2018-03-05SIM00a

ちょっとわけわかんないレベルです。

春、新生活も始める季節。スマホの買い替えや回線の乗り換えなども行なわれる季節です。キャリアでも春の新生活キャンペーン! なんてのが開催されていますが、当然MVNOだって

僕が愛用しているビックカメラのMVNO「BIC SIM powered by IIJ」では、「BIC SIM春キャンペーン」として2018年3月1日〜5月8日まで、豪華3本立てなプログラムがスタートしています。一例を挙げると、音声通話SIMでも、最初の1年間は月々6GBで、たったの1,300円

ちょっと疑いたくなるような低価格ですけど、これぞキャンペーンならではの思い切った価格。今回はこのキャンペーンの凄まじさを紹介していきますね。

3大特典の1、音声通話SIMは1年間基本料金が300円引き!

2018-03-05SIM01

まず、ただでさえ安いMVNOが、さらに安くなります。

1年間限定ですが、音声通話機能付きSIMが月額300円OFFになります。つまり、年間で3600円OFF! もうこの時点でコスパがスゴイんですけど、さらにヤバイ特典が続きます。

●3大特典の2、1年間毎月3GB増量!

SIM


なんと、1年間毎月、高速通信容量(クーポン)を3GBもくれるというのです。

たとえば標準では3GB/月の「ミニマムスタートプラン」では6GB/月へ! ミニマムとは何なのか…という大盤振る舞い。音声通話付きプランなら、1,600円ですけど特典の1の300円OFFも適用され、6GBで1,300円/月という超破格値です。すごい。

また、音声通話付きだけでなく、データSIMでも適用されるので、データ専用SIMの「ミニマムスタートプラン」なら6GBで900円/月ですよ? サブのデータ回線として1つ契約しておきたくなるレベルですね…。

なお、IIJmioでは4月からファミリーシェアプランが価格据え置きで12GBへと増量されます。この改定されたプランにもちゃんとキャンペーンが上乗せされて、15GBになりますよ。家族みんなで乗り換えるにしても、安心の大容量です。

●3大特典の3、初期費用1円+SIM発行手数料も2,000円引き!

2018-03-05SIM03

これもかなりエグい割引です。BIC SIM専用オンラインや、ビックカメラ店舗にある「BIC SIMカウンター」で即日申し込みすることで、初期手数料3,000円が1円になります。まさかの2,999円引き!

一方で、ビックカメラでパッケージを購入して後日申し込む場合でも3,000円分のJCBギフトカードが後日もらえるので、やはり初期費用はかかりません。パッケージや契約方法によって若干フクザツなので、今回のキャンペーン情報を表にまとめておいたのでどうぞ(クリックで拡大します)。

キャンペーン表


なお、IIJmioはプランに応じて追加SIMを発行できますが、その追加手数料が2,000円割引になるキャンペーンも展開していますよ。複数回線でシェアしたい場合の負担も減りますね。

ご購入をご検討の方はビックカメラ.comから購入可能です。

回線元IIJmioを上回るBIC SIM契約のメリット

2018-03-05SIM04

こうした、月額基本料金割引や容量追加キャンペーンは、「BIC SIM powered by IIJ」の回線元であるIIJmioでも行なっています。しかし、BIC SIMで契約することで、IIJmioの特典に加えてさらにお得になるんです。

1.BIC SIMはWi-Fiスポットが無料!
BIC SIMでは、Wi2 300のWi-Fiスポットの利用権が無料で付帯してくるので、その分BIC SIMの方がおトクですよ。

2.光回線とセットで最大850円OFF!
もし新生活に固定回線も必要であれば、光コラボの「ビック光」とセットで契約すれば、SIMの月額料金が12ヶ月間850円OFFになります。なんと月々450円で6GBも使えるスペシャル価格になりますよ(12ヶ月)。ビック光についてはこちらをどうぞ。

3.3月末までなら「シニア割」も適用!
キャンペーンは、3/31で終了するシニア割り(月額120円×24ヶ月割引)と併用もできます。もろもろぜ〜んぶ適用させると、最安330円/月で6GB、1日約10円というなんだかよくわからない超低価格となります。まぁ、そのケースは、

・ミニマムスタートプランを契約
・65歳以上
・「ビック光」も申し込む

という条件。光回線の申し込みは中々にハードルが高いので、レアなケースですけどね。

ビックカメラでは端末割引や学割U25も開催中!

2018-03-05SIM05


ビックカメラ店頭やWebショップでは、25歳以下なら誰でも対象となる端末本体価格10%引きの「学割25」を開催しています。

さらに店頭限定で人気のビックカメラPB商品「Zenfone 4 Max Pro」や話題の新商品「OPPO」など端末セットキャンペーンもスタートしているなど、端末を買うにしても今のタイミングはかなりおトクになっているので狙い時です。

2018-03-05SIM06
また、ちょっと高めなハイスペック機種もBIC SIMオリジナルのアシストオプション「IIJmioアシストオプション」を使えば、当日支払い金額を抑えて、端末代金を毎月の代金に乗せて支払いが可能。毎月の負担を抑えつつ、格安スマホへと乗り換えられますね。

こうして、春はキャンペーンも多く格安SIM、格安スマホも始めやすい季節です。進学や就職など、環境が変わるのに合わせて回線の見直しも検討してみましょう。