music_main_pc_20180801

カウントフリーは特定のサービスがデータ通信量を消費せず使い放題になる機能です。LINEモバイルが提供して以降さまざまな格安SIMがカウントフリーを実施し、最近では大手キャリアであるソフトバンクもカウントフリーサービスを提供しています。

そんな中、老舗の格安SIMとして知られるOCNモバイルONEが、音楽ストリーミングサービスが対象の「MUSICカウントフリー」の提供を開始しています。

早速、OCNモバイルONEを利用している筆者がMUSICカウントフリーを使ってみました。

1. 対象の音楽が使い放題になる「MUSICカウントフリー」がスタート

2018年8月1日(水)より、OCNモバイルONEの「MUSICカウントフリー」がスタートしました。その名の通り、音楽ストリーミングサービスが使い放題になるカウントフリーサービスです。

対象の音楽ストリーミングは以下の通りです。

・Amazon Music

・AWA

・dヒッツ

・Google Play Music

・Spotify

・ひかりTV ミュージック

・レコチョクBest

国内の主要な音楽サービスは一通り網羅しており、幅広い人が利用できそうですね。ただし、Apple社が展開しているApple Musicは対応していません。

iPhoneユーザーはApple Musicを利用している人が多いでしょうし、対応していないのは残念ですね。今後対応してくれることを期待します。

2. MUSICカウントフリーの申し込み方法

MUSICカウントフリーは月額無料ですが、別途申し込みが必要です。

OCNモバイルONE公式サイトのMUSICカウントフリーのページ(https://www.ntt.com/personal/services/mobile/one/function/countfree/music.html)にアクセスし、ページ下部の「お申し込みページへ」を選択しましょう。

music_申し込み

マイページにログインするので「OCNメールアドレス」と「OCNメールパスワード」を入力します。

あとは画面の指示に従えば申し込みが完了です。

申し込みは簡単ですが、申し込んでから適用されるまで時間がかかる点に注意しましょう。具体的には「月曜日までに申し込んだ分は次の水曜日に適用開始」となっています。

例えば、

・10月15日(月曜日)に申し込み→10月17日(水曜日)から適用

・10月16日(火曜日)に申し込み→10月24日(水曜日)から適用

となります。

適用されたかどうかはマイページから確認可能です。マイページにログインした後「契約者情報の確認」→「OCNモバイルONE」→「契約情報」と進みます。

「OCNモバイルONE MUSICカウントフリー」の項目が「ご利用中です」になっていたら、適用されています。

music_確認

3. 実際にMUSICカウントフリーを使ってみた

本当にMUSICカウントフリーならデータ通信量を消費しないのか、さっそく試してみました。

筆者はAmazon Musicを利用しています。そこで、MUSICカウントフリーが適用されているOCNモバイルONEでAmazon Musicを使い、データ通信量の推移をチェックしました。

データ通信量のチェックにはOCNモバイルONE公式アプリ(以下、公式アプリ)を使いました。公式アプリではデータ通信量のチェックのほか、速度切り替えや容量チャージといった手続きが簡単にできます。

まずはAmazon Musicで音楽を再生する前の状態です。残容量は229MBとなっています。

data_check1

続いて、Amazon Musicで長さ約4分の曲を視聴したあとの状態です。

data_check2

データ通信量は変わらず、229MBのままです。つまり、全くデータ通信量を消費していないということが分かります。

その後も1時間ほど音楽を聞いてみましたが、Amazon Musicではデータ通信量を一切消費しませんでした。

音質についてはいつも通りで、MUSICカウントフリーを使ったからといって音質が悪くなることはありませんでした。これが月額無料で使えるわけですから、使わない手はないですね。

また、MUSICカウントフリーを適用しているOCNモバイルONEでテザリングを行い、他の端末を接続してAmazon Musicを利用してみました。タブレットおよびパソコンで試しましたが、MUSICカウントフリーはしっかり適用され、データ通信量を消費しませんでした。


テザリングを使ってタブレットやパソコンなどで音楽ストリーミングを利用する、という人にもおすすめですね。

HUAWEInoba3_300x250