SIM×デバイス指南

【レビュー】LG G2miniにIIJのSIMを入れて5日間ほど使ってみた

Pocket

またまたLGのG2miniをお借りする機会があったのでIIJのSMS対応SIMを入れて5日間ほどですがメイン機として使ってみたのでレビューします。

 

DSC06619

 

スペックなどはLGさんのHPとかで確認いただくとして、今回は外観や使用感についてレビューをさせていただきます。

 

外観はどんな感じ?

冒頭にも画像は載せていますが、表面にはハードウェアキーは一切ありません。フロントにあるのは前面用カメラと近接センサー、通話用スピーカーのみです。

 

DSC06621

そして背面に注目してもらいたいのですが、最近のLGさんの主流というか電源ボタンとボリュームキーが背面上部にあります。これがなかなか特殊で人によっては受け入れにくいかもしれませんが、自分は手が大きいこともあってか、このボタンの位置は逆に便利でした。

 

 

IIJのSMS対応SIMのAPN設定をする!

と意気込んでG2miniにSIMを挿したんですが、APN設定がちょっとわかりにくかったので一から説明します。

Screenshot_2014-08-08-19-21-43

設定から「テザリングとネットワーク」

 

 Screenshot_2014-08-08-19-21-53

モバイルネットワークに行って、、、

 

Screenshot_2014-08-08-19-21-58

やっとアクセスポイント名のところまでたどり着きます。ここからAPNの設定を行いますが、、、

 

Screenshot_2014-08-08-19-22-02

IIJmioのAPN設定が最初からあった。。。
なのでAPNはIIJmioを選ぶだけですぐに使えます。これはかなり便利ですね。

 

その他使ってみて気になったところ

G2miniを使ってみると(私がXperiaばっかり使っているからという事もあると思いますが)、痒いところに手が届く細かい設定がいっぱいあったので紹介させていただきます(一部届かなかったところもあります)。

 

良かったところ

 

Screenshot_2014-08-12-14-57-57

バイブレートの強さが設定できます。あってもなくてもいいかもしれませんが、ポケットやカバンに入れっぱなしの人は強めに設定すれば着信に気付く可能性が高くなりますね。

 

Screenshot_2014-08-12-14-58-38 Screenshot_2014-08-12-14-58-42

バイブレートのパターンが複数あって芸が細かいです。しかもそれに飽きたらずバイブレートのパターンまで作成することができます。頑張ればター○ネーターの音楽に合わせたバイブレートを作成できます。

 

Screenshot_2014-08-12-14-59-49

フォントの変更もできます。わざわざrootを取る必要がないですね。
※フォントの追加にはLG smart Worldのアカウント作成が必要です。

 

Screenshot_2014-08-12-14-59-58

画面キャプチャをする際のキャプチャ領域を選択することができます。わざわざ画面キャプチャした後、不必要な場所を切り捨てる際アプリを利用しなくても大丈夫です。地味に便利です。キャプチャ方法はAndroid4.0以降共通のボリューム下キーと電源ボタン同時長押しです。その際のハードウェア操作も背面のボタンを利用するのですが、ボタンが近接しているので片手でできます。これも地味に便利です。

 

Screenshot_2014-08-12-15-00-13

LGが最近うたっている機能ですが、画面OFF時に画面をダブルタップすると電源ボタンを押さずとも画面ONにすることができます。電源ボタンが背面の為、デスクの上に置いていたり、スタンドに置いてる時に画面を点灯させる為にこの機能を使うと便利です。

 

Screenshot_2014-08-13-13-45-55

ちょっと画像だけではわかりにくいかもしれませんが、バッテリーの持ちがなかなか優秀でした。携帯電話キャリアを批判するつもりではないですが、キャリア純正のアプリが原因で電池の持ちが悪くなるという現象がSIMフリースマホにはありません。
毎朝フル充電の状態から外出し、夜に帰ってきても大体40%〜50%くらいは残っていました。しかもこのレビューをしているときはAndroid Wear(スマートウォッチ)と連携するため、BluetoothがずっとONの状態。
帰りの電車の乗車時間であったり、現在地の天気であったり、今のプロ野球のスコアを表示してくれる機器と連携し、データ通信にもバッテリーを使っているにもかかわらずこの残量はかなり優秀と言えるでしょう。

 

残念なところ

 

Screenshot_2014-08-12-15-01-09

画面の明るさが固定です。明るさセンサーが付いていない(前面にあるのは近接センサー)ので明るさが固定で、屋外でも見やすい、屋内でもまぶしくないという設定ができません。
夜間の明るさというチェック項目がありますがこれは時間の変更もできず、明るさの変更もできないのであまり意味がないかも。

 

Screenshot_2014-08-11-07-26-22

パターンロックが最初どこを触ったらいいのかわからなかったです。分かればどうってことはないのですが。。。

 

CPUが1.2GHz Quad-Coreなのですが普通に使う分には何の不満もありませんが、画像が多いページを表示したりするとメモリーがRAM 1.0GBという事もあるかもしれませんがちょっとカクつきます。
これでも全然私は我慢できるレベルでしたが。

 

総括

ということで外観とよかったところ、残念だったところをあげましたが、私としてはメインとしても問題なく使える機種でした。
大画面化が流行っている中、そんなに大きくもなく、ハイスペックではありませんが、2台目として、もしくは初めてのスマホとしてはおススメできる機種だと思います。

Pocket

あきば提督
秋葉原が大好きで2次元にしか興味がない関西人。 SIMも含めガジェット大好き。家には衝動買いして使っていないガジェットがわんさか。。。 好きな言葉「これで勝つる」