2017-08-23suk00

なかなか通信費が下がらないキャリアから、話題の「格安SIM」へと乗り換える人も年々増加しています。格安SIMを利用するための選択肢はいくつかありますが、代表的なものとしては、

  1. SIMフリースマホを購入する
  2. 今のスマホのSIMカードを入れ替える
  3. 利用したい格安SIMに対応した白ロムを購入する

この3つですね。

そして今回注目するのは3番目の方法、「白ロム」購入についてです。つまりは格安SIMが使える中古端末を安く買って使おう。といった選択肢。

格安SIMはSIMフリースマホで使うものというイメージがありますけど、実際は「端末」と「格安SIMのベース」になっているキャリアが同じものであれば、多くの場合は利用できます。一般的な例としてはドコモのスマホであれば、ドコモ系の格安SIMが利用できます。auのスマホはVoLTE対応端末はSIMロック解除が必要になりますけど、au系の格安SIMが利用できます。

具体的な例をあげると、ドコモのXperia XZやドコモのiPhone 7なら、ドコモ系の格安SIMをそのまま使うことができるのです。(対応端末については一部例外もあるので、格安SIMのWebサイトにある対応端末の確認が必要です

新品でこれらの端末だけをキャリアから購入するのはあまりにもコストがかかりますけど、中古スマホ、すなわち「白ロム」と呼ばれる端末ならば、コンディションによりけりですが、新品よりも安めに。また、そのキャリアとの契約が無くても購入できるのが利点です

 

2017-08-23suk01

 

中古スマホの仲介サービス「ムスビー」で検索すると、Xperia XZの白ロム(ドコモ版)の価格は48,000円〜65,000円ほど。少し前の端末であるXperia Z5であれば、3万円台前半で販売されています。(画像引用:ムスビー

白ロムを買うときの注意点は?

白ロムは新品よりも安く購入できますけど、どれを選んでも良いというわけではなく、幾つかの注意点があります。基本的には中古品なので、傷やバッテリー劣化といった使用による劣化があります。また、すごく大事なこととして、「ネットワーク利用制限」を確認する必要があります。

 

2017-08-23suk03

 

ネットワーク利用制限というのは、その端末の通信可否を確認できるチェック。端末のIMEI番号という固有番号を販売元キャリアのチェックページ(ドコモauソフトバンク)に入力することでチェックできます。(画像引用:au


端末代金の支払いが完了している端末で、すべての機能が制限なく使用できます。ただし、例外(後述)もあります。


端末代金の分割払いが完了していない端末ですが、「○」と同じくすべての機能が制限なく使用できます。前オーナーの支払いが完了した時点で「○」に切り替わります。支払いが滞った時点で「×」になる危険性もあるため、選ばない方が賢明です。

×
通称「赤ロム」と呼ばれる状態で、端末代金の分割払いが止まっていたり、盗難や不正な契約での入手が発覚している端末です。データ通信が利用ができなかったり、すべての操作ができないなど、とにかく使い物になりません。絶対に選んじゃダメなやつ。

実はネットワーク利用制限が「○」ならば安心…というわけじゃあない

なるほどわかった!「○」を選んでおけばいいのね!

上の対応表を見れば、こうなりますけど一部例外もあります。購入時は「○」であっても、端末が盗難や不正な契約で取得・売買されたことが発覚した場合は、その時点で「×」に切り替わってしまうこともあり、「○」だとしても絶対ではない。といったリスクが白ロム購入にはつきまとうのです(よくあることではありませんけどね)。

では安心して白ロムを購入するにはどうしたらよいのでしょうか?

安心して白ロムを購入するために「保証」のあるショップを

「○」から「✕」へ、突然使えなくなってしまう可能性があり得るのが白ロムです。これはユーザー側では防ぎようもありませんが、その場合には返金や交換してくれるという保証、通称「赤ロム保証」を備えたショップもあるので、そういったショップを選ぶのが安心できます。

 

2017-08-23suk02

 

たとえば中古PC・スマホの買い取り、販売を行っている「じゃんぱら」では赤ロムの永久保証を行なっています。これは万が一赤ロムが発生した際には、同機種/同等品と交換。同等品がない場合は、購入金額が返金されるといった保証です。(画像引用:じゃんぱら

ショップによって保障内容は異なりますが、中には購入から3か月保証や半年保証と期間が異なるので注意しましょう。できるだけ永久保証が約束されたショップで購入するとよいでしょう。また、ある程度大手の信頼できるショップを選ぶとより安心できます。個人的には……ですが、オークションやフリマサイトなどでの個人間やり取りは、こうした保証が無いので手を出したくない領域です。

白ロムは安くて手に入れやすいけど、購入は慎重に

キャリアとの契約が不要、新品も扱っている、しかも新品よりも安い。と格安SIMように白ロムを購入するメリットは多々ありますけど、上で紹介したようなデメリットも熟知しておかねばなりません。最後に注意点をまとめるので、購入時の参考にしておくださいね。

【白ロム購入時の注意点】

  • 利用したい格安SIMに対応しているのかを調べる
  • 端末の傷や汚れを確認する
  • 中古端末はバッテリーが劣化している場合もある
  • ネットワーク利用制限を必ず自分で確認する
  • 「赤ロム」の保証があるショップを選ぶ
  • 信頼できるショップを選ぶ

白ロムは上手く利用できれば、安く端末を購入できて格安SIMスタートをサポートしてくれます。これらの点に気をつけて慎重に選びましょう。