180920bak00

iPhoneの新モデルが発売されるごとに、どうすればいいの? と世間がざわつく乗り換え前のバックアップ問題。

iPhoneのバックアップ方法は大きく分けて2つあり、ひとつはパソコンのiTunesにバックアップする方法。そしてもうひとつがクラウドのiCloudを使ってバックアップする方法です。このどちらが良いのか? はケースバイケースですが、せっかくiPhoneが発売されてどうバックアップを取ろうか迷っている人も多いと思うので、それぞれのメリットとデメリットを解説していきますね!

iTunesを使ってバックアップするメリット・デメリット

180920bak01

●iTunesバックアップのメリット
・母艦(PC)にバックアップを作成しておける
・iPhoneのほぼ完全なデータを保存できる
・バックアップと復元速度が速い
・大容量をバックアップできる

MacやPCのiTunesを使って、iPhoneをまるごとバックアップしてして、まるごと復元する方法です。メリットはやはりiPhoneの完全なデータを保存できるという点。「バックアップの暗号化」をオンにすることで、アプリ内のパスワードなどもバックアップ&復元できので、ほぼ旧iPhoneと同じものが完成します。

●iTunesバックアップのデメリット
・パソコンが必要になっちゃう!
・パソコンによっては大容量HDDも必要…

大きなデメリットとしては、この2点。近年はクラウドが進化しているため、パソコンを持っていないというユーザーも多いと思います。わざわざ、バックアップのためだけにパソコンを購入したり、バックアップ用の外付けHDDを購入するというのはコスト的には厳しい選択肢。すでにパソコンがあるという人にとっては、効率的なバックアップ方法なんですけどね……。

iTunesにバックアップする手順

180920bak02

iTunesを最新の状態にバージョンアップしておき、パソコンにiPhoneを接続。iTunesを起動したらiPhoneマークをクリック。「概要」欄を開き、「今すぐバックアップ」をクリックすれば、パソコンの中にiPhoneのバックアップが作成されます。

この際「iPhoneのバックアップを暗号化」をチェックして、パスワードを指定しておくと保存したパスワード、Webサイトの履歴、Wi-Fiの設定、ヘルスケアのデータを含んでバックアップしてくれます。完璧な状態で保存しておきたい場合は、暗号化をオンにしておきましょう。ただしパスワードは忘れないようにメモしておきましょうね。

iCloudを使ってバックアップする場合

180920bak03

●iCloudバックアップのメリット
・パソコンなしにバックアップできる
・毎日の充電中に自動バックアップも可能
・Wi-Fi環境があればバックアップと復元ができる

続いてはiCloudを使ってAppleのサーバーにデータをバックアップする方法です。メリットとしては他に機器が必要ないため、最も手軽な方法。また、iCloudへのバックアップは電源とWi-Fiに接続されている時に自動的にバックアップされていくので、日々の利用シーンで意識せずともバックアップが作られるというのがポイントです。

●iCloudバックアップのデメリット
・標準容量はなんと「5GB」しかない!
・クラウド経由なのでバックアップと復元に時間がかかる
・Wi-Fiがある場所でしか復元できない

最大のデメリットは標準の保存容量が少なすぎるということです。iCloudの無料で使える標準容量は5GB。これを上回るサイズだとiCloudにバックアップしきれません。つまり、バックアップが作成されないということです。

いまやiPhoneの標準容量は64GBからになったので、せめてiCloud容量もそのくらいあってもいいと思うんですけどね……。また、バックアップと復元にはWi-Fiが必要なのもネック。自宅にWi-Fiが無い場合は、コンビニやネカフェに駆け込む必要があります。

iCloudにバックアップする手順

180920bak04

iCloudへのバックアップは電源とWi-Fiに接続されている時に自動的にバックアップされていきますが、手動で行なうこともできます。

「設定」→「ユーザー名」→「iCloud」→「iCloudバックアップ」とタップし、「iCloudバックアップ」を有効にし、「今すぐバックアップを開始」をタップしましょう。これでiPhoneの中のデータがクラウド上へとバックアップされていきます。

iTunesとiCloud、どちらを使うべきか?

個人的にはやはり完全なバックアップを作成でき、ほぼ同じ環境で乗り換えられるiTunesでの乗り換えをおすすめしたいところ。もし、どちらも利用できるのであれば、iTunesを選びましょう

iCloudは、パソコンが無い場合のバックアップ手段として利用できますが、容量面などでの不安もあります。そのため、引き続きiCloud利用者に向けて、iCloud乗り換え時の容量不足に対するアンサーなども合わせて紹介しますね。

収まりきらない場合には? iCloudの容量不足対策

パソコンなどがなく、iCloud経由でバックアップしたいけど容量が収まりきらない! といった場合は、以下2つの選択肢があります。

1.iCloudのプランを大容量へ変更する

iCloudは大容量の有料プランが用意されているので、こちらを利用するのが最も手軽です。

180920bak05

「設定」→「ユーザー名」→「iCloud」→「ストレージを管理」→「ストレージプランを変更」とタップしてプランを変更します。50GBなら月額130円、200GBでも月額400円とリーズナブルなので、これが手軽でおすすめです。

2.バックアップ対象を限定して容量を節約する場合

バックアップしなくてもいいデータをバックアップ対象から外すことで、iPhoneのシステムや必要最低限のデータだけをiCloudにバックアップするという方法もあります。

180920bak06

「設定」→「ユーザー名」→「iCloud」→「ストレージを管理」→「バックアップ」→「このiPhone」とタップ。容量の大きなアプリのチェックを外してバックアップ対象から外します。

180920bak07

その他iCloudの容量を大きく消費するものとしては、「ファイル」アプリなどでiCloudにファイルを保存できる「iCloud Drive」や、iCloudを使って写真を保存しておく、「iCloud写真(旧iCloudフォトライブラリ)」なども容量に収まりきらないならバックアップを無効化しておく必要があります。

【「iCloud Drive」のファイルを削除】
「設定」→「ユーザー名」→「iCloud」→「ストレージを管理」→「iCloud Drive」→「書類とデータを削除」。もしくは「ファイル」アプリから不要なデータを削除していく。

【「iCloud写真(旧iCloudフォトライブラリ)」を無効化】
「設定」→「ユーザー名」→「iCloud」→「写真」→「iCloud 写真」をオフ。


ただし、バックアップ対象から外れるということは、iCloudから復元を行っても、次のiPhoneには引き継げないのです。そのため、手動での何かしらの方法でバックアップする必要があるので、この方法はあまりおすすめはできません。写真や動画などは「Googleフォト」などの他のフォトストレージに保存すれば、一応バックアップは取れますけど、やはり手間が増えるという点は回避できません。

iCloudに入りきらない写真や連絡先は、microSDカードにバックアップする方法もある

パソコンに保存したくてもパソコンが無い。iCloudに保存したくても写真や動画を削れない。こういった時のまた別の選択肢として、外付けのmicroSDカードリーダーを利用するという方法があります。

180920bak08

たとえばサンワサプライの「400-ADRIP010W」は、電源アダプタの間に接続する一風変わったmicroSDカードリーダー。iPhoneを接続するたびに、microSDカード(別売り)に、自動的に保存してくれます。

180920bak09

バックアップ対象は「写真・動画・連絡先」に限定されますが、容量が大きな写真と動画を外部メモリに自動保存できるというのは大きなメリット。バックアップしたデータは専用アプリから確認したり、復元することができます。

使い方も簡単なので、パソコンが無い場合は基本的なデータのみiCloudでバックアップ・復元し、写真や動画はこの機能でバックアップ・復元するといった使い分けもアリかもしれません。

結論:パソコンがあればパソコンで、手軽さで見ればビギナーには「iCloud」が最も手軽でコストも安い

以上、iPhoneのバックアップどうするの? 問題を語ってみました。

個人的には先に述べたとおりiTunes派。パソコンがあればバックアップが手軽でコストも抑えられます。カードリーダーを使ったバックアップも、毎日充電していればバックアップされていくというメリットがあり、iCloudの物理版といったイメージで使い勝手はよさそうです。

ただしこちらは、カードリーダー「400-ADRIP010W」と128GBのmicroSDカードを合わせて買うと、合計1万円ほどかかってしまうコスト面での高さがネック。

一方で200GBのiCloudなら月額400円、年間で4,800円。2年使ったとしても9,600円。パソコンがなくて、自宅にWi-Fiがあるならば、実はiCloudが最も手軽でコストパフォーマンスが高い、ビギナー向けな選択肢なのかもしれません。 

(番外)バックアップ時の要注意! ApplePayはどうやってバックアップするの?

180920bak10

番外として、バックアップ対象として忘れがちな、ApplePayのバックアップも解説しておきます。まず、これらのカードの引き継ぎには、大前提として乗り換えの前後の端末の両方で、同じApple IDでiCloudにサインインすることが必要です。また、Suicaは乗り換え前のバックアップ手順が必要になります。

Suicaは機種変更前にバックアップを済ませよう

Suicaは一度情報をサーバーにアップロードして、新しい端末の方でダウンロードするといった手順になります。この乗り換え手順を行わないと正しく乗り換えられません

180920bak11

「Walletアプリを起動」→「Suicaを選択」→「画面右下の(…)ボタンをタップ→「カードを削除」からカードを削除します。こうすることで、サーバーにSuica情報が退避されます。

180920bak12

復元するには、新しい端末で「Walletアプリを起動」→「右上の+ボタンをタップ」→Apple Payの案内画面で「続ける」をタップ→カードの種類で「Suica」を選べばバックアップしたSuicaが表示されるので、Suicaを選び「次へ」をタップしていけば再追加できます。詳しい手順はJR東日本のページで解説されているので、そちらも併せて確認してください。


クレジットカードは新機種で登録しなおせばOK

一度登録したクレジットカードの情報は基本的に事前の乗り換え手順は不要。iPhoneをバックアップから復元後に、「Walletアプリ」から再登録するだけでOKです。

180920bak13

新しい端末で「Walletアプリを起動」→「右上の+ボタンをタップ」→Apple Payの案内画面で「続ける」をタップ→カードの種類で「クレジット/プリペイドカード」を選んで再登録します。

なお、カードによってはiPhoneのバックアップやiCloudに情報が残り、カード情報も復元されるので、リストから再び選べばいいだけのものもあります。そうでないカードは最初に登録した時のように、カードをカメラで写して再登録しましょう。

LINEもちゃんとバックアップしておきましょう

番外の番外となりますが、LINEなどのアプリも乗り換えに事前設定が必要なのでそちらもわすれずに! LINEの乗り換えはこちらの公式ブログにて詳しく紹介されています。

【最新版】 LINEのアカウントを引き継ぐ方法 | LINE公式ブログ

機種変更などでスマートフォンが新しくなる場合、それまで使っていたLINEを使い続けるためには、新しいスマートフォンにLINEのアカウントを引き継ぐ必要があります。 新しいスマートフォンでLINEアカウントの引き継ぎをせずに「新規登録」をしてしまうと、使用しているLINE

official-blog.line.me