アップルが、9.7インチの第6世代iPadを発売しました。筆者は、この実機を借り、発表日の3月27日(現地時間)から実際に使っています。そのレビューを、ここでお届けします。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Apple Pencil対応なのに価格は3万7800円から

 第6世代iPadの魅力として真っ先に挙げておきたいのは、やはりApple Pencilに対応したことです。これまで、Apple PencilはiPad Proに限定された周辺機器でしたが、第6世代ipadから初めてProのつかない無印のiPadでApple Pencilが利用できるようになりました。iPad Proは、最低価格の10.5インチ版が6万9800円から。一方で、第6世代iPadは3万7800円からと、3万2000円もの差があります。この値段で、Apple Pencilが使えるのは、魅力的と言わざるをえません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
無印iPadとしては初のApple Pencil対応

 値段がここまで安いと、書き味が心配になってきますが、すらすらと書けるApple Pencilは健在。ペンを素早く走らせても、画面上に描いた線がしっかり追従してくるため、まるで本当の紙とペンを使っているような感覚を覚えます。ただし、ディスプレイがiPad Proのそれと違って、60Hzのため、より繊細な書き心地を求められる絵を書く場合は、違いが分かる可能性はあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
iPad Proと比べてもそん色ない書き味

 また、ディスプレイ自体にも違いがあり、iPad Proよりも表示が奥まって見えます。これはiPad Proが、ガラスと液晶を一体化しているためで、特にApple Pencilを使った場合、より実際の紙に近い感覚を味わうことができます。とはいえ、それはあくまで見え方の問題。ここまで書ければ、iPad Proと大きな違いはないといってもいいでしょう。

P4020014
ガラスの奥に表示されているように見える

 唯一ネックなのが、本体価格に対してApple Pencilの価格が高いこと。Apple Pencilは1本、1万800円なので、iPad Proを買ったときより総額に占める割合は高くなってしまいます。4本弱でiPadが1台買えるとなると、躊躇してしまう人もいるでしょう。米Logitechは、教育市場向けに、Bluetoothペアリング機能を廃し、価格を抑えた「クレヨン」を発表していますが、より気軽に使えるようになるため、日本でもぜひ発売してほしいと感じました。

iPhone 7並みの高いパフォーマンス

 3万7800円といっても、パフォーマンスが低いわけではありません。搭載されるCPUは、iPhone 7と同じ「A10 Fusion」。つまり、1年ちょっと前のiPhoneと、同じぐらいの処理能力を持っているというわけです。ディスプレイの解像度が高いぶん、iPadの方がパフォーマンスを必要としますが、それでも十分なサクサク感です。

 アップルは、この処理能力を生かし、新しいiPadでARを教育に生かそうとしていますが、それ以外にも多彩なアプリが動きます。たとえば、カメラに映ったものの長さを測ったり、テーブルの上に日本地図を広げて雲の様子を確認したりといったことも、スムーズに行えます。ARというアプリから逆算して、A10 Fusionを採用したというわけです。

IMG_000

IMG_0008
ARに対応したアプリも滑らかに動く

 もちろん、ゲームなどもきちんと動作します。パフォーマンスをGeekbench 4で測定したところ、同じCPUを採用しているためか、iPhone 7に近いスコアをたたき出しました。アプリによると、メモリは2GB搭載しているようです。安いといっても、十分使えるiPadに仕上がっているという印象です。

IMG_0004
パフォーマンスはiPhone 7に近い

 ただし、価格なりのところもあります。先に挙げたディスプレイの違いはその1つですが、ほかにも、たとえばカメラの画素数が800万と低く、新しめのiPhoneと比べると、撮れる写真はどうしても見劣りします。iPad Proに搭載されているApple SIMも、内蔵ではなく、SIMカード型になっているため、海外に行ったときなどはSIMカードの差し替えが必要になります。こうした違いがある点は、覚えておくようにしましょう。

通信速度は下り最大300Mbps、格安SIMも使える

 最新のiPad Proと比べると、最大の通信速度もやや見劣りします。といっても、下り最大300Mbpsで、キャリアアグリゲーションにもしっかり対応しているため、この価格帯のタブレットとしては十分ともいえます。Wi-Fiもきちんと5GHz帯までサポートしているので、不満要素は少ないといえるでしょう。

 借りていたiPadがSIMフリー版だったため、MVNOのSIMカードも挿してみました。試したのOCNモバイルONEとmineoとU-mobile。それぞれ、ドコモ、au、ソフトバンクからネットワークを借りているMVNOになります。

P4020018
3社のSIMカードを挿してみた

 結果として、どのSIMカードでも問題なく通信できました。ただし、mineoのAプランとU-mobileのU-mobile Sに関しては、他のiOS端末と同様、APN構成プロファイルを適用した状態でも、インターネット共有(テザリング)が利用できませんでした。インターネット共有の項目をタップしようとすると、KDDIへの問い合わせが必要な旨が表示されてしまいます。

IMG_0010[303961]
au、ソフトバンクのMVNOではインターネット共有が不可に

 こうした制約はあるものの、本体価格が安いため、MVNOの相性も悪くありません。初期費用とランニングコストをともに抑えつつ、快適に使うのであれば、いい選択肢といえるでしょう。データプランであれば、最低利用期間がないMVNOも多く、プリペイドプランも充実しているため、必要なときにSIMカードを購入するという使い方もオススメできます。