2018-02-13_00

デュアルSIM対応。というだけではだめなんです。

最近の海外製SIMフリースマホは、SIMスロットを2つ備えたデュアルカード対応モデルも増えています。ただ、それらのすべてが2枚のSIMカードを同時利用できるか? と言ったら日本においてはそううまく行かないこともあります。通信規格の話などは難しいところですが、ざっくりと説明していきますね。

まず、なぜ2回線で使えないの? というところ。

2018-02-13_01

安価なグローバルモデルのスマホは、ひとつのカードスロットが3G/4Gに対応していても、もう1枚のSIMカードスロットが、2G(GMS)にしか対応していないというモデルもあります。そして2Gは日本国内では使われていないため、実質的に1スロットしか使えないのです。

2018-02-13_02

古めの機種になりますが、僕のサブスマホP8 Liteでは2つのSIMカードスロット(nanoSIM、microSIM)があります。両スロットも2G/3G/4G対応で、切り替えて利用できます。

良い点としては、スロットによる2G、3G、4Gの指定が無いので、SIMはどちらにセットしてもOK。でも、片方を3G/4Gにするともう片方は自動的に2Gになってしまいます。そして2Gは国内では使えないため、日本国内では、デュアルSIMカード対応でもデュアル待受は不可。使いたいSIMカードスロットへ切り替える必要があるわけですね。OS上から切り替えられますけど、切り替えには1分くらいかかります。

エントリーモデルの海外SIMフリースマホにはこうした、デュアルSIMカード対応ながら実質的に使えるのは1スロットだけ。といったモデルも多いのです。

デュアルSIMカードの種類を知ろう

こうした2枚のSIMカードで待受できるデュアルカード対応スマホにはいくつかの種類があります。SIMフリースマホを狙っているのであればその違いもチェックしておきましょう。

・DSSS(デュアルSIMシングルスタンバイ)
…2枚のSIMの同時待受不可、使いたいSIMへ切り替える。

・DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)
…2枚のSIMで同時待ち受け、片方のSIMで通話中はもう片方は使えない

・DSDA(デュアルSIMデュアルアクティブ)
…2枚のSIMで同時待ち受け、片方のSIMで通話中、もう片方のSIMで通信可能

 

●DSSSのポイント

2018-02-13_03

DSSSは待受できるのは実質1枚。最初に例に出したP8 Liteがそうですね。いちいちSIMカードを差し替える手間は省けるので、1枚のSIMが通信制限に引っかかったら、2枚めのSIMに切り替えたり……。と、なかなかにギークな使い方になります。

●DSDSのポイント

2018-02-13_04

2枚のSIMカードを切り替えずに利用できます。スマホによってスロットの3G・4G対応が異なり、2つの電話番号でそれぞれ待ち受けたり、3G(音声専用)、4G(データ専用)と音声用SIMとデータ用SIMを使い分けたりするケースもあります。

仕事とプライベートの回線をスマホ1台にまとめたり、データ通信は格安SIMで運用したい人などにオススメですね。スマホ2台持ちを1台に収束できると考えると荷物がかなりスッキリするのでは?

●DSDAのポイント
2018-02-13_05

DSDSの欠点を克服しています。両方で待受できて、片方で着信中にもう片方のSIMカードで通信できるので、実質的にスマホ1台に2回線分のフル機能を共存できる構図です。でもかなりレアな仕様で、国内ではたぶんお目にかかれることはありません。こちらは考えずとも良いでしょう。

DSDS対応の格安スマホは?

2018-02-13_06

現状ですと、2枚のSIMカードを使い分けたいといったニーズを満たすには、DSDS対応スマホを選ぶことになります。IIJmioの場合、セット端末の中では以下の機種がDSDS対応です(2018年2月13日調べ)。SIMスロットの対応状況は端末の詳細ページからご確認ください。

【HUAWEI端末】
・HUAWEI Mate 10 Pro
・HUAWEI P10 Plus
・HUAWEI P10
・HUAWEI honor 9

【ASUS端末】
・ASUS ZenFone 4 Selfie
・ASUS ZenFone 4 Selfie Pro
・ASUS ZenFone 4 Max
・ASUS ZenFone 4 カスタマイズモデル
・ASUS ZenFone 4 Pro
・ASUS ZenFone 4
・ASUS ZenFone Zoom S
・ASUS ZenFone AR
・ASUS ZenFone 3

【Motorola端末】
・Motorola Moto G5s
・Motorola Moto G5s Plus
・Motorola Moto X4
・Motorola Moto Z2 Play

【VAIO Phone】
・VAIO Phone A

上位機種はもちろん、ミドルクラスまでDSDS対応機は広がっていますね。ちなみに「HUAWEI Mate 10 Pro」はDSDS対応ですが、どちらのスロットも4G(VoLTE)待ち受け対応のDSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)という、一歩進んだ規格に対応しています。ただ、現在のところVoLTEでの通話に対応しているのはSoftBank回線のみでDSDVとしての使い勝手はイマイチ。将来的には期待したい規格なので、今後のアップデートや対応機種の拡充を願いたいですね。

DSDS対応スマホを選ぶ場合の注意点

最後にDSDS対応スマホ選びの注意点も触れておきますね。

1.microSDカードと併用不可の場合もある

2枚のSIMカードに対応しつつも、microSDカードとnanoSIMカードスロットが同一スロットになっているモデルも多くあります。これらの機種では、microSDを使うか、SIMカードを使うかの選択式になります。

2.対応Bandやスロットの対応に要注意
SIMフリースマホを選ぶ時の鉄則ですが、対応しているBandにも注意しましょう。特にau系の格安SIMで運用したい場合は要注意。対応SIMスロットと対応Bandの確認を!
 

こうした注意すべき点もあり、やや複雑なデュアルSIM対応スマホですが、年々対応機種も増えています。特にDSDS対応機は、今後スマホを買い換えるならぜひとも狙いたいポイントですね。

容量の違う2枚のSIMカードを使い分けたり、キャリアSIM+格安SIMといったように、音声待ち受けのSIMとデータ通信SIMを使い分けたりと、格安SIMの活用の幅がさらに広がりますよ!