格安SIM比較

au回線を使う話題のMVNO「mineo」をチェック

Pocket

現在格安SIMを販売している通信会社(MVNO)のほとんどが、回線をNTTドコモから借りています。自前の設備が影響する部分もあるため、速度は若干異なりますが、端末さえ同じならエリアに変わりはありません。

このような状況のなか、ついにau回線を使うMVNOが誕生しました。それが、ケイ・オプティコムの「mineo(マイネオ)」です。

関西に住んでいない方にはイマイチなじみのない会社かもしれませんが、ケイ・オプティコムはもともと、光回線でサービスを行っている関西の通信事業者。関西電力の持つ通信会社という位置づけで、auとは「auスマートバリュー」で連携もしています。このケイ・オプティコムがモバイルに打って出るためのサービスがmineoで、全国区のサービスのため関西以外のユーザーも契約することができます。

まだ珍しいau回線を利用したMVNOということもあり、注目を集めているmineo。今回は、その特徴やSIMカードが届いたあとの設定方法、mineoならではの注意点をチェックしていきましょう!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

au回線を使う珍しいMVNO、LTEのエリアの広さが魅力

唯一のau回線でLTEの実人口カバー率は99%

mineoは、auの回線を使うほぼ唯一のMVNOです。その他の多くのドコモ系MVNOとの違いは、エリアにあります。

auは、LTEのエリア拡大にどこよりも力を入れており、その実人口カバー率は99%。都市部はもちろん、地方でもLTEの電波をしっかりつかめるのが魅力です。

また、auのLTEはメインの周波数帯に、「プラチナバンド」と呼ばれる800MHz帯を使っています。一般的に、周波数帯は低ければ低いほど、ビルなどの遮蔽物に回り込みやすくなるのと同時に、浸透もしやすくなります。屋内にもLTEが届きやすいのはそのためで、auのLTEはこれによって数字以上のエリアの広さを実現しています。

ご覧のように、山間部以外はほぼエリア化されています。より詳細なマップは、auのサイトで確認してみましょう。

2

 

他社とそん色のない料金プラン

auの回線を使っているからと言って、料金が高いわけでもありません。1GBプランの料金は月額980円。900円ちょうどを打ち出すドコモ系MVNOより80円ほど高くなっていますが、唯一のau回線というレアさを考慮すれば大きな差とは言えません。

2GBは1580円、3GBは2330円と、データ量が大きいほど1GB当たりの単価が安くなるのも、他のMVNOと同じです。

また、音声通話つきの「デュアルタイプ」プランは、それぞれ1GBが1590円、2GBが2190円、3GBが2940円で、データ通信のみの「シングルタイプ」よりも610円高くなるように設定されています。

  1GB 2GB 3GB
シングルタイプ(データ通信のみ) 980円 1580円 2330円
デュアルタイプ(データ通信+音声通話) 1590円 2190円 2940円

 

データ量を超えた場合は、速度が200Kbpsに制限されます。直近3日間の通信量が500MBを超えても、同様に当日13時から翌日13時まで、200Kbpsに制限されるのでこの点には注意が必要です。

データ量が超えてしまったときは、「パケットチャージ」も利用できます。このときの料金は、100MB=150円です。

余ったデータ量は翌月への繰り越しが可能

mineoのもう1つの特徴は、余ったデータ量を翌月に繰り越せることです。

翌月に繰り越されたデータ量は、繰り越した分から優先消費されるため、おトクに使えます。毎月使うデータ量に差があるという人には、便利な仕組みと言えるでしょう。

予想以上に容量が余ってしまったときには、翌月あまり容量を気にせず動画を見たり、テザリングを使ったりということもできるでしょう。

また、オプションの「パケットシェア」を契約しておけば、繰り越したデータ量を同じグループ内でシェアできます。家族でmineoを使っていたり、自分で複数回線を持っているような人にはピッタリのオプションです。

このほか、IP電話サービスの「LaLa Call」が無料になるのも、mineoならではの特典。本来月額基本使用料が100円かかるサービスなので、おトクと言えるでしょう。LaLa Callは他のIP電話サービスと同様、050番号を持つことができ、通話料も割安。音声通話対応のデュアルタイプを契約していても、発信をこちらにまとめれば通話料が安くなります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

端末はau用のものが使える、セット販売も

auの端末をそのまま使える

auの回線を使ったMVNOということからも分かるように、端末はauのものをそのまま使うことができます。この場合は、音声通話とデータ通信のどちらも利用できます。

auを使っているユーザーがmineoに乗り換えたとき、そのまま同じ端末を使えるというわけです。中古店で、au端末だけを購入してくるのもいいでしょう。mineoのサイトには、検証済みの端末一覧が掲載されているため、そちらを参考にしましょう。もちろん、検証済みではない端末の中にも、使えるものはあります。ただし、そうした端末を使うときは自己責任になることは注意してください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

mineoで端末を買うこともできる

mineoは、端末のセット販売も手がけています。現時点では、京セラ製の「DIGNO M」と、シャープ製の「AQUOS SERIE」を販売中。それぞれ、24回払いにすることもできるため、初期費用がかからず気軽に購入できます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

mineoを使えるように設定してみる

au端末では、「CPA接続を有効にする」にチェックを

スマートフォン側の設定も、特に難しいことはありません。基本は、SIMカードを端末に挿し、APNにIDやパスワードを書き込んでいくだけ。他のMVNOを利用するのと、大きな差はありません。

ただし、au端末には独自の設定項目もあります。それが「CPA接続」です。

MVNOのSIMカードを利用する際は、ここにチェックをつけなければいけない端末も多くあります。CPA接続は端末によっては「高度な設定」と名前が置き換えられていることがあるので、注意してください。

たとえば、下の画面のように「GALAXY Note 3」だとAPNを設定するだけで通信ができますが、その他の端末はCPA接続をオンにしなければならいことの方が多いようです。

なお、APNは「mineo.jp」、ユーザーIDは「mineo@k-opti.com」、パスワードはmineoで全ユーザー共通です。

7

8

 

3Gオンリーの端末では使えない

端末選びには、若干の注意が必要です。先に述べたように、mineoはデータ通信にLTEを使用していますが、3Gは音声通話だけです。そのため、データ通信がLTEに対応していない端末を選ぶと、通信ができなくなります。上に掲載した動作検証済みリストに、過去の3G端末が載っていないのはそのためです。

もし、新たにmineo用の端末を選ぶ際は、この点に注意してください。 

注意点も押えておこう

auと全く同じではない点は理解しておきたい

au回線を使っているとはいえ、mineoはauそのものではありません。あくまで、ケイ・オプティコムが独自にauの回線を借りて行っているサービスです。

そのため、auとは完全にサービスが同じではありません。

先に挙げたデータ通信の仕様もその1つ。mineoのデータ通信はLTEだけのため、auが3Gになってしまう場所では音声通話しか使えません。LTEのエリアが実人口カバー率99%とは言え、まだ3Gしか使えない場所があることも事実。わずかながら、auよりはエリアが狭いことになります。

 

また、iPhoneは以前ここで解説したように、プロファイルをインストールする形で使えるようになりますが、テザリングには対応していません。この点も、auとの違いと言えるでしょう。

 

端末の選択肢がドコモ系MVNOよりも少ない

ドコモ系のMVNOは、ドコモ端末、SIMロック解除されたソフトバンク端末、SIMロックがかかっていないイー・モバイル端末の一部、SIMフリー端末と、選択肢が非常に豊富です。一方で、電話まできちんと使おうとすると、mineoは事実上auの端末しか選べません。auは、音声通話に「CDMA2000 1x」という規格を採用している国内唯一の通信事業者だからです。

CDMA2000 1xは、海外でもそこまでメジャーではなく、米国などの一部事業者などが採用しているだけです。そのため、auのネットワークで使えるSIMフリー端末もほとんど存在しません。例外としてはiPhone 5s、5cがありますが、これもauからiPhoneが出ているためでしょう。事実上、端末はauの中から選ばなければならず、購入できる場所も限られている点には注意が必要になります。

 

こうした注意点はある一方で、今のところ唯一のau回線を使ったMVNOであるmineoが、魅力的であることに変わりはありません。広いLTEエリアを安価に利用したい際には、有力な選択肢になるでしょう。

Pocket