180713tek00

スマホが4G/LTEに対応した頃から、標準機能として使えるようになった「テザリング」。

まずこれが何か?を説明しておきますと、テザリングはスマホが受信しているモバイルデータ通信を分配して、他の機器をインターネットに接続する機能。テザリングを有効にすると、スマホがルーターのようになって、タブレットやパソコンなどの他の機器でもインターネットができるようになります。

この際消費されるのは、スマホが契約しているデータ容量なので、じゃかじゃか使いまくるわけにはいきませんが、外出先でパソコンやタブレットを使いたい場合に頼りになる機能です。

iPhoneでテザリングするには?

180713tek01

まずは基本的な情報として、iPhoneでテザリングを有効にするには、「設定」→「インターネット共有」とタップして、「インターネット共有」のスイッチをオンにします。接続用パスワードは「Wi-Fiのパスワード」欄。

180713tek02

接続したい機器(画面はWindowsパソコン)のWi-Fi接続設定から、「自分のiPhone名」のWi-Fiアクセスポイントを選んで、「Wi-Fiのパスワード」を入力します。これで、iPhoneを中継してインターネットが利用できます。なお、使い終わったら「インターネット共有」をオフにしておくといいでしょう。

こうして、テザリング自体は非常にお手軽なのですが、時にはこれが繋がらなかったり、トラブルの原因になることもあります。そこで、ここではiPhoneで起こるテザリングのトラブル解決方法を紹介していきます。

テザリングが繋がらない時に見直す3項目

1.とにかくテザリングのオン・オフを

標準機能として備わって久しい「テザリング」。しかし、未だにへそを曲げる事があります。接続したい機器から、「自分のiPhone名」のWi-Fiアクセスポイントが表示されなかったり、アクセスポイントを選んでも接続できない場合もしばしば……。

180713tek03

こうした時にまず試すべきは、「インターネット共有」のスイッチのオン・オフ。一度機能を無効にして、しばらく待ってからもう一度機能を有効にします。それでも繋がらない場合は、iPhoneと接続したい端末をそれぞれ再起動。

経験上ですが、テザリング機能だけが壊れるということはなく、一時的な不調であれば、再起動によって多くの場合は機能は回復します。


2.接続台数を確認する

これ、知らない人も多いと思います。iPhoneのテザリングって、実は接続台数が決められています。同時接続できるのは5台まで

5台を上回る機器は接続できないので、「お前らのスマホ、全部オレの回線に繋げ〜!」というのはできませんのであしからず。こうした用途にはモバイルルーターの方が得意ですね。


3.混雑しているところではUSBテザリングを使う

Wi-Fiって安定しているようで、実はかなり不安定な電波です。人が密集するイベントなどで、あまりにも多くのWi-Fiが飛び交っていると、近い距離でも接続できない場合も。

これには根本的な解決策はないので、Wi-Fi以外の接続を利用するのがおすすめです。iPhoneではWi-Fiの他にもBluetooth、USBでの有線接続といったテザリングが利用できます。安定性を取るならば有線接続でのテザリングですね。USBテザリングの方法は以下記事で紹介しているので、参考にしてください。

最近テザリング遅いかも?そう感じたらUSBテザリングを試そう! : 押忍! SIM道場

テザリングの速度が遅くなる原因は主に2つあります。 ひとつはインターネット回線が混み合っていてモバイルデータ通信事態の速度が低下しているというパターンです。キャリアでも格安SIMでも条件は一緒で、朝夕の通勤時間帯、昼休み時間帯の速度低下は避けられません。 もう

simdojo.jp 

テザリング・トラブルを未然に防ぐ3つの知識

続いてはテザリングで起こりやすいトラブルとその解決法です。日常的にテザリングを利用するならば、これらをチェックして問題があれば事前に対応しておきましょう。

1.自分の名前が周囲にバレるのを防ぐ

テザリング中、そのiPhoneはアクセスポイントとして機能しています。そしてiPhoneのアクセスポイント名は、iPhoneの名前と同じ。この点が問題です。

180713tek04

標準ではiPhone名は「◯◯◯のiPhone」といった名前になります。そのため、テザリングを有効にした瞬間に、あなたの名前が周囲にバレバレになります。接続にはパスワードが必要になるため、勝手に接続されることはありませんが、自分の名前がバレてしまうのは気持ちよくありません。そこで、このiPhone名を見直してみましょう。

180713tek05

「設定」→「一般」→「情報」とタップ。「◯◯◯のiPhone」となっているところをタップして、任意の名前に変更しましょう。でも、自分でも分からなくなると困るので、自分が認識できる名前にしておきましょうね。


2.バッテリー消費量増加への対策

これ、絶対に必要です!

テザリング中は、iPhoneでモバイルデータ通信とWi-Fiとを両方同時に使いつつ、Wi-Fi接続している機器側にデータ通信を分配するという負荷のかかる作業を常に行なっているため、バッテリーはかなり早く減っていきます。

そのため、スマホのテザリングを宛にするならば、小容量でもいいのでモバイルバッテリーを用意しておきましょう。3000mAhクラスの小型のモバイルバッテリーがあれば、バッテリー残量も不安なく、テザリングを利用できると思います。


3.格安SIMテザリングに対応しているか?をチェック

契約前の段階からテザリングに対応しているのか? を確認しておきましょう。たとえば、au系の格安SIMの場合は、iPhoneではテザリングが利用できません

180713tek07

こちらはIIJmioの動作確認済み端末一覧表。「タイプA/au網」の対応一覧ですが、ご覧の通りテザリングは軒並み「×」mineoなど、他のMVNOでも基本的にau網はテザリング不可となっています。

これは、SIMロックの可否にかかわらず、iPhoneがSIMフリーでも、au版だとしてもau系格安SIMではテザリング不可となるので、要注意。全体的に見ると、格安SIMではau回線の方が通信速度は速いのですが、iPhoneにおいてはテザリングができないという欠点もある点を覚えておきましょう。

また、キャリアの場合でも、テザリングを利用するには特定のプランへの加入が必要だったり、オプションで別料金が発生するものもあるので、そちらを確認しておきましょうね。

キャリアよりも気軽で使い勝手の良いテザリング

キャリアと違い、格安SIMではテザリングに関しては、どのMVNOも基本的に無料。また、データ量あたりの価格もキャリアよりはるかに安いので、外出先での頼れる通信手段となります。

外出先でガンガンとテザリングしたいために、格安SIMを検討している人も多いと思います。ここで解説したトラブル対策をしっかりと覚えておきましょうね。

また、外出先での通信が多い人は、テザリングばかりに頼るのではなく、Wi-Fiスポット利用権が付帯した格安SIMを選ぶというのも選択肢として検討しておきましょう。