2018-01-30aon00

これがないと始まりません。

格安SIM、格安スマホを使う上で必ず必要になるのが「APN」の設定。『格安SIMで設定が必要な「APN」って何? なぜ必要なの?』でも解説しましたが、APNはいわゆるネットワークの接続先設定です。つまり、APNを設定しない限り、そのスマホはWi-Fiしか接続できないのです!

そこで、ここではこのAPNの設定方法をメインに紹介していきますね。これから格安SIMを始めたい! という方や、既存のスマホで格安SIMを利用したい! という方は、以下のパターンを参考に設定してみましょう。
 

→1:MVNOのAPN設定が用意されている格安スマホの場合(Andoroid)
→2:APN設定を手動で入力する場合(Andoroid)
→3:APNのプロファイルをダウンロードする場合(iOS)

 

1:MVNOのAPN設定が用意されている格安スマホの場合(Andoroid)

2018-01-30aon01

MVNOで扱っている格安SIMとセットのスマホ、いわゆる「格安スマホ」はMVNOのAPN設定が済んでいて、一覧から選ぶだけでOKというものもあります。また、最近は海外製SIMフリースマホでも、主要な国内MVNOのAPN設定が済んでいる機種もありますよ。

2018-01-30aon02

例えば写真の機種(HUAWEI P8 Lite0では「設定」→「その他」「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」と設定を開くとプリセットされたAPNが一覧表示されるので、そちらから選ぶだけ。

端末によっては初期設定時にAPNを問われるものもあり、そちらもやはり一覧から選ぶだけでOKです。

2:APN設定を手動で入力する場合(Andoroid)

2018-01-30aon03

APN設定がスマホに用意されていなかった場合、キャリアスマホのSIMロックを解除して格安SIMで利用したい場合などはAPNを「手動で」設定する必要があります。

方法は機種やAndroid OSのバージョンによって異なりますが、おおよそはAPNを一覧から選ぶのと同じように、APN設定画面を開き、MVNOから送られてきた設定マニュアルや、パッケージ、公式サイトに記載されているAPN情報を追加します。ここでは一例として、IIJmioBIC SIM by IIJ含む)を例に紹介しますね。

●IIJmio(BIC SIM)のAPN設定(Android)

IIJmioの接続情報は以下のとおり(公式サイトより)

APN:iijmio.jp
ユーザ名:mio@iij
パスワード:iij
認証タイプ:PAPまたはCHAP

2018-01-30aon04

 

これにならい、APN設定をこのように設定し追加しましょう。

 

2018-01-30aon05

 

追加したAPNを選べばモバイルデータ通信が利用できるようになります。 

●その他人気のMVNOのAPN設定

・OCNモバイルONEのAPN設定(Android)

OCNモバイルONEBIC モバイル ONE by OCN含む)の接続情報は以下のとおり(公式サイトより)

APN:lte-d.ocn.ne.jp(LTE端末)/3g-d-2.ocn.ne.jp(3G端末)
ユーザー名:mobileid@ocn
パスワード:mobile
認証方式:PAPまたはCHAP
MCC(または携帯国番号):440
MNC(または通信事業者コード):10

2018-01-30aon06

 

このような感じになりますね。IIJmioよりもやや設定項目は多いものの、設定を行う画面は同じです。

・mineoのAPN設定(Android)

mineoの接続情報は以下のとおり(公式サイトより)

(Aプラン)
APN:mineo.jp
ユーザーID:mineo@k-opti.com
パスワード:mineo
認証タイプ:CHAP

(Dプラン)
APN:mineo-d.jp
ユーザーID:mineo@k-opti.com
パスワード:mineo
認証タイプ:CHAP

2018-01-30aon07

となります。mineoはプランによってAPN接続アドレスが異なるので注意ですね。また、公式ページに端末ごとに詳しい接続設定が掲載されているので、機種に合わせてそちらの情報をチェックした方が良いでしょう。
 

なお、ここで紹介しているAPN情報は一例で、プランによっては接続先APNが異なる場合もあります。パッケージに記載されているAPN情報も確認しつつ進めましょう。

3:APNのプロファイルをダウンロードする場合(iOS)

さて、AndroidではAPNがプリセットされていたり、手動でアドレスを入力すれば利用できました。ではiPhoneなどのiOS端末では? というと、APN設定を「構成プロファイル」としてダウンロードします。

つまり、インターネットを利用するためにインターネット接続が必要。と、卵が先か鶏が先かみたいな問答ですけど、iOSではAPN設定のためにWi-Fiが必要となるので注意しましょう。構成プロファイルの設定方法は、多くのMVNOで共通。

配布サイトにアクセスして、画面の指示に従ってインストールしていけばOK。ここでは一例として、IIJmioBIC SIM by IIJ含む)を例に紹介しますね。

●IIJmio(BIC SIM)のAPN設定(iOS)

2018-01-30aon09

 

APNの配布サイト「iOS APN構成プロファイル」にアクセスし、対応するiOSの「構成プロファイルをダウンロード」をタップ(今回はiOS11での手順となります)。構成プロファイルの表示確認画面が表示されるので、「許可」をタップします。

 

2018-01-30aon10

 

構成プロファイルの内容が表示されたら、画面の指示に従って進めるだけ。「インストール」→「次へ」→「インストール」→「インストール」→「完了」とタップすれば、モバイルデータ通信が利用できるようになります。

その他のMVNOでも基本的に手順は同じなので、それぞれのMVNOの公式ページから「構成プロファイル」をダウンロードしましょう。

・OCNモバイルONEの方はこちら
・mineoの方はこちら

 

格安SIMを使うにあたって重要なAPN設定。場合によっては手動で数字や英字を入力する必要があるなど面倒な手順ですが、一度設定してしまえば、端末を変えない限りはもう弄る必要はありません。

逆に、何故か通信できない! といった時は、このAPN設定を見直してみましょう。これからの快適な格安SIMライフに、ここでの情報が役立てば幸いです。