SIM入門

月々のデータ容量1GBで、なにが出来るかを調べてみた

Pocket

image

 各社で違いはありますが、一部例外を除き、格安SIMは1ヶ月に使用できるデータ容量が決まっています。
 決められた容量を超えてしまうと、速度規制が掛かる仕組みがほとんど。

 ムダなパケット消費を抑えて、賢く使いこなそう……とは分かっていても、気になる動画やハマってるスマホゲームに熱くなって、また今日もパケット使いすぎちゃった!となってしまうのは良くあるケースです。
 ということで今回は、データ容量(1GB)でどれだけのことが出来るのかを、各アプリの消費通信量を見ながらチェックしてみました。

思っていたより色々な事が出来る

 まずは、ホームページ閲覧、メール、地図という定番の使い方から見ていきましょう。
 「スマホ版yahoo」のトップページがだいたい250KBとのこと。これを1GBで換算すると…約4300ページ分になります。
 1日平均150ページのホームページを閲覧すると1GBになる計算。もちろん画像の多いページになるとこれよりもっと減りますが、通常のページブラウジングだったら問題ないと言っていいでしょう。

 次にメール。こちらは300文字程度のテキストで5KBになる計算ですので、1GBだとなんと20万通
 メールや掲示板などの文字中心のサービスは通信量がかなり抑えられるので、格安SIMでもどんどん活用しちゃいましょう。

 地図検索となると、GoogleMapの1回の検索(東京23区内のデータ)で約750KBとのことで、ホームページやメールを見るときよりは、だいぶ通信量が上昇します。それでも1GBあれば1400回使えますので、これも問題ナシでしょう。

やっぱり動画はキビシイ!

 通常の使い方をしていると「1GB」もあれば、余裕!という気がしてきました。
 ただ、やっぱりスマホを持ったからには、動画や音楽も楽しみたいもの。外出先でもYouTubeやニコニコ動画を満喫できるのはスマホならでは。
 ところが動画再生となると、パケット消費量も跳ね上がる結果に。
 YouTubeモバイルの5分間の動画(解像度360p)を再生すると、約11MBのデータサイズに。これだと95回再生、時間にすると500分で1GBに達することになります。
 毎日30分の利用でも半月ちょっとで容量オーバーに…。外出先での動画鑑賞は控えめにするのが賢いようです。

大人気パズルゲームは格安SIMにも優しかった

 スマホゲームで大人気のパズル&ドラゴンズ、通称パズドラ。もちろん格安SIMでもプレイできます。
 アニメーションも滑らかだし、エフェクトも派手だし、通信量もなんだか大きそう。…と思ったのですが、1チャレンジ分はわずかの50KB。ゲーム再起動のお知らせ・メールなどで150KB。ガチャ1回で30KBとかなり少ないとのこと。
 ただし、アプリ本体のダウンロードで約50MB、初回起動のデータインストール時に約80MB掛かります。セットアップに必要なデータを一気にダウンロードして、通常プレイ時の通信は、抑えられている仕組みになっていました。
 新しいダンジョンやコラボイベントなどのアップデートのときはWi-Fiを利用しましょう。

 そのほか、麻雀や将棋などのインターネットを通して他のプレイヤーとのやり取りがあるゲームでは、その都度、通信が行われるので注意が必要です。

 

 今回の結果から、インターネットやメールなどは1GBでも充分ということが分かりました。外出先でも動画や音楽配信をガンガン楽しみたいユーザーは公衆無線LANが付いた格安SIMを利用するなどして、快適なSIMライフを過ごしましょう!

Pocket

狭間しむを
携帯電話会社の中の人。 新しい物・ガジェットとアウトドア好き。 最近のブームは登山と格安スマホ。 好きな言葉は「SIMフリー」。 「さしかえたっていいじゃないか。しむふりーだもの。」しむを