Apple Watch Series 3は、初の通信機能を内蔵したスマートウォッチ。LTEのカテゴリー1を使って単独で通信できるため、これまでのApple Watchとは異なり、iPhoneがない場所でも利用可能です。ランニングなどにiPhoneを持ち歩かなくてもよくなるだけに、待望の機能といえるでしょう。コンビニなど、近所に出かけるときにも、iPhoneを持ち歩かなくて済むので便利です。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

PA100002
単独で通信が可能になったApple Watch Series 3

利用できるのは大手3キャリアのみでMVNOには非対応

 ただし、格安SIMユーザーには残念なお知らせもあります。Apple Watch Series 3は、SIMカードの取り出しができません。これは、本体に内蔵されたeSIMで認証を行う仕組みになっているからです。eSIMへは、iPhoneを経由してキャリア情報を書き込みますが、これができるのは、大手3キャリアのみとなります。

1
eSIMにはiPhoneを経由して情報を書き込む

 そのため、MVNOのSIMカードを挿した状態のiPhoneでApple Watch Series 3にキャリア情報を書き込もうとすると、以下のようにエラーが出てしまいます。MVNOの情報は、書き込むことができないのです。

2
MVNOのSIMカードを挿した状態だと、使用できないとの表示が

 もちろん、Apple Watch Series 3もBluetoothでのペアリングに対応しており、iPhoneと連携させることは可能です。iPhoneに格安SIMを入れた状態でペアリングしていれば、Apple Watch側で着信を受けられます。ただし、この状態ではApple Watchが単独でネットワークにつながっているわけではないため、iPhoneから距離が離れてしまうと、スタンドアローンの時計になってしまいます。ストップウォッチなど、通信を必要としない機能は利用できますが、できることは減ってしまいます。

裏技的にMVNO回線とApple Watch Series 3のセルラーを併用

 とはいえ、MVNOの回線をメインにしている人の中にも、Apple Watch Series 3のセルラー機能を使いたいという人がいるかもしれません。普段はiPhoneをメインにしつつ、休日は、いざというときの電話だけを受けられるようにして、スマホから離れたい……。レアケースかもしれませんが、そんなニーズもありそうです。そんな人が、Apple Watch Series 3のセルラー機能を使う裏技が、1つだけあります。iPhoneにはMVNO側のSIMカードを挿しつつ、Apple Watch側には大手キャリアの設定情報を書き込むというのが、その方法です。

3
Apple Watch側に情報を書き込んだ状態で、Bluetoothをオフにする

 Apple Watch Series 3は、iPhone側に入っているSIMカードの情報を見にいく仕様になっているようで、SIMカードを差し替えると、セルラーでの通信ができなくなり、再度契約が必要になります。これを防ぐために、大手3キャリアの情報を書き込んだあと、iPhone側のBluetoothを切断。その後、iPhoneのSIMカードをMVNOのものにすれば、Apple WatchとiPhoneが、それぞれ別の回線でネットワークにつながるようになります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Apple Watchにはドコモ回線が入っているが、奥のiPhoneはmineoのSIMで着信していない

 MVNOのSIMカードと同じ電話番号で着信することができず、Bluetoothでペアリングできないため、利用不可になってしまうアプリは出てきてしまいますが、とりあえず、MVNO回線のiPhoneとセルラーでつながったApple Watchの両方を同時に使いたいというニーズは、満たすことができます。

 ただし、Apple Watch Series 3はあくまでBluetoothでiPhoneとつなげることが前提で、セルラー機能は補助的に使う利用シーンが想定されています。そのため、単独で利用しようとすると、バッテリーの消費が激しくなってしまいます。筆者が試している限りでは、朝から夕方ぐらいまでであれば、通知の多い平日でも電池が持ちます。それ以上使いたいときは、途中で充電が必要になるため、注意が必要です。

コストもそれなりにかかるのであくまでお遊びで

 それなりにコストがかかることも、念頭に置いておきましょう。仮にiPhoneが手元にあったとしても、Apple Watch Series 3用に大手キャリアの回線を契約すると、低容量プランであっても、ある程度の金額になります。

 ほとんどデータ通信をしない前提で1GBプランを契約したとしても、auの場合、スーパーカケホとLTE NET、データ定額1の合計金額が4900円。段階制の「auピタットプラン」にしても、キャンペーンが適用されないため、最低料金として2980円がかかります。しかもこれは、2年契約が前提の料金です。さらに、現状では無料になっていますが、Apple Watch Series 3を利用するには、月額350円の「ナンバーシェア」を契約しなければなりません。

4
低容量プランの安いauでも、最低、2980円とナンバーシェア代の350円がかかる

 たまにしかセルラーで通信しないApple Watch Series 3のために、MVNOのユーザーがこの金額を出すのは本末転倒な感があり、現実的な選択肢とは言いがたいところがあります。上記のような使い方は、あくまでお金のかかるお遊びと捉えておきたいところです。

 ただ、手首に巻ける腕時計大の端末が単独で通信でき、しかも通話までできてしまうのは、未来感があります。この“ロマン”を買うのであれば、支払う価値はあるのかもしれません。ちなみに、筆者はメインで使っているドコモ回線のAndroidと同時にApple Watchを着信させたいため、上記のような方法でAppel Watch Series 3を単独運用しています。