SIMフリースマホと格安SIMは切っても切り離せない関係にあります。どちらが欠けていても、通信ができないからです。そんな端末の買い方を変える新たなサービスを、IIJが発表しました。「IIJmioアシストオプション」がそれです。ここでは、オンライン限定の「IIJmioコミコミセット」も合わせて見ていきましょう。

ビックカメラ店頭で使える端末代を分割できるオプション

 IIJmioアシストオプションは、ビックカメラで販売されているSIMフリースマホの料金を、毎月の通信料に乗せて払う仕組みのことです。メニューは、500、1000、1500、2000、2500、3000と6種類用意されており、適用期間を12カ月か24カ月から選ぶことができます。この500から3000の数字は月額料金。選んだオプションのぶんだけ、毎月の料金に加算されます。

 もちろん、単に料金が高くなるだけでなく、その合計額が、端末代金の一括価格なら値引きされることになります。たとえば、IIJmioアシストオプション1000で24カ月の適用期間を選択すると、店頭で支払う金額から2万4000円が値引かれることになります。端末代の一部を割賦にして、毎月の料金プランに乗せるためのオプションだと考えれば、理解しやすいかもしれません。

1
店頭での支払い額を抑えられるIIJmioアシストオプション

 後払いになるだけともいえますが、持ち合わせがなく、一括で端末を買えないときには便利な手法。これまでは、家電量販店の店頭で割賦を組もうとすると、ショッピングローンに入らなければならず、金額によって支払い回数に制限があったり、通信費と支払いがバラバラになって管理が面倒だったりと、ハードルが上りがち。IIJmioアシストオプションであれば、こうした心配をせずにすみます。

店頭持ち帰り価格がいくらになるのかをチェック

 では、実際にIIJmioアシストオプションを使うと、店頭での持ち帰る価格はいくらになるのでしょうか。人気モデルで、シミュレーションしてみました。まずは、日本に参入したばかりのOPPO R11sを例に取ってみましょう。このモデルは、ビックカメラだと6万2510円。ここにIIJmioアシストパック2000をつけ、24回を選択します。すると、4万8000円が店頭価格から割り引かれるため、支払額は1万4510円になります。

P2050001
OPPOのR11s

 これなら、手持ちの現金でサッと支払えるという人もいるでしょう。もっと現金がないときは、IIJmioアシストパック2500にすれば、店頭で支払うのは2510円だけでよくなります。逆に、ボーナスが入ったなどの理由でお金があるときは、毎月の料金を抑えるため、小さめのアシストパックにするということもできます。OPPO R11sの場合の支払額は、以下の通りになります。

OPPO R11s 支払額
アシストオプション 店頭での支払い額(24カ月の場合) 毎月の支払額(ミニマムスタートプランの場合)
500 5万510円 2100円
1000 3万8510円 2600円
1500 2万6510円 3100円
2000 1万4510円 3600円
2500 2510円 4100円

 次に、SIMフリースマホとして人気の高い、ファーウェイのP10 liteではどうでしょう? P10 liteのビックカメラでの価格は、2万9764円です。この場合、IIJmioアシストパック1000の24回であれば、端末代はほぼ相殺され、店頭で支払うのは5764円になります。P10 liteの場合、元々の価格が安いので、IIJmioアシストパック500に入り、1万2000円だけ割り引いてもらい、残額を支払うというのもオススメできます。

P6060497
SIMフリースマホで人気の高いファーウェイのP10 lite

P10 lite 支払額
アシストオプション 店頭での支払い額(24カ月の場合) 毎月の支払額(ミニマムスタートプランの場合)
500 1万7764円 2100円
1000 5764円 2600円

 ハイエンド端末で価格も9万4543円と高めなMate 10 Proの場合、店頭での支払い額を極力抑えるには、大きめのアシストパックに入る必要があります。IIJmioアシストパック3000であれば、24回で7万2000円ぶんになるので、店頭での支払いは2万2543円で済みます。ハイエンド端末だからといって、躊躇する必要がなくなるというわけです。毎月の支払いが3000円高くなったといっても、MVNOは元々の料金が安いのが特徴。ミニマムスタートプランであれば、5000円でおつりが出ます。

PB280609
フラッグシップモデルとして人気の高いMate 10 Pro

Mate 10 Pro 支払額
アシストオプション 店頭での支払い額(24カ月の場合) 毎月の支払額(ミニマムスタートプランの場合)
500 8万2543円 2100円
1000 7万543円 2600円
1500 5万8543円 3100円
2000 4万6543円 3600円
2500 3万4543円 4100円
3000 2万2543円 4600円

割引を求めるならコミコミセットもお得

 一方で、IIJmioアシストパックは、使っても使わなくても、総額は同じ。割引ではなく、あくまで料金を後払いできるサービスということは覚えておきましょう。割引がほしいという場合は、ネット限定になりますが、IIJmioコミコミセットがお得です。

 コミコミセットは、データ通信と音声通話の定額オプションに端末代がセットになったプランで、選ぶ端末によって、料金が1880円、2480円、2980円の3パターンに変動します。1880円のプランはエントリーモデル、2480円のプランはミドルレンジ、2980円のプランはハイエンドに近いモデルが用意されており、毎月の支払額に合わせて端末を選べます。

2
端末とセットで割引も受けられるIIJmioコミコミセット

 ただし、この金額で使えるのは1年目のみ。2年目はワイモバイルやUQ mobileなどのサブブランドと同様、1000円値上がりします。また、端末代の支払いが終わる25カ月目以降はどれを選んでいても2200円になりますが、逆に割引もつかなくなるため、SIMカードだけを契約しているのと料金は同じ。あくまで、MVNOに切り替える際の初期の負担が小さくなるプランと捉えておくべきでしょう。

3
2年目から支払額が上り、端末代を払い終わると割引も終了する

 とはいえ、たとえば1880円のセットでnova lite 2を買うと、本来であれば、毎月950円かかり、3GBのミニマムスタートプランと3分間の通話定額オプションで2200円かかるため、合計金額は3180円になり、これを1年目1880円、2年目2880円で使えるのは割安感があります。IIJmioアシストパックとは異なり、選べる端末が限定されてしまう難点はありますが、ぜひリアルな店舗でも実施してほしい割引サービスといえるでしょう。