富士通コネクテッドテクノロジーズ製の「arrows Mシリーズ」は、SIMフリースマホとしては数少ない国産メーカー端末のひとつ。そんなarrows Mシリーズに最新モデルの「arrows M04」が登場しました。
P7070849
P7070852
arrows Mシリーズの最大の特徴は、なんといって頑強な設計によるタフネスさ。前モデルでは米国軍用規格MIL-STD-810Gの防水や防じん、耐衝撃といった14項目に準拠していましたが、arrows M04ではそれに加えて熱衝撃や雨滴、氷結といった9項目が追加。23項目準拠とタフネスさではトップクラスとなっています。

P7070836
P7070839
特に内部構造を見なおして、剛性がアップしているのが◎。ステンレスフレームを本体内部の両壁側に配置しているので、曲げ耐性が向上。さらにフロントホルダーに厚みを持たせてあるので、本体全体の剛性もアップしています。
P7070833
またディスプレー周辺部のフレームが、ガラス面より0.3mm高くなっているので、落下したときにディスプレーが直接ぶつからないよう設計されています。しかも4隅の角を落とて丸みを帯びたリジッドベゼルが、落下時の衝撃を周辺へと分散。これにより、万が一落としてしまったとしても、ガラスへの衝撃を防いでディスプレー面が割れるのを防ぐわけです。
P7070831
さらに防水だけでなく洗剤にも耐性があるので、国内製の泡タイプのハンドソープで洗えるのもポイント。食べものの脂や泥などがついてしまっても、ハンドソープをarrows M04につけて汚れを浮かせるように洗い、水で流せばオーケー。泡をしっかりと水で流したのち、水を切り、乾かせばきれいな状態を保てます。
P7070827
P7070829
本体背面は、耐傷性のあるウルトラタフガードを塗装面の上からコーティングしてあるので、傷が付きにくくなっています。防水対応なのでケースを使わずに使いたいユーザーにはピッタリ。ケースなしで汚れてしまっても洗えるので安心です。
P7070822
スペック面ではディスプレーサイズが5インチ(720×1280ドット)でCPUはMSM8916(1.2GHz、クアッドコア)を採用。メモリーは2GB、内臓ストレージが16GBといわゆるミッドレンジのスペックですが、画面のスクロールやアプリの切り替えといった動作にもたつきはなし。ヘビーな3Dゲームなどは厳しいですが、SNSや動画、音楽の視聴といった一般的なスマホの使い方ならまったく問題なく使えます。
Screenshot_20170707-110102
Screenshot_20170707-110057
SIMスロットはシングルタイプで、DSDSには対応していないものの、ドコモ、au、ソフトバンクと3キャリアの電波が利用できます。VoLTEにも対応しているので、同一キャリア回線同士なら高品質での通話が可能。LTEの対応バンドはBand1、3、8、9、26でTDD-LTEには対応しておらず、FDD-LTEのみとなっています。
P7070859
Wi-FiはIEEE802.11a/b/g/nに対応。11acには非対応ですが、混線に強い5GHz帯は利用可能なので、安定した通信が期待できます。さらにWi-FiとLTE回線を組み合わせたマルチコネクション機能を搭載。Wi-Fi通信の感度が悪くなると自動でLTE/3G回線へと切り替わります。そのため通信が途切れたり遅くなったりするこなく、ストレスフリーでネットコンテンツが楽しめます。
Screenshot_20170707-110023
Screenshot_20170707-110030
格安SIMでも使いやすい機能が追加されているのも注目ポイント。たとえば「通話時間アラーム」は、ダイヤル発信したあと指定した時間になるとアラームで通知してくれる機能です。最近の格安SIMでは、「5分以内なら何回でもかけ放題」といったオプションプランを提供しているサービスが多いので、通話時間アラームを使えば通話料を無駄に消費しないように気をつけて利用できます。
Screenshot_20170707-110238
そのほかホーム画面に移動しなくても、アプリが起動できる「スライドインランチャー」や、画面のスクリーンショットを撮って手書き文字を入力する「キャプメモ」、手でなぞるだけで画面上のテキストがコピーできる「なぞってコピー」といった評判の高い機能も引き続き搭載しています。
Screenshot_20170707-105929
Screenshot_20170707-105951
Screenshot_20170707-110157
P7070846
本体サイズは約71(W)×8.0(D)×144(H)mm。横幅があまりなく、手のひらに収まるサイズで、片手でも操作しやすい。おサイフケータイやワンセグといった日本向けのサービスも利用できるので、大手キャリアのスマホから格安SIMへと移行したいユーザーにもオススメ。格安SIMでも安心・安全に使えるスマートフォンです。