iphone7
「iPhone欲しい!」と子どもにねだられたとき、どうしますか?魅力的なケースが豊富に売っていること、Appleブランドの魅力、みんなが使っている・・・・・・などの理由でiPhoneを欲しがる子どもは多いですよね。とはいえ、コスパが良いと言われるiPhone XRでも、64GBモデルが84,800円(税別)です。残念ながら、「はい、どうぞ」と買ってあげられる価格ではありません。

そこで、少しでも安くiPhoneを運用する方法を考えましょう。ここでは、「中古iPhone+格安SIM」という組み合わせを説明します。

iPhoneは中古で手に入れる

子どもにどのiPhoneを持たせるべきか悩む保護者の方は多いと思いますが、筆者は最新機種を持たせる必要はないと考えています。ケースはiPhone 7前後に対応する商品の方がむしろたくさん売られていますし、旧機種でもiOSのアップデートで使い勝手はほとんど変わらないからです。むしろ、イヤホンジャックがあるiPhone 7以前の方が、子どもは使いやすいかもしれません。大きく異なるのはカメラ性能ですが、SNOWなどのカメラアプリを多用する子どもたちは、リアルで精巧な画質を求めることはほとんどありません。

デザインや大きさも含めて、旧機種から検討しましょう。

中古のiPhoneは、中古スマホを取り扱うショップで購入できます。実店舗があるショップ、またはオンラインショップなど、「中古スマホ」で検索するとあちこち出てきますので、探してみてください。また、ヤフオク!やメルカリなどのサイトでも購入できます。ただし、個人売買になるケースもあるので、取引に慣れていない方は専門のショップで購入することをおすすめします。

中古のiPhoneを購入する際に気を付けるべきポイントは、以下になります。

・「ネットワーク利用制限」をチェックする

端末代金の分割払いが終了していなかったり、盗難や不正な契約が行われたりなどの理由で利用を制限されている端末があります。これを通称「赤ロム」といいます。赤ロムを避けるためには、中古スマホのIMEI番号を携帯キャリアのサイトに入力して確認します。「○」と判定されればOKです(ただし、例外もあります)。中古スマホ専門ショップでは、赤ロムに関する保証を用意している企業もあります。


sim-01

NTTドコモのネットワーク利用制限確認サイト

http://nw-restriction.nttdocomo.co.jp/search.php

・キャリアを確認する

中古端末はそのiPhoneが利用できるキャリアが示されています。携帯キャリア名が記載されている端末は、そのキャリアに対応するSIMを挿して使うことになります。SIMフリー、もしくはSIMロック解除済みの端末であれば、契約する格安SIM会社に制限はありません。

・キズや汚れの状態を確認する

ケースを付けて使うので見た目のキズは気にならないという人もいるかと思いますが、購入前に確認しておきましょう。中古ショップでは、状態をランク分けし、キズの部分を写真で公開して販売している場合もあります。

中古スマホ購入のコツは、即決せずにしばらくチェックを続けることです。商品は日々入れ替わりますので、いくつかのサイトを何日間か見ていると、思わぬ出物があるかも知れませんよ。

格安SIMを購入する

次に、中古iPhoneに挿す格安SIMを購入します。iPhoneには「nanoSIM」というサイズのSIMを入れるので、購入時に確認しましょう。格安SIM会社の動作保証端末に対象機種が入っていることを確認すると安心です。

sim-02

Y!mobileは「他社が販売する携帯電話をワイモバイルで利用する」ページで接続実績のある他社端末を公開しています。

また、契約プランも子どもならではの選び方があります。小中学生は、学校にスマホを持っていくことを禁じられていたり、登下校以外は先生に預けたりしなければならないケースがほとんどです。つまり、自宅での利用が中心となりますので、自宅にWi-Fiが用意されているなら、LTE回線はそれほど使いません。契約するプランは、通信データ量が少ないプランから始めてみましょう。そして、データのみか通話付きにするかを決めます。「LINEの無料通話を使うから必要がない」という人は、LINEのアカウント登録に必要なSMS付きもしくは通話付きのプランを選びます。

お子さんによっては、これはスマホデビューになる人もいるでしょう。いきなりインターネットの海原に放り込むのは少し心配です。お子さんの年齢に合わせたフィルタリング機能を利用することをおすすめします。格安SIM会社によっては、フィルタリング機能を無償で提供している企業もあります。一方、有償ではありますが、時間制限から位置情報の管理までできるフィルタリングサービスと連携している会社もあります。我が子にどの程度のフィルタリングが必要かも併せて格安SIM会社を検討するといいですね。