UQモバイルでiPhone7 / 7Plusユーザーの方やiPhone7 / 7Plusを持ち込んでUQモバイルのSIMを契約しようと考えている方に朗報です。UQモバイルでは長らくiPhone7 / 7Plus でのテザリングが使用できませんでした。しかし、公式サイトに2018年9月付けでiPhone7 / 7Plusのテザリングに対応している表記が追加しました。

公式サイトのiPhone7 / 7Plusページにテザリング対応のテキストが追加

UQモバイルの動作確認端末一覧でiPhone7 / 7Plusの項目を見るとios12にアップデートすることでテザリングが使用出来ることが確認できます。

2018-10-24_13h34_15-2png

利用者にとって大きな変更点ですが、公式にアナウンスされることはなく、いわゆるサイレントアップデートとされています。

なぜUQモバイルではiPhone7 / 7Plusのテザリングが使用できなかったのか

なぜiPhone7 / 7Plusのテザリングが今までUQモバイルでは使えなかったか疑問に思う方は多いでしょう。その答えはUQモバイルはテザリングの対応条件にiPhone最新機種の2世代前から開始するという決まりがあるからです。2018年9月にiPhone XSが発売されたことにより、条件がクリアされてiPhone7 / 7Plusのテザリングが解禁されました。

『なぜ最新機種の2世代前?』という疑問が浮かびますが、この点はUQモバイルの会社としての事情、いわゆる大人の事情というものが関わっているようです。

新規登録者は注意!iPhone7 / 7PlusはマルチSIMカードで契約しないと使えない!

UQモバイルのSIMカードにはマイクロSIM、ナノSIM、マルチSIMの3種類が存在しますが、iPhone7 / 7PlusをUQモバイルに持ち込んで契約する場合はマルチSIMカードを選択するようにしましょう。

2018-10-23_15h47_20

これはiPhone7 / 7PlusがマルチSIMカードにしか対応していないためです。

ほかにもdocomoやSoftBank、auで契約を行ったキャリア製iPhone7 / 7Plusは事前にSIMロック解除が必要になります。SIMロック解除は店頭で行おうとすると3000円程度かかってしまいますが、各キャリアのmyページから自分でSIMロック解除を行えば無料で済みます。

UQモバイルでテザリングを使うならどのプランがベスト?

無制限にデータ通信ができる『データ無制限プラン』

データ無制限プランは送受信が最大500kbpsに制限されるかわりに通信制限が存在せず、名前の通り無制限にデータを使用することができるプランです。料金はデータ無制限プラン単体だと月額1980円、音声通話付きだと2980円です。

2018-10-21_21h07_16

テザリングは特にPCで使用するとバックグランドで通信をするなどして通信量が増える傾向にあるため、気をつけないとあっという間にギガ死する可能性もあります。

『データ無制限プラン』のメリットは無制限にデータ通信を行えるため、通信量を気にしなくても良いという点でしょう。

逆にデメリットは最大500kbpsまでしか出ないところに集約されます。UQモバイルでは通信時、最初の読み込みだけ瞬間的に高速読み込みが行われるバースト機能が実装されています。そのため、テキスト中心のウェブサイトを閲覧する際には問題ありません。しかし、画像が中心のウェブサイトを閲覧するときには読み込みが完了するまで多少待たされることになります。

高速通信でがっつりテザリングしたいなら『プランL』

高速通信でたくさんテザリングを使いたいのならプランLで契約して増量オプションをつけるのがおすすめ。月間21GB高速通信することが可能になります。料金は4980円。

2018-10-21_21h32_30

また、UQモバイルには『高速モード』と『節約モード』の2種類モードがあります。節約モードは通信速度が300kbpsに制限されるかわりにデータを無制限に使用することができるモード。 一方、高速モードは契約した容量を消費して高速データ通信をするモードです。データ容量を消費したくない場合は節約モードにすることで通信量を節約することができます。

2018-10-08_19h13_00

種類別テザリングのメリットとデメリットのおさらい

USBテザリング

iPhoneとPCやタブレットを直接ケーブルで接続するテザリング方法です。メリットは通信速度がほかのテザリング方法と比べて速い点、iPhoneの充電も兼ねることができる点です。

一方デメリットは物理的にケーブルで接続することになるため、どうしてもかさばってしまう点があげられます。

Wi-Fiテザリング

iPhoneをアクセスポイントにしてPCやタブレットを接続して行うテザリング方法です。メリットはケーブルで接続する必要がないため、iPhoneをポケットやカバンに入れたままでもテザリング可能という点。デメリットはiPhoneのバッテリー消費が早くなる点です。

Bluetoothテザリング

iPhoneとPCやタブレットをBluetoothで接続して行うテザリング方法です。メリットはiPhoneのバッテリーをあまり消費しない点。デメリットはほかのテザリング方法と比べると通信速度が遅い点です。

iPhone7 / 7Plusユーザーには嬉しい変更

今回UQモバイルが行った更新はiPhone7 / 7Plusユーザーにとっては嬉しいものでしょう。

二年前の機種とはいえiPhone7 / 7Plusは現在でも十分使用に耐えうるスペックを持っていますからね。

UQ mobile 【ALL CONNECT】