2017-09-14BIC00a

キャンペーン終了日が迫ります。お早めに!

 

格安SIMの定番とも言える「IIJmio」。コストパフォーマンスの安さもそうですが、高速通信のON/OFFが切り替え可能だったり、高速通信容量を翌月に繰り越しできたり、低速モードでもバースト機能で一時的に高速通信できたり、複数枚のSIMカードで容量をシェアできるなど、ユーザーがより便利になるツボを押さえた機能を格安SIM黎明期から率先して取り入れてきています。

 

また、定期的にユーザーと開発者・運営者とのミーティングが開かれ、意見交換が盛んに行われているといった点もよい評価へと繋がっています。

 

かくいう僕もIIJmioを古くから契約しており、「おすすめの格安SIMは?」と問われたら、IIJmioを推しています。いや、正確には『IIJmio契約となるビックカメラオリジナルの格安SIM「BIC SIM」』を推しています。

 

2017-09-14BIC01

 

これはビックカメラの店頭やインターネット通販から購入できる「BIC SIM powered by IIJ」という商品。IIJmioの契約に加えて、ビックカメラオリジナルの特典として、マクドナルドをはじめ、幅広いスポットで利用できる「Wi2 300」のWi-Fiスポットが無料で付帯します

 

また、パッケージをビックカメラが販売しているだけで、SIMカードの契約先はIIJmioになります。そのため、IIJmioが行なっているキャンペーンなども利用できますよ。ある意味IIJmioの上位互換SIMカードというわけですね。僕も実はIIJmioではなく、このBIC SIMを契約しました。外出先での仕事も多いのでWi-Fiスポットが利用したかったのと、ビックカメラ店頭で即日MNP乗り換えが出来たのが便利だったのです。


BIC SIMは9月末まで超お得なキャンペーンを開催中

 

2017-09-14BIC02

 

BIC SIMは現在、新規契約ユーザーに向けた2つのお得なキャンペーンを行なっています。

 

  1. 新規でBIC SIMの月額プランを申し込むと翌月から毎月2GB増量(12ヶ月間)
  2. 音声通話機能付きSIMカード(みおふぉん)を契約すると、月額300円×12ヵ月割引

 

という、格安SIMのなかではかなりビッグなキャンペーン。

 

具体的に比較すると、最安の「ミニマムスタートプラン」の場合は「3GB/月で1,600円/月」→「5GB/月で1,300円/月」。と、のっぴきならないお得度です。12ヶ月間という期間こそ決まっていますけど、これは見逃しちゃいけないヤツですよ。

 

2017-09-14BIC03

 

各プランにキャンペーンを適用させるとこのようになります(クリックで拡大)。

 

データSIMを考えると、5GBで月額900円っていうコストパフォーマンスすごくないですか? これなら、使っていないサブのスマホにセットしたり、LTEタブレットにセットしたりも気軽にできますし、SIMフリールーターにセットしていざという時のサブ回線としても安心できます。使わなかった分は翌月繰り越しもできるので、1か月寝かせれば翌月は10GBストックできている計算です。容量ガンガン使う旅行でも安心!

2017-09-14BIC04

ちょっと裏ワザになっちゃいますけど、もう今月容量足りなすぎて厳しい!となったら、BIC SIMの「ミニマムスタートプラン」のデータ専用SIM契約しちゃえば900円で5GB増えますし……。まぁ、追加したSIMカードはサブ端末に挿してテザリングしたり、SIMフリールーターなどが必要になっちゃいますけどね。でも、高速通信容量をチャージするよりも断然コスパは上です。


音声通話付きになると300円値引きが加わるのもアツいですね! 音声通話付きSIMを1年換算するとデータ量が24GBの増加、3,600円の値引きとなります

 

  • メインのスマホを格安SIMに乗り換えたい!
  • サブのタブレット用のデータ通信専用SIMを探している
  • 子供や両親のスマホを安く運用したい
  • 予備回線としてSIMフリールーターにセットしておきたい

 

などなど、さまざまなデータ通信がさらにお得に実現できますよ。

 

このキャンペーンは「BIC SIM」限定のキャンペーン。IIJmioを契約しようと考えているのであれば、間違いなくBIC SIMを選んだほうがお得です。キャンペーンの詳細や申込みはこちらのページからどうぞ。