グーグルが、純正スマホとなるPixelシリーズの最新モデル「Pixel 3」および「Pixel 3 XL」を、日本で11月1日に発売します。これまで日本での販売が見送られてきた同シリーズですが、Pixel 3/3 XLはFeliCaやおサイフケータイにも対応し、ドコモやソフトバンクも取り扱いを表明しています。

 もちろん、グーグル自身がSIMフリーモデルとしても販売を行う予定。格安SIMとの組み合わせで使うことも可能です。このPixel 3/3 XLを発売前に借りることができたので、早速、その実力をレビューしていきたいと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シンプルな外観で、2機種の違いは画面サイズのみ

 Pixel 3/3 XLともに、外観は非常にシンプル。背面が光沢感などの仕上げを変えたツートンになっている点はアクセントになっていますが、一般的なスマホにありがちなロゴも控えめ。文字要素を極力排したデザインに仕上がっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
マットなガラスと光沢感のあるガラスを組み合わせている

 Pixel 3と3 XLの違いは、基本的に画面サイズのみ。CPUやメモリ、カメラなどのスペックは、2機種ともに同じです。一方で、ディスプレイを見ると分かりますが、Pixel 3はノッチなしので5.5インチで、片手で持てるコンパクトさ。縦長ディスプレイのため、横幅は68.2mmで、ハイエンドスマホにしては珍しく、片手で持ってもスムーズに操作できます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
5.5インチとコンパクトで持ちやすいPixel 3

 これに対してPixel 3 XLはディスプレイ上部にノッチがあり、インカメラはここに搭載されています。ディスプレイサイズは6.3インチと大型で、片手操作よりも映像の迫力や文字の見やすさなどを取るなら、こちらに軍配が上がります。スペックに違いがないため、純粋に持ちやすさか画面表示で選べるのはうれしいポイントといえるでしょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
迫力はPixel 3 XLに軍配が上がる

 ちなみに、どちらの端末にもCPUにはSnapdragon 845が搭載されており、メモリ(RAM)も4GBです。アウトカメラは12.2メガピクセルですが、昨今のトレンドともいえるデュアルカメラではありません。インカメラは広角と通常のデュアルですが、ユーザーインターフェイスが優れているため、切り替えを意識せずに使うことができます。

見た目以上に実力派なカメラ、AIの処理能力はさすがの一言

 背面のカメラはシングルですが、グーグルはここにAIの力を結集させました。機械学習で前景と背景を見分けてキレイにボカしをかけられる「ポートレートモード」に対応しているほか、撮影失敗時に別のフレームで撮っておいた写真を提案する「トップショット」など、さまざまな機能を備えています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Screenshot_20181015-174354
背面カメラはシングルだが、ポートレートモードに対応

 では、ポートレートモードで撮った写真を見てみましょう。まずは人物を撮った写真になりますが、背景がきっちりボケており、まるで一眼レフで撮ったかのよう。腕と体の間や、髪の毛の間などしっかり処理されていて、漏れがありません。シングルカメラでここまでキレイにぼかせるのは、驚きです。

00100lPORTRAIT_00100_BURST20181014103950569_COVER
背景までキレイにボケているのが分かる

 ポートレートと言いつつ、人物以外もしっかりボカすことができます。たとえば、この料理の写真は、前にあるスープにピントを合わせたものです。奥にある料理がしっかりボケているのはもちろんですが、レンゲまでしっかりスープの一部として認識されています。ポートレートモードはこういった細めの物体を見分けるのが苦手ですが、Pixel 3/3 XLでは、こうした心配はなさそうです。

00100lPORTRAIT_00100_BURST20181015123306855_COVER
レンゲまでしっかり前景と認識してボカシがかかっている

 また、撮ったあとに被写界深度を調節してボケ具合を変えられるほか、ピントを合わせる場所を変更することもできます。上に掲載した料理の写真で試してみましたが、後ろに移ったホイコーローにピントを合わせると、それがホイコーローであることが認識できるレベルになります。

Screenshot
ピントの場所やボケ具合を後から変更できる

 ただし、欲をいえば、ここは後ろにピントを合わせた場合、スープのお椀をボカしてほしかったところ。本当の一眼レフであればそうなっていただけに、AIを使った疑似的なポートレートモードの弱点といえるかもしれません。

握ってGoogleアシスタントや、Google Home代わりに使える機能も

 AIが活用されているのは、カメラだけではありません。たとえば、本体を強く握るとGoogleアシスタントが起動し、音声でさまざまな操作を行ってくれます。何らかのキーワードを見たときに、握って話しかけるだけでサッと検索できるのは便利です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
本体を握るだけでGoogleアシスタントを起動できる

 ただ、街中で使うのは少々周りの目が気になるところ。ここに別のアプリを割り当てられたらよかったのに……とも思いました。同様の機能はHTCの「HTC U12+」などにも搭載されていますが、こちらは握る動作にさまざまな機能を割り当てることができ、活用の幅が広くなっています。グーグル製なのでGoogleアシスタントになるのは仕方がないのかもしれませんが、他社比較をしたときのマイナス点といえます。

 別売のPixel Standに置いて充電しているときにGoogle Home代わりに使える機能も、AIを活かした仕組みといえそうです。Google Homeとは異なり、Pixel 3/3 XLの場合は画面上に結果を表示してくれるため、音声だけで答えが返ってくるよりも分かりやすいと感じました。グーグルのIoT向けOSであるAndroid Thingsを搭載したレノボのスマートディスプレイが海外で発売されていますが、ちょうどそんな使い勝手ともいえます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Pixel Standに置くと、Google Homeのように利用できる

 ちなみに、Pixel 3/3 XLはどちらもドコモとソフトバンクから発売されますが、ネットワーク的にはauもサポートしており、au VoLTEも利用できます。試しにmineoのAプランを契約しているSIMカードを挿してみたところ、きちんと通信することができました。SIMフリーで販売されているだけに、3キャリアどのネットワークでも使えるのはうれしいポイントです。周波数もしっかりサポートしているので、どのキャリアを選んでも問題はなさそうです。

Screenshot_20181015-183038

Screenshot_20181015-183123
mineoに接続し、VoLTEも利用できた