SIM×デバイス指南

ホントに7インチか!?MediaPad X1 7.0が持ち歩きタブレットに最適な件

Pocket

今回はHuaweiから発表され近日発売予定のMediaPad X1 7.0をお借りする機会がありましたのでレビューします。

(発売前の検証機なので実際発売される端末と異なる場合がございます)

DSC07514

まずはスペックと見た目をチェック

寸法

高さ 183.5mm
103.9mm
厚さ 7.18mm
重さ 約249g

対応周波数(bandは筆者が書き加えただけなので間違えている可能性があります)

LTE 2100/1800/800MHz(band1,3,19)
W-CDMA 2100/850/800MHz(band1,19,6)
GSM 850/900/1800/1900MHz

SIM道場としてはどの周波数が対応しているかかなり気になるとことですが、スペックだけを見るともしかするとband3のワイモバイルのLTE電波を拾えるスペックかもしれません。

あと最初MediaPad X1 7.0を見て驚いたのが本体のサイズ。寸法からは想像できない小ささです。

 

DSC07521

左がMediaPad X1 7.0で右が6.4インチのXperia Z Ultra(私物)
Xperia Z Ultraとほぼ変わらない大きさでディスプレイが7インチ。今までの7インチタブレットの常識を覆すサイズだと感じました。これなら持ち運んでもいいと本当に思いました。

ちょっと変わったハードウェア

 最初からかなり好印象のMediaPad X1 7.0をもう少し細かく見ていきましょう。

 

名称未設定

 

横から見て右が上辺なのですが、上のトレイがmicroSD、下のトレイがSIMトレイとなっています。どちらもピンがないと挿入することができないタイプで、microSDもピンが必要なトレイは個人的には初めて見ました。

ソフトウェア面をチェック

 最近発売される機種の中では少し古いAndroid4.2.2のJelly Beanです。

Screenshot_2014-08-22-19-35-11

まぁ海外ではすでに販売されている機種なので仕方がないかもしれませんが、4.4にしてほしかったですね。

 

そしてHuawei特有のEmotion UIはこの機種でも健在です。

Screenshot_2014-08-25-12-54-49

 

Emotion UIは「インストールしているアプリは全てホーム画面に表示させる」というAndroidの特徴でもあるインストールしているアプリを設定>アプリ一覧で管理し、利用頻度の高いアプリをホーム画面に置いておくというスタイルを根本から覆すホームアプリです。自分はこのUIに慣れることはできずいつも違うホームアプリをインストールし利用しています。Appleユーザーを取り込む作戦なのでしょうか。

ホーム画面にこだわりすぎて力尽きたのかはわかりませんが、設定画面はほぼ素のAndroid仕様です。

Screenshot_2014-08-27-19-54-19

 

まとめ

Emotion UIの好みは分かれると思いますが、ホーム画面は自分の好きなホームアプリを使ってカスタマイズできますし、ハード面に不満は全くありません。

バッテリーが5000mAhもあり、普段使っていてバッテリーを気にすることは皆無でした。

普段はXperia Z Ultraを持ち運び用タブレット端末として利用していますが、その理由として7インチタブレットは毎日持ち運ぶとデカい、重いと感じるからでした。でもこのMediaPad X1 7.0はそういう事を感じさせない初めての7インチタブレットです。この大きさでこの薄さと小ささ、持ち運び用タブレットに最適です。

正直、返したくなかったです・・・・・・。

Pocket

あきば提督
秋葉原が大好きで2次元にしか興味がない関西人。 SIMも含めガジェット大好き。家には衝動買いして使っていないガジェットがわんさか。。。 好きな言葉「これで勝つる」