073100

やっちゃった……!

最近大型化が進むスマートフォン。ちょっとした不注意で手から滑り落ちて、画面が割れたり水没したり。こういったトラブルもとも真剣に向き合わなければなりません。キャリアには月額500円〜750円程度で端末故障などをサポートしてくれるオプションがありますが、格安SIMのMVNOには……?

いえ、最近のMVNOはちゃんと端末の保障オプション用意しています

たとえば、IIJmioでは月額380円〜500円の「端末補償オプション」と、月額500円の「つながる端末保証」という2種類の端末補償オプションがあります。

 

073101073102


この補償オプションが2種類あるというのは、最近のMVNOでは多く見られます。サービス名こそ違いますが、楽天モバイルNifMomineoなども同様に2種類の端末補償のオプションがあります。

では、この2種類の補償オプション、一体どう違うのでしょうか?

MVNOでは2種類ある端末補償/保証の違い

IIJmioを例に簡単に説明すると、2種類の端末補償は以下のような違いがあります。

・端末補償オプション……IIJmioのセット端末購入時に申し込める、「セット端末」に対する補償
・つながる端末保証……IIJmioのSIMカード契約時に申し込める、「持ち込み端末」に対する補償

IIJmioで格安スマホに乗り換えよう!と、SIMカードとセット端末を購入するのであれば、「端末補償オプション」が利用できます。今のスマホのままや、別途用意したスマホでIIJmioの格安SIMを利用するのであれば、「つながる端末保証」というわけですね。

2種類の端末補償/保証の特徴やメリット・デメリット

続いてそれぞれの特徴や利点を考えてみましょう。

1.端末補償オプションの特徴(IIJmioの場合)

no title

  • IIJmioのセット端末なら契約可能
  • 画面割れ、水濡れ、全損、部品破損など幅広く対応
  • 交換端末を翌日配達
  • P10 Plus/P10のみ月額500円、それ以外の端末は月額380円と安価
  • サービス利用1回目は5,000円、2回めは8,000円(年に2回まで)の端末交換負担金がかかる

主な特徴はこれらです。大前提としては最初に説明したとおり、セット端末に対する補償で、幅広いトラブルに対応しています。基本的には端末の交換サービスとなります。

●端末補償オプションの良いところ
・交換手順がスピーディー
この補償最大の特徴ですね。新しい端末は通常2日以内に手元に届き、交換端末と旧端末(故障端末)を入れ替えて同梱の着払い伝票を貼り付けて、配達ドライバーに渡せばOK。非常にお手軽です。

●端末補償オプションの注意点
・紛失は補償されず、リフレッシュ品となることも
故障以外の盗難・紛失・改造・天災などはサポートされない点。そして交換機は不具合修理などを行なったリフレシュ品であることもあります。

●端末補償オプションの年間コスト
・維持コストはそこそこ安い
年間コストとしては4,560円〜6,000円。端末が壊れた時にはそこに5,000円(2回めは8,000円)かかります。コストパフォーマンス重視の安い端末にかける必要はなさそうですが、3〜4万円付近の端末で十分にかける価値はありそうですね。

セット端末限定のオプションとなるだけあって、対応内容が充実しています。格安スマホでも、ちょっと良い端末を購入したいと考えているのであれば、一緒に申し込んでおくと安心できますね。

2.つながる端末保証の特徴(IIJmioの場合)

no title
 

  • SIMカード契約時(料金プラン申込時)に契約可能
  • 画面割れ、水濡れ、全損、部品破損など幅広く対応
  • 修理になった場合の追加料金は無料/iPhoneは正規修理に対応
  • 端末交換の場合、サービス利用1回目は4,000円、2回めは8,000円(年に2回まで)
  • 持ち込み端末(SIMフリー機/キャリア端末問わず)に適用できる
  • 証期間は、申し込み時点からメーカ発売日が2年以内(目安)の端末
  • 端末を送ってから交換端末が送られてくる

●つながる端末保証の良いところ
・持ち込んだ端末にも保証を付けられる
この点に付きます。たとえばキャリアを離れてしまうとキャリアで購入した端末の保証は終わってしまいますが、引き続き同レベルの保証を受けることができます。国内端末であれば、白ロムのSIMフリー機を用意しても保証対象機として登録できますよ。

●つながる端末保証の注意点
・交換は代金がかかり、上限もある
端末のトラブルに対して「修理」となった場合追加料金は発生しません、「交換」となった場合は交換代金が発生する点に注意が必要です。保証上限金額は50,000円で、これを超える場合は差額が請求される点に注意しましょう。

・交換端末が来るまで時間がかかる
保証のフローとしては、まず故障端末を送り、故障を確認してから修理や交換端末が送られてきます。そのため、交換機到着までは手元にスマホが無い期間が続きます。スペアの端末を何か用意しておかねばなりません。

・保証期間はおよそ2年以内(目安)
保証期間の目安としてははメーカー発売日から2年以内の端末となる点に注意が必要です。端末が古くなりすぎると交換端末などが確保できないなどの理由があるのでしょうね。

・90日以内の通信実績が必要
故障から遡って90日以内のその端末で通信していたという実績が必要になります。保証を受けたい端末は、事前にIMEI(端末固有番号)を登録する必要があります。

・紛失は補償されず、リフレッシュ品となることも
故障以外の盗難・紛失・改造・天災などはサポートされない点。そして交換機は不具合修理などを行なったリフレシュ品であることもあります。

●つながる端末保証の年間コスト
・維持コストはやや高め?
年間コストは6,000円。端末が壊れた時にはそこに4,000円(2回めは8,000円)かかります。高額なキャリアのフラッグシップモデルや、SIMフリーiPhoneにかける保証金額としては妥当なのではないでしょうか。

セット端末外も保証されるため、制限や注意点も多くなりますね。しかし、キャリアの端末やSIMフリー機、AndroidもiOSも関係なく保証対象と登録できるのはやっぱり心強いところでしょう。

同時申し込みは不可、自分のスタイルに合わせて事前に検討を

これら2種類の保障/保証は、セット端末と持ち込み端末といったように、対象とされる端末が異なるため、同時に申し込むことはできません。また、契約時にしか申し込めないオプションとなるため、自分はセット端末を購入するのか? 端末を持ち込む(現在の端末をそのまま使う)のか? MVNOに移る前にしっかりと決めてから挑みましょうね

個人的には端末代金が4万円を超えるような場合は、何かしらの保障があったほうが良い気がします。高額な端末がパリーンとなるのは、やっぱりショックデカイですし……。