171225iijk00

せっかくなら1円でも安く! って思いますけど、SIMフリースマホってどこで購入するのがベストなのでしょうか。例えば、MVNOではSIMカードとセットでSIMフリー端末が用意されていますけど、これは安いの?高いの? 家電量販店で買うのとどっちがお得?

…など、今回はSIMフリースマホはどこで買うのがお得なのか? をチェックしてみましょう。


MVNOのサイトから買う(ビギナーにはオススメ!)

【メリット】
・毎月の利用料金と合わせて24回払いできる(一括も可能)
・端末の動作確認が取れている

【デメリット】
・毎月の維持費が高くなる
・利用したい端末があるとは限らない
・分割払い手数料がかかるMVNOも

まずはMVNOから買うケース。このメリットとしては、分割払いが選べる点が大きいかと。初動時の支払い金額が少なくて済むという点ですね。またMVNO側で動作確認が取れている端末なので、安心して利用できるというのも魅力です。

 

171225iijk01

 

デメリットは、毎月の維持費増加。まぁ、最初に払うか毎月の料金に上乗せされるかの違いですけど、気になる人は気になるかもしれません。エントリークラスのスマホであれば、SIMカードの料金+1,000円くらいの出費で済みますけど、高性能モデルだと+3,000円とかになって馬鹿にできない増加額です。

取り扱い端末はMVNOによって異なるので、利用したい端末がラインナップにない場合もあるのでご注意を。

 

171225iijk02

 

また、MVNOによっては専用のクレジットカード以外では分割払い手数料が必要になるという、あまりユーザーフレンドリーではない契約があります。まぁ、具体的に言うと楽天モバイル。楽天カードの場合は分割払い手数料がかかりませんけど、その他のカードでは分割払い手数料が発生します。ここ、激注意です。

デメリットも気になりますけど、メリットの動作確認が取れているという点、スタート時の出費が抑えられるという点はかなりのメリットですね。導入のハードルが下がるので、MVNOからはビギナーにおすすめの購入方法です。


家電量販店やネットショップから買う(中級者〜上級者におすすめ)

【メリット】
・家電量販店のポイントが付く
・MVNOよりも安く買える端末もある

【デメリット】
・基本は一括払い(ショッピングローン・クレジットカードでの分割払いは可能)
・端末と回線の相性(対応band)を事前に調べておく必要がある

メリットとしてはMVNOで購入するよりも安く買える場合があるという点。例えば、ファーウェイの「P10 Llite」はMVNO(例えばmineo)で買うと一括払いで27,800円ビックカメラでは27,190円+ビックポイント分が2,936円付きで購入できます。ビックポイント分を差し引くと、ビックカメラでは実質24,254円。MVNOで購入するよりも3,000円も安く買えます

 

171225iijk03171225iijk04

 

デメリットとしては、基本は購入時の一括払い。分割で支払いたい場合はショッピングローンやクレジットカードでの分割払いを選択する必要があり、ややハードルは高めです。また、利用したいMVNOで使えるのか?のチェックを自分で済ませておく必要があります。具体的には対応bandと、利用できるSIMカードのサイズ。契約したい内容に合わせて端末を選ぶ必要がある点にご注意ください。この辺の前知識を備えておく必要があるというのがハードルです。


キャンペーンを使うとMVNOの方が安くなる場合も!

SIMフリースマホ。基本的にはここで紹介したように家電量販店で買ったほうがお得になるのですが、MVNOによっては音声契約と同時に申し込むことで、端末の値引きサービスやギフト券がプレゼントされるキャンペーンなども行っています。これらを活用すればちょっとだけさらに安く買えたりしますよ。

 

171225iijk06

 

IIJmioではかなりの数の端末にキャンペーンが設定されています。音声通話SIMと同時申し込みが条件なので、端末の買いましではなく「これから格安スマホを始めたい!」といった層に向けてのキャンペーンですけどね。

 

171225iijk07

 

でもこのキャンペーンを利用すれば、IIJmioでは「P10 Lite」に5,000円分のAmazonギフト券がついてくるので、実質21,800円で購入可能。家電量販店の価格よりもさらに3,000円ほど安く買える計算です。これから格安SIMを始める人へのご褒美ですね。

 

171225iijk08

 

また、IIJmioは端末ごとの期間限定値下げ(…という名の在庫一掃セールでしょうけどね)が多く見られます。かなり前の端末になりますけど、富士通の「arrows M03」なんておサイフケータイ、ワンセグ、防水・防塵対応で、19,800円に5,000円分のAmazonギフト券が付いて来るため、実質14,800円

導入最安を目指すならエントリースマホの「SHINE LITE」は9,800円で2,000円分のギフト券が付いて来るので、実質7,800円。とりあえずスマホを始めたい!という人なら端末代金はここまでセーブできます。キャンペーンページはこちらからどうぞ。

なんというか、SIMフリースマホ。今すごく安く買えるようになってますね。もちろん機能モリモリの高性能端末もあるんですけど、安い端末は本当に安い! もしSIMフリースマホの買い替え・回線との新規規約を考えているなら、キャンペーンやポイントを含め家電量販店・MVNOとをよく比較してみましょう!