Mobile World Congress Shanghaiを取材するため、中国・上海に来ています。実際には、到着初日にパスポートを紛失してしまい、取材どころではなく、まだ帰国もできていないのですが……といった個人的な事情は置いておいて、今回は中国での通信をどうすべきかを考えていきたいと思います。

1

現地のネットワークは大きな制限あり

 海外といえば、やはり現地SIMと思われるかもしれません。このブログでも、過去に台湾でSIMカードを買い、お得に通信する方法を紹介しました。この方法は、欧米や他のアジアでも有効です。もちろん、今回訪れた中国も例外ではなく、大手キャリアのショップに行けば、SIMカードを購入することは可能です。

 今回、筆者は身分証明書にあたるパスポートを紛失してしまっていたので、残念ながらSIMカードは買えませんでしたが、過去に何度か、試したことがあります。が、中国は他の国と大きな違いがあります。それが、「金盾」と呼ばれるファイヤーウォールです。

 金盾は、中国政府が情報統制のために設置しているファイヤーウォールで、特に海外サイトには厳しい制限がかけられています。日本人がよく使うサイトやアプリでは、TwitterやFacebook、LINEはもちろん、Googleも軒並みシャットアウトされています。GmailやGoogle検索も利用することができないのです。

2

3
Wi-Fi経由ではTwitterやFacebookにアクセス不可。現地SIMも同様だ

4
Yahoo!Japanなど、一部サイトは閲覧できる

 特にAndroid端末の場合、これは致命的と言えるでしょう。ちなみに、筆者は仕事のメールアドレスにGoogleの法人向けサービス「G Suite」を活用していますが、同様に利用はできませんでした。ソーシャルネットワークサービスで友人、知人とコミュニケーションが取れないだけでなく、仕事にも支障が出てしまうのです。そのため、現地SIMを買っても、日本人の役に立つシーンは少ないはずです。VPNを利用して中国以外の国を経由することで、金盾を回避する方法もありますが、これも万全ではありません。

国際ローミングがもっとも簡単な手段

 こうした中国ならではの制限を回避する方法の1つに、国際ローミングがあります。大手キャリアが提供する国際ローミングは、一度日本の設備を経由するため、中国のアクセス制限が回避されます。そのぶん、料金は割高ですが、今ならドコモの「海外1Dayパケ」が24時間980円で使い放題、auの「世界データ定額」も24時間980円で、契約しているデータプランの範囲内で通信ができます。

5
ドコモやauは1日980円からデータローミングを利用可能

 ただし、残念ながら、MVNOで国際ローミングのデータ通信サービスを提供しているキャリアは、ほとんどありません。音声サービスは大手キャリアにそのまま接続しているため、ローミングが可能ですが、データについては技術的な制約もあり、MVNO側がサービスを提供できないのが実情です。例外的に、たとえばIIJが法人向けサービスとして、ドコモの国際ローミングを提供していますが、個人向けに導入しているMVNOはメジャーなところでは皆無と言っていいでしょう。

 もしMVNOしか回線を持っていないというときは、MVNOが販売している、海外用SIMカードを使うのが得策です。海外用SIMカードは、IIJが「IIJmio海外トラベルSIM」を、ケイ・オプティコムが「mineo海外用プリペイドSIM」を、楽天が「楽天モバイル 海外SIM」を販売しています。そのほか、海外ローミング専用のSIMを販売する会社もあるので、事前に調べておくようにしましょう。

海外専用SIMならTwitterやFacebookにもしっかりアクセス可能

 今回は、IIJのIIJmio海外トラベルSIMを、SIMフリーのMate 9に挿して利用してみました。Mate 9はデュアルSIM、デュアルスタンバイ(DSDS)対応。2枚のSIMカードを同時に使うことができるため、1枚目に日本のMVNOのSIMカードを入れて着信を受けつつ、2枚目の海外用SIMカードで通信するといったことも可能になります。

 料金は、パッケージ代が3229円かかるほか、データ通信をするためには、スタートパックの購入が必要になります。500MBまでで有効期限が14日の「データ500」が3850円。パッケージ代と合わせると、500MBで7000円を超えてしまいますが、500MBを超えたときは、データ通信のみの場合、100MBまでで有効期限が1日の「データ100」を800円で購入することが可能です。

6

7
スタートパックとリチャージ、それぞれの料金

 SIMカード自体は最終チャージ日から12カ月以内にリチャージすると有効になるため、1年に1回程度海外に行く人であれば、持っておいて損はないでしょう。パッケージ代は最初の1回のみかかるため、使えば使うほど、割安になる計算です。

 各種申し込みが終わったら、端末にSIMを挿し、APNを設定します。APNは初期値でVodafoneのものが表示されますが、これはダミー。正しいAPNは「iij.dataxs.mobi」になるので、これを入力したあと、選択します。iOS端末の場合は、APN構成プロファイルをIIJのサイトからダウンロードしましょう。いずれの端末の場合も、SIMロックがかかってないことが条件になります。

8

9
APNには「iij.dataxs.mobi」と入力する

 APNを設定したら、端末の「データローミング」をオンにします。IIJmio海外トラベルSIMは、オランダの会社が提供しているサービスをベースにしているため、中国でも国際ローミング扱いになります。オンにすると、すぐにデータ通信がつながりました。

10
データローミングをオンにすると通信が可能になった

 あとは、通信するだけでOK。現地のネットワークとは異なり、TwitterもFacebookも、きちんと表示されます。金額を考えると、テザリングでPCなどを接続するのはためらわれますが、スマホで使うケースであれば、数日は持つはずです。

11

12
FacebookやTwitterにもアクセスできた

 ただし、速度はそこまで速くありません。というのも、IIJmio海外トラベルSIMはLTEに非対応だからです。下りで7Mbps以上出ていたため、SNSの表示程度であればサクサクと通信できますが、大きなファイルのダウンロードには向かないでしょう。

13
LTEほどの速度は見込めない

 このようにいくつかの改善してほしい点はあるものの、中国では、金盾によるアクセス制限を回避できるのは、大きなメリットと言えます。現状ではテザリングなどに使うのには向かないため、より大容量のプランが出てくることにも期待したいところです。