2017-11-24iosk00

え?こんなに使った覚えないのに!

と、戸惑っているiPhoneユーザーの方、それはあなたが悪いんじゃありません。iOS11が悪いんです! iOS11ではいくつかの設定において、標準でiCloudとの同期、iBooksの同期などで3G・LTEを利用する設定になっています。人によっては写真などが自動的に同期されてしまっている可能性もあり、知らず知らずのうちに通信されていて、気がつけばギガ死(利用できる高速データ量が枯渇してしまう)、という状況が起こっているようなんですよね。そこで、この設定を見直して通信量を節約しましょう。

 

「写真」のモバイルデータ通信でのライブラリアップデートを無効化しましょう

2017-11-24iosk01

 

「設定」→「写真」→「モバイルデータ通信」から「モバイルデータ通信」と「アップデートの制限なし」をオフにする
iOS11ではモバイルデータ通信を利用して、写真ライブラリが勝手にアップデートされる設定になっています(写真を撮ったり他のApple ID連携端末で写真に追加したりすると、勝手に同期されてしまうので、どんどんデータが消費されます。機能をオフにしておけば、これまでどおり、Wi-Fi通信時でのみライブラリがアップデートされます。iOS11にした人は必ず見直しておきましょう

 

「iBooks」や「アプリ」の自動同期を停止

2017-11-24iosk02

 

「設定」→「ユーザー名」→「iTunesとApp Store」から「モバイルデータ通信」をオフ。
これで、購入したアプリや、iBooksなどの内容が更新されるのは、Wi-Fi接続下のみになります。iBooksはマンガなどでは結構なデータサイズになるので、無効化しておいた方がいいかもしれませんね。

 

2017-11-24iosk03

 

ちなみに、「設定」→「iBooks」で「モバイルデータ通信」をオフにしておくと、モバイルデータ通信ではiBooksの同期だけでなく、iBook Storeからのダウンロードなども利用できなくなりますよ。外出先では一切使わん!という完璧節約宣言をしたい方はどうぞ。

 

「ミュージック」ライブラリのアップデートを停止

2017-11-24iosk04

 

「設定」→「ミュージック」→「モバイルデータ通信」をオフ。
ミュージックも、モバイルデータ通信を使った自動アップデート設定があります。データ通信を節約するのであれば、こちらも無効化しておいたほうが安心です。

この他にも「設定」→「一般」→「Appのバックグラウンド更新」からも、モバイルデータ通信での更新を抑止できます。ただし、これはアプリ自体の更新というわけではなく、ゲームアプリやナビアプリ、ストリーミング再生が利用できるアプリなどでの、バックグラウンド状態での通信の可否となります。無効化してしまうとアプリの利用や使い勝手に問題が出る場合もあるので、こちらに関しては無効化せずに利用しておいたほうがいいかもしれませんね。

節約もいいけど、予算に余裕があるなら大容量オプションも快適!

なるべくなら通信量を抑えたい!と思いますけど、その反面で、モバイルデータ通信で常に内容がアップデートされるというのも快適さのひとつであることは事実です。iPhoneを取り巻くネットワークサービスの快適さを最大限受けるのであれば、あえて無効にせず、1段階上のデータプランに変えるというのも策のうちだと思うんですよね。
 

使い切れるか最大60GB! IIJmio大容量オプションの賢い使い方 : 押忍! SIM道場

皆さん毎月何GB使ってます? 僕は10GB。うん、さすにがこれだけあれば使い切らな……いと思うじゃ~ん。それが気がつけばカツカツなんです。最近はSNSにしてもエンタメコンテンツにしても、写真や動画が増えて、通信されるデータ量も右肩上がり。気がつけば月末には200kbps

simdojo.jp


実際、先月からIIJmioの20GBの大容量追加オプションを契約したのですが、僕は通信量に本当に無頓着になりました。外出先でも平気でYouTube見ますし、Wi-Fiスポットを探してさまようことも無くなりました。ある意味これは通信における課金スタイルですね。データ量課金によって潤沢なデータ容量を手に入れることで、心にゆとりが生まれたわけです。

こまめに節約してとことん安さを目指すか? それとも格安SIMで安くなった分、課金して利用できるデータ量を増やして快適さを目指すか?

是非おサイフと相談してみましょう!