してNexus6は1300万画素。必要十分といったところでしょう。加えてF2.0のレンズとのことなので暗いところでも明るい写真が撮れそうです。

Nexusですもの。最新のAndroid5.0搭載

 全世界のスマホの約85%を占めるAndroid OS。OSがバージョンアップされた場合、端末メーカーがアップデートに対応する必要があるため、「新バージョンが発表されても自分の端末には入れられない・・・。」という事がおこります。
その点NexusシリーズはGoogleが公式にフラッグシップとして販売している端末ですので、常に最新のOSが提供されます。
 もちろん今回も、最新のAndroid5.0(コードネームlollipop)を搭載。

そのほかの特徴

 そのほかの特徴をまとめると……
1.頭がよくて動きが速い。(CPU:Qualcomm SnapdragonTM 805 – クアッドコア 2.7 搭載)
2.同時に複数のことをやらせることができる。(マルチタスク対応が向上)
3.防水
4.NFC対応
といったところでしょうか。
ソース:MOTOROLA

気になるのはSIMフリーモデル!

対応バンドは・・・。

 今回のNexus6にはアメリカ版とグローバル版がありますが、日本市場に投入されるのはグローバル版だと思われます。
そしてグローバルモデルの対応バンドは下記の通り。

GSM/GPRS/EDGE (850, 900, 1800, 1900 MHz)
WCDMA (1, 2, 4, 5, 6, 8, 9, 19)
LTE (1, 3, 5, 7, 8, 9, 19, 20, 28, 41)
CA DL (B3-B5, B3-B8)

 これをざっくりいうと、auのプラチナLTEは使えない、1500Mhz帯は使えない、それ以外は大体使える。ということです。
加えて最近話題のキャリアアグリゲーション(CA)にも対応しており、組み合わせ的にはソフトバンク/ワイモバイルが使用している4G(AXGP)と1.7Ghz LTEの組み合わせのみが使用可能です。

まとめ

●画面きれい
●充電早い
●ちょっといいカメラ付き
●OSが常に最新
●SIMフリーモデルはau回線以外なら大体使える(と思われます)

以上、本日発表されたNexus6の特徴まとめでした!!

参考:GoogleMotorola

Pocket

狭間しむを
携帯電話会社の中の人。 新しい物・ガジェットとアウトドア好き。 最近のブームは登山と格安スマホ。 好きな言葉は「SIMフリー」。 「さしかえたっていいじゃないか。しむふりーだもの。」しむを