clip_image002


日本未上陸のシャオミは海外で低価格なハイスペックスマートフォンを出し続ける人気メーカーです。2018年夏からは新しいブランド「Poco」を立ち上げ、従来のシャオミとは異なるイメージでの製品展開をはじめています。インド向けに最初の製品を出したことからわかるように、Pocoの製品はコストダウンを進めさらなる低価格を実現しています。

初代モデルの「Pocophone F1」の香港版を今回はチェックしてみました。香港のシャオミ正規販売店「小米之家」での販売価格はSnapdragon 845、メモリ6GB、ストレージ128GBの組み合わせで2780香港ドル(約4万円)。正規販売ですらこの価格で、海外端末販売業者によってはさらに安い値段設定をしているところもあります(ただしメーカー保証、ショップ保証の差は確認する必要があります)。なお海外端末の利用は各国の法律に基づいて行ってください。

Pocophone F1の主なスペック

【シャオミ Pocophone F1】

・CPU:Snapdragon 845

・メモリ:6GB or 8GB

・ストレージ:64GB or 128GB or 256GB

・画面サイズ:6.18インチ、1080 x 2246ピクセル

・リアカメラ:1200万画素+500万画素

・インカメラ:2000万画素

・バッテリー:4000mAh

・本体サイズ:155.5 x 75.3 x 8.8mm、 182 g

・OS:Android 8.1 / MIUI for POCO


clip_image004
圧倒的なコスパの良さが自慢のPocophone F1


シャオミのスマートフォンは「iPhoneやGalaxyの半額で性能は同等かそれ以上」を売りに、高スペックな端末を安価に出すことで人気を集めた歴史があります。とはいえ本体の作り・仕上げは価格相応。Pocophone F1のディスプレイ周りのベゼルの幅は上下がやや目立ち、ノッチの欠き取り部分も大きいように感じられます。背面はメタル風味の樹脂製です。しかし安っぽさはあまり感じられません。指紋跡も目立ちにくいのでケースなしで使うのも悪くなさそうです。


clip_image006
背面はポリカーボネート製。金属っぽい風合いに仕上げている

価格を重視するなら最高の1台

本体サイズは厚みが8.8mmとやや厚さを感じさせますが、背面と側面を一体仕上げとしたことで手に持ってみるとフィット感はわるくありません。表面は適度な滑り止め感もあります。落下に対しての強度や背面の表面仕上げなどは10万円クラスの他社品には及ばないでしょうが、コスパが高いのは事実。Pocophone F1は毎年買い替えを前提として使うのがよいかもしれません。

clip_image008
背面と側面は一体仕上げ。背面カメラの出っ張りはわずか


底面にはステレオスピーカー。なお上部には3.5mmヘッドフォンジャックも備えます。最近のハイスペック機では廃止されゆく傾向にありますが、市販のヘッドフォンが使えるのは意外と便利です。


clip_image010
底面はステレオスピーカーとUSB Type-C端子


カメラは上に1200万、下に500万画素を搭載し、すぐ下に指紋認証センサーが内蔵されています。センサーは窪んだ形状にし指先がレンズを誤タッチしないような工夫がされています。


clip_image012
カメラ回りは2つのレンズと指紋認証センサーが縦に並ぶ


UIはシャオミ独自のMIUIに、Pocophone向けのランチャーを搭載しているようです。なお日本語ロケールが搭載されていたので日本語表示にしてみました。シャオミはもともとAndroidのカスタムROMを作り始めたメーカー。好みの差はあるでしょうが、標準Androidをより使いやすくしています。アプリ一覧画面もカテゴリやアイコンのカラー別に自動分類されるといった機能が備わります。


clip_image014
MIUIをPocophoneにカスタマイズ


カメラは1200万画素ということでこちらは価格相応といったところ。サブカメラでボケはしっかりと効かせてくれます。暗所などの撮影は行っていませんが、より強力なカメラが必要ならば上のモデルを購入したほうがいいでしょう。ハイエンド機を日用品のように使える、これがPocophone F1の魅力ですから。


clip_image016
カメラは価格を考えると十分な性能


全体的な動作はメモリが多くSnapdragon 845を搭載していることもあり、4万円の製品とは感じられません。このあたりは多くのレビュー記事も上がっていますが、その通りと言えます。独自の冷却システムも搭載しているので、ハイエンドゲームも快適にプレイできるでしょう。MVNO向けに日本販売を期待したくなる製品となっています。

clip_image018
価格とスペックは大きな魅力