170712wi2k00

「プレミアム」というからには、信頼できるのでしょうか。

最近、ラップトップ(主にMacBook 12インチ)を持って外出先で仕事をすることが多いのですが、そういった時にはテザリングやWi-Fiスポットに接続しています。僕の場合はビックカメラのMVNO、BIC SIMのパッケージを購入したので、付帯特典として「Wi2 300」のWi-Fiスポット(ベーシックエリア)が無料で利用できます

170712wi2k01

Wi2 300のベーシックエリアは、マクドナルトなどちょっと一息つけるスポットが対応しているため、テザリングだけで高速通信容量を使い切るといった悲劇は回避できています。しかし、時には周囲にベーシックエリアが無く、「Wi2premium」というアクセスポイントの有料オプションエリア(以後Premiumエリア)だけしかないことも……。

170712wi2k01a

実際、数で比べればオレンジのPremiumエリアの方が多いんです

こういった時、今まではやむを得ずテザリングを利用していたのですが、ある時ふと気がついたのです。

「Premium」というからには通信品質もプレミアムなのではないか? テザリングで通信容量を削るくらいなら、有料でも使う価値があるのではないか? と。

そこで、最寄りのPremiumエリアで接続テストを行なってみましたよ。

お昼時の混雑をPremiumエリアで回避する!

170712wi2k02

まずはこちらを見てください。Ping:159ms/下り:0.36Mbps/上り:1.73Mbps(計測時間:平日12:30分)

平日のお昼に計測したIIJmioでテザリング時の通信速度です。品質面での評価の高いIIJmioですが、お昼休みはやはりコミコミ。下り0.36Mbpsは流石にWebページ一つ読み込みするにも息切れしている状態です。

この速度ではTwitterが精一杯で、仕事のデータをダウンロードしたり、添付ファイルが付いたメールをやり取りするには正直キツイ速度です。昼時は仕事なんてせずに休もう! と言いたいところですが、そうもいかないことも多々あります。そこで、Wi2 300のPremiumエリアに接続してみることにしました。

Premiumエリアを利用するには、1時間あたり100円のオプションエリアチケットを購入する必要があります。混雑してやまないお昼時だけ、高速で安定した回線が欲しい!といったピンポイントなニーズに応えられるでしょうか?

Wi2 300、Premiumエリアへの接続手順

170712wi2k03

BIC SIM付帯のWi2 300の利用登録を済ませている方は、まずはテザリングでWi2 300のマイページにログインします。もし利用登録がまだの場合は、パッケージに同封されている利用開始案内を参照して、こちらのページから利用手続きを済ませておきましょう。

170712wi2k05

ログインしたら「各種チケット」項目の「追加購入」をクリックします。

170712wi2k06

購入する「オプションエリアチケット」の枚数を決めて、クレジットカード情報を入力しましょう。今回はテストとして1時間100円の1枚だけを購入してみました。

170712wi2k07

購入手続きを進め、利用規約に同意。画面の指示に従って進めていくだけで簡単にチケットは購入できます。購入できたら「マイページへ戻る」からマイページに戻りましょう。

170712wi2k08

マイページに戻ったら「有効化確認」をクリックします。

170712wi2k09

購入したチケット情報が表示されるので、「有効にする」をクリックしましょう。この手順を忘れるとPremiumエリアにサインインすることができません。

170712wi2k010a

マイページに戻り、「ワイヤレスLANの設定」項目から「公衆無線LAN接続の設定・確認」をクリック。Premiumエリアのネットワークキーをコピーしておきましょう。以上で接続準備は完了です。なお、チケット購入時、チケット利用開始時にそれぞれ確認メールが届きますよ。

Wi2 300 Premiumエリアへ接続する

170712wi2k011a

周囲のアクセスポイントから暗号化がかけられている「Wi2premium_club」を選択します。この際WPA2パスワードを求められるので、前の手順でコピーしておいたネットワークキーを入力しましょう。

170712wi2k012

認証手順はベーシックエリアと同じで、Wi2のIDとパスワードを入力すればOK。これでPremiumエリアに接続することができます。

170712wi2k013

そしてPremiumエリアの実力がこちらです。Ping:27ms/下り:18.93Mbps/上り:21.41Mbps(計測時間:平日12:45分)

回線元はKDDIの光回線のようですね。自宅の高速回線と比べたらイマイチですが、外出先で利用できる回線品質と考えれば十分。これならばファイルのダウンロードも快適で、テザリングで四苦八苦する必要もありません。この品質で1時間100円であれば悪くありませんね。

一番コミコミなお昼時を過ぎればIIJmioの通信速度も復調するので、この時間帯を回避する手段としては非常に有効。個人的には1時間100円なら今後も使ってもいいかな! と思える品質でした。

ただし、全Premiumエリアがこうであるというわけではないという点にご注意くださいね。

通信速度はその施設に引き込んでいる元の回線の品質、接続人数に大きく左右されます。エリアによってはPremiumだからといえど、思うような速度が出ないこともあり得ます。そのため、まずは100円の1チケットだけ購入して試すといいかもしれません。

170712wi2k014

なお、利用時間が過ぎると自動的に回線が切断され、ログイン画面が再表示されます。「追加購入はこちら」をクリックするとおかわりできますよ