P3200009
auとソフトバンクから発売されていた「HTC U11」がSIMフリー版としても登場しました。もともとSIMフリー版の販売は予定されていませんでしたが、昨年末にHTCがSNSで「フォロワー2万人達成で「HTC U11ソーラーレッド」SIMフリーを国内発売」というキャンペーンを行ったところ、条件を軽々とクリアー。今回のSIMフリー版発売が実現しています。価格は直販サイトで7万4520円。
P3200004
P3200007
基本的なスペックは先行して販売されているキャリア版と同じ。CPUはSnapdragon 835とハイエンドモデルを採用し、メモリーは4GB、内蔵ストレージは64GBとなっています。ディスプレーサイズは5.5インチで解像度は1440×2560ドットとフルHD越えの高精細パネルを搭載しています。
Screenshot_20180320-115147
Screenshot_20180320-115153
本体サイズは約76(W)×9.7(D)×154(H)mmで重量は約170g。本体背面はガラス素材が使われており、「リキッド・サーフェイス デザイン」と名付けられた丸みを帯びたフォルムで、水のような滑らかさになっている。そのため最厚部は9.7mmですが、最薄部は8.3mmと見た目の美しさだけでなく、手のひらにフィットするような仕上がりになっています。
P3200020
P3200024
また背面のガラス素材は屈折率の高い稀少な素材を何重にも重ねており、見る方向によって色が変わるのもポイント。SIMフリー版のカラーはソーラーレッドで、キャリア版には採用されなかったカラー。見る方向によって赤から金色に変化するほかのスマートフォンには見られない発色です。
P3200012
U11の最大の特徴は、本体を握ることでアプリなどを起動させられる「エッジ・センス」。たとえば1回握るとカメラが起動し、さらにもう一度握るとシャッターが切れるといった具合です。握る時間の長短で起動する機能を変えたり、それぞれに割り当てる機能も変更可能。自分の使いやすいようにカスタマイズできるので便利です。
P3200030
またサウンド面も強化されています。本体にはイヤホンジャックがないため、Type-Cで接続可能なイヤホンが同梱されています。同梱イヤホンというとあまり質が高くない印象ですが、U11に同梱されているイヤホンはノイズキャンセリングとハイレゾ再生に対応したモデル。しかもユーザーの耳の穴の形状を解析してベストな音響に調整する機能も装備しています。高機能な同梱イヤホンで高品質な音楽再生が期待できるわけです。
P3200033
Screenshot_20180320-114948
ちなみに本体自体のスピーカーも強化されていて、本体上部にはアコースティックチャンバーを使ったツイーターで高音域から中音域に強く、逆に本体下部は新たなウーハースピーカーを採用することで、低音域をしっかりと出力できるように調整。本体だけで迫力のあるサウンドが再生できます。

カメラは背面のメイン、前面のサブともにシングル仕様。最近のハイエンドモデルはデュアルカメラが主流なのでやや物足りなさは感じますが、画質はカメラ評価機関の「DxOMark」で90スコアとトップクラスの数値を獲得。シングルカメラでもしっかりとキレイな写真が撮影できます。
P3200014
メインカメラのセンサーは解像度こそ1600万画素ですが、1画素のサイズを大きくすることで、より光を取り込みやすくしています。そのため暗所での撮影に強く、暗いシーンでもノイズが少なくしっかりと明暗の階調がある写真に仕上がります。
Screenshot_20180320-114438
Screenshot_20180320-114416
SIMスロットは1スロットでDSDSには非対応。対応するLTEバンドはBand B1/B2/B3/B4/B5/B8/B11/B12/B13/B17/B19/B21/B26/B28/B38/B41。ワールドワイドなバンドに対応しているので海外でも安心して使えます。指紋認証センサーは本体前面、ディスプレー下部にホームボタン兼用で配置されています。戻るボタンなども下部のベゼルにソフトウェアキーとしてあるので、画面にボタン類が表示されずフルに利用できます。
P3200016
Screenshot_20180320-115527
ベースがキャリア版なので、おサイフケータイにも対応。SIMフリースマホながら、SuicaやiDといった電子マネーが使えるので、MNOの回線からMVNOへの回線へ切り替えを考えているユーザーにもピッタリです。