18-11-21ank000

選択肢がさらに広がる、Android編です。

格安SIMのIIjmioでは、高速通信のON/OFFをユーザーが切り替えられます。たとえば、Webや動画の閲覧など、高速通信が必要な時はONにして、クーポンを消費しつつサクサクと快適に。ちょっとしたメールチェックや、LINEのやりとりなど、低速でも問題ない場合は、OFFにして高速通信容量を節約。

こうして、TPOに合わせたデータ節約ができるわけです。これには、公式のクーポン(高速通信容量)管理アプリ「IIJmioクーポンスイッチ(通称:みおぽん)」を利用するのが一般的ですが、IIJでは公式にクーポン管理のAPIを公開していて、アプリストアには公式アプリより便利な機能を備えたクーポン管理アプリもあるので、そちらの使い勝手をチェックしていきましょう!

こちらの記事ではiOS編をチェックしましたが、今度はAndroid編です!


IIJmioのクーポンアプリレビュー(Android編)

利点:見やすいグラフでファミリーの管理にぴったり!

18-11-21ank01

合計使用量、利用量詳細をそれぞれグラフとしてチェックでき、情報が見やすくまとまっている印象ですね。回線ごとの利用量が色分けされていて、この1画面で複数SIMの利用量をチェックすることができます。

18-11-21ank02

クーポンの切り替え画面ではSIMカードにニックネームをつけることができ、設定後はグラフ画面で電話番号の代わりにニックネームが表示されるようになります。

また、その回線がSMSなのか、音声なのか、データなのかの判別もできるのも親切ですね! 全体的に、チェックできる情報がうまくまとまっているので、特にファミリーシェアプランなど、複数SIMユーザーに使いやすいアプリとなっています。

なお、ベータ機能として請求情報をチェックできますが、こちらは公式のAPI機能ではないので、利用の際は留意しましょう。


利点:低速残量を常にチェックできる!

18-11-21ank03

クーポンの利用状況や、低速回線の利用状況の推移をグラフィカルに確認できます。低速の残量が画面に常に表示されているので、低速通信を頻繁に切り替えて節約したい!という人には頼りになるアプリです。

一方で、メニューから回線を切り替えて、回線ごとに表示グラフを切り替えるという操作になるので、複数回線を比較したい。という用途にはやや不向き。またグラフの種類の切り替えも、若干もっさり気味なのがネックです。

18-11-21ank04

ウィジェットでは、1回線の利用量を常にチェックでき、クーポンの切り替えも可能。このあたりの使い勝手の良さもあり、自分ひとりで1回線を利用しているユーザーには、使いやすいアプリだと思います。

利点:シンプルでデータは見やすい!しかし…

18-11-21ank05

データは見やすい折れ線グラフで、回線ごとの利用量をチェックできます。1画面で複数SIMを比較することはできませんが、SIMごとにニックネームをつけることもできるため、ファミリーシェアプランなどでも利用できるはず。

しかし! クーポンのON/OFFを切り替えようとすると、エラーが表示されてしまいました…。一時的なものかもしれませんが、クーポンの切り替えアプリとしてはやや信頼性に欠けるので、現状だと選びづらいアプリとなっています。

利点:自動的に低速モードになるインテリジェント制御が優秀!
 
18-11-21ank06

SIMカードごとのデータ量を確認できますが、あまりデータ比較という点は得意ではありません。機能を利用するSIMカードを切り替える必要もあるため、基本はメイン回線のSIMカードを管理するためのアプリです。

ただ、その管理機能がとにかく優秀です。設定した容量を超えると、自動的にクーポンをOFFにしてくれる「クオーター」機能や、通信の種類によって自動的にクーポンのON/OFFを切り替えてくれる「インテリジェント制御」など、クーポンに関するアプローチが優れています。

18-11-21ank07

特に「インテリジェント制御」はこれまでのクーポン管理アプリには無かったアプローチで、ラジオや音楽ストリーミングサービスなど、連続したデータ通信を検出すると、クーポンが自動的にOFFになり、高速通信容量を節約できます

確かにストリーミングサービスであれば、低速の200kbpsでも十分ですし、これは素晴らしい制御機能ですね。メインの1回線を管理するのであれば、最強のIIJmio管理アプリだと思います。


iOS編に続き、Androidでも4つのクーポン管理アプリをチェックしてみました。クーポンの残量を見やすくまとめてくれるものや、シンプルに残量をチェックできるもの、そして自動制御というAndroidならではのちょっとテックな使い方に特化したものなど、それぞれ個性がハッキリと別れていた印象です。

個人的な感想としては、ファミリーシェアプランでは比較グラフが見やすくまとまっている、「みおポータル」が使いやすそうですね。一方で、自分が使っている回線だけ管理できればいい!というのであれば、インテリジェント制御が斬新で優秀な「Mio Mix」が便利だと思います。

もちろん使い方や契約回線数などによってベストなアプリは代わってくるので、まずはいろいろ試して、自分に最適なアプリを選んでみましょう!

IIJmio(みおふぉん)