09-21ca00


格安SIMの中には「カウントフリー」をうたったプランがあります。何がカウントされなくなるかというと、特定のアプリやサービスからのデータ通信が、契約しているデータ通信容量を消費せずに利用できるんです。

ざっくり言うと、特定の通信が使い放題になるプランです。 

人気のカウントフリー対応SIMは?


09-21ca01


カウントフリーに対応しているMVNOはいくつかあります。たとえばLINEモバイルではLINEの通信がカウントフリーになる「LINEフリープラン」LINEに加えて、Twitter・Facebook・Instagram」といったSNSもカウントフリー対象になる「コミュニケーションフリープラン」などが用意されています。

09-21ca02


BIGLOBE SIMでは月額480円からでYouTubeやAbema TVといった動画サービスや、人気音楽サービスの通信もカウントフリーになる「エンタメ・フリー」オプションがあります。特定の通信を多く利用するなら、かなり魅力的なプラン。通常のプランにオプションで加えられるので、不要になったら外せばいいのもポイントですね。

他にも以下のようなカウントフリーがあります。


格安SIM プラン・オプション名 月額料金(最安プラン料金) カウントフリー対象
LINEモバイル LINEフリープラン 500円〜(データSIM/1GB) LINE
コミュニケーションフリープラン 1,110円〜(データSIM/3GB) LINE、Twitter、Facebook、Instagram
MUSIC+プラン 1,810円〜(データSIM/3GB) LINE、LINE MUSIC、Twitter、Facebook、Instagram
DTI SIM DTI見放題SIM 2,430円(データSIM)/3696円(データSIM+Wi-Fiルーターセット) YouTube、Twitter
BIGLOBE SIM エンタメフリーオプション 480円(音声通話SIMに追加)/980円(データSIMに追加)※オプション扱い。3GB以上のプランに付与できる YouTube、Google Play Music、Apple Music、AbemaTV、Spotify、AWA、radiko.jp、Amazon Music
FREETEL 使った分だけ安心プラン/データ定額(1GBプラン) 299円(データSIM/100MBまで)〜/499円(データSIM/1GB)) AppStore、LINE、WeChat、WhatsApp
定額プラン(3GB以上) 900円(データSIM/3GB) AppStore、LINE、WeChat、WhatsApp、Twitter、FaceBook、Messenger、Instagram
OCNモバイルONE 全プラン 900円(データSIM/一日110MB) 050Plus、マイポケット、モバONEアプリ


意外と多くの格安SIMがカウントフリーに乗り出してきているんです。

また、表には記載していませんが、ユニークなカウントフリープランを提供しているMVNOとしては、ゲームアプリやAbema TV、Twitter、Facebook などの通信量が90%以上OFFになるという「LinksMate」もあります。


09-21ca03


完全にカウントされないというわけではなく、コンテンツ内容やゲームのアップデートによってはカウント対象になるケースなどもあるとのことですけど、ヘビーゲーマーにはいいかもしれませんね。

カウントフリーでの注意点。完全使い放題というわけでも…ない!


使い放題でやったー!即契約! と、はやる気持ちもわかりますが、これらカウントフリーを利用するにあたって、ものすごく大事なことがあります。カウントフリー対応だとしても、通信の種類によっては、カウントフリーにならない場合もあるのです。

09-21ca04

LINEモバイルでは、LINEの中でトーク、スタンプ、音声メッセージ、無料通話、ビデオ通話、タイムライン、ニュース、友だちの表示、スタンプのダウンロードなどはカウントフリーとなりますが、外部サイトを表示したり、ライブストリーミング(LINE LIVE)はカウントフリーの対象となりません。Twitterに関しても、非公式アプリを利用したり、Twitter外のサイトを表示する際はカウントフリー対象外

09-21ca05


FREETELLINEのビデオ通話、音声通話などはカウントフリー対象外です。他のチャットサービスもビデオ・音声に関してはいずれもカウント対象。FacebookMessengerに関しては相手がPCの場合のみビデオ・音声通話がカウント対象になるという複雑さです。

他のカウントフリー対応サービスも、同じような制限があるため事前にしっかりと何がカウントされなくて、何がカウントされるのか? という点を確認しておきましょう。

動画系カウントフリーは快適に見られないこともある


カウントはフリーですけど、そこは格安SIM。時間帯によっては思うような速度が出ないこともあり、高速&高画質で見放題といった保証はありません。帯域が絞られたり低画質だったりとすることもあります。

たとえばBIGLOBE SIMの場合は注意書きに以下のようなものがあります。

エンタメフリー機能を利用されている他のお客さまのご迷惑となるような、大容量のデータの長時間の通信を行った場合に、一時的に通信を制限する場合があります。

同じくYouTubeがカウントフリーになるDTI SIMでは、

動画視聴の画質はスマートフォン1台を対象としており、360p程度の画質(解像度: 640x360)となります。

という注意書きも。カウント対象を調べておく以外にも、こうした通信速度や快適さといった面にも注意が必要です。メイン回線でMNPすると、どの格安SIMも最低でも12ヶ月ほどの最低利用期間などが設定されているので、気軽に「やっぱやめた!」ができません。

魅力的なカウントフリーですが、こうしたデメリットもあるため、まずはデータ専用SIMでお試ししてみましょう。

今後登場が期待されるカウントフリーは?


今後はこうしたカウントフリーが流行っていくであろうと予想されます。各MVNOもさまざまな通信をカウントフリーに加えてくることでしょう。

個人的にこれをフリーにしてほしい!

という対象としては、やはり動画コンテンツですよね。Amazonプライムビデオやニコニコ動画、dTV、Netflixなどなど、スマホでいつでも見たいサービスはたくさんあります。もちろん、これらをカウントフリーにするということは、MVNO側と僕らには保証できる通信速度とのせめぎあいが始まるわけですけどね。

09-21ca06


でも通勤通学の間やカフェでのちょっと一息の合間に、オンデマンドで好きな動画が見られるとか憧れません?

せめて360p画質でいいので、安定して見られるような動画サービス特化のカウントフリーオプションやプランが登場したら、本当に魅力的だと思うんですよね。ちょっと工夫すれば、固定回線が無い人だってスマホやタブレットの画面をテレビに出力してオンデマンドビデオサービスを楽しめるわけです。

例えばですよ、例えば……「Netflix見放題SIM(NetFlixの月額料金+1,500円)」とか出たら本当に人気になりそうな気がします。ただ、MVNO側への負担が厳しくなるため、需要は高かれど実現は……厳しいかもしれませんね。

でも、こうして人類の欲求とともに世界を飛び交う通信量は増加していくわけです。数年前を考えたら、特定の通信が使い放題となるサービス自体信じられません。ひょっとしたら?という期待も残しておきましょう。